Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1menu Menu_2event_lesson Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
オススメ
あなたの本質を開放する開放屋〜いつからでも人生は花開く〜 http://www.reservestock.jp/656
33144_ytu2n2ewymu0ztmzn
■はじめに・ご挨拶

こんにちは。千葉県市原市のおだんご専門店「和み処 白金茶寮」の店長 西郷光貴) と申します。

メディアなどでも取り上げていただき、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、当店は2018年の3月にオープンさせていただき、今年の3月で3周年を迎えたばかりの小さなお店です。

ご多聞に漏れず、当店もコロナの影響が無いとは言えませんが、最近でもありがたいことに、県外などからも多くのお客様にご来店いただいております。



そんな中、コロナ禍による景気の低迷などが原因で、『昨年、過去最多の未成年の子供達が自殺』という報道(1月22日厚生労働省発表)を目にした時に、「何かできることはないか」と、深く感がさせられました。そして、考えた答えが、



『市内の幼稚園、保育園、こども園などに通う子供達へ、無償でおだんごのプレゼントをさせていただく』



ということでした。







■プレゼントの背景

〜今の自分にできること。それは「美味しいおだんごを食べて笑顔になる子供を増やす!」ことでした〜



新型コロナウイルスによる生活の変化などにより、2020年の自殺者は11年ぶりに2万人を超えました。その中でも若い世代、特に未成年(子供)は過去最多だったという報道がありました(1月22日厚生労働省発表)。



このニュースを知ったとき、「多くの子供達が若くして将来に希望が持てなくなってしまうような世の中になってしまったのか。」と、とても悲しい気持ちになりました。



何か自分にできることはないのか?小さなことだったとしても、今の自分ができる範囲のなかで、何か行動を起こすことはできないものか?と自問自答しました。そして考え付いたのが、



『これから大きくなる幼稚園や保育園の子供達におだんごを振舞って、その一瞬だけでも笑顔になって喜んでもらいたい!』



ということでした。



『小学生〜高校生の子供達の自殺が増えている』という現状ではありますが、当店のお客様などにそれらの年代の方が少ないため、まずは「今すぐできること」として、今回は幼稚園以下のお子さんを対象にさせていただきました。







■本プロジェクトについて

当初、「自分一人でもやってやる!」という気持ちで始めた企画ではありましたが、それでは”限定的な個人の小さな行動”で終わってしまうと考えました。



そこで、クラウドファンディンを立ち上げで、協賛していただける方に材料費の一部をご負担いただき、連名にておだんごをプレゼントさせていただくことで、「自分ゴト」として問題提起していただける方が増えてくるのでは?と思いました。



そして、全国で同じように「子供の未来を応援したい」人たちが増えて、支援の輪が増えてくることを願っております。







■最後に

子供達が明るい未来を描けるような世界になるように、一緒にその子たちに笑顔を届けたいと思いますので、ぜひご協力のほど、よろしくお願いいたします!



また、同じような想いを感じている方々が、それぞれ小さなことでも「行動に移したい!」と考えていただけるきっかけになったら幸いです。
募集終了
現在の支援総額
0 円
0 %
目標金額
100,000円
現在の参加者数
0名
募集期間
5月12日(水)22:14~ 7月31日(土)22:14
目標額に達さなかった場合
集まった金額で実行します。
集まったお金の使い道
■資金の使い道・実施スケジュール
おだんごの原材料費として使わせていただきます。

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たなくても、自分一人だったとしても、子供達におだんごを届けさせていただきます。



■リターンのご紹介
ご支援いただいた方のなるべく全員(ご希望されない方を除いた)のお名前を、プレゼントする幼稚園に連名でお伝えさせていただきます。

また、高額のご支援をいただいた方には、ささやかではありますが、当店で使えるクーポン券を送らせていただきます。
募集受付は終了しました
祖母の残したおだんごを広めることで、子供達が夢を持てない世界を終わらせたい。
 
 
和み処 白金茶寮 ちばのだんご屋店長
さいごうみつたか
祖母の残したおだんごを広めることで、子供達が夢を持てない世界を終わらせたい。
 
千葉県市原市でおだんご専門店を経営しております、
さいごうみつたかと申します。

2018年の3月に、生まれ育った地元を離れて、
縁もゆかりもなかった新天地「市原市」に引っ越してきて、
貯金も数十円しかありませんでしたが、
現在をお店をオープンさせていただきました。

なぜそんな無謀なことをしたかというと、
《亡くなった祖母が残したおだんごをもっと多くの方に食べていただきたい!》
という想いを実現するためでした。

開業してから多くの苦労を味わってきましたが、
お陰様で多くの有名テレビ番組を含むメディアでも取り上げていただき、
県外からも多くのお客様がご来店いただき、
午後には完売してしまったり、数時間待ちになる日も多いお店となりました。

今年は2号店を出店する!という目標を掲げ、
毎日心を込めておだんごを手作りしておりますので、
ぜひ一度、当店のおだんごをお召し上がりください!
 

 

 

 

 

開催報告

■国分寺台幼稚園 2021年3月11日

210本プレゼントさせていただきました

国分寺台幼稚園 たんぽぽ組

国分寺台幼稚園 すみれ組

 

 

 

■あすなろ幼稚園 2021年3月17日

180本プレゼントさせていただきました

 
3月19日 読売新聞朝刊の千葉版にてご紹介いただきました

 

 
 
 
 
Profile

和み処 白金茶寮

ちばのだんご屋店長

さいごうみつたか

Mission
祖母の残したおだんごを広めることで、子供達が夢を持てない世界を終わらせたい。
Senmon
集客 飲食店 ひとり営業 カフェ 経営

千葉県市原市でおだんご専門店を経営しております、
さいごうみつたかと申します。

2018年の3月に、生まれ育った地元を離れて、
縁もゆかりもなかった新天地「市原市」に引っ越してきて、
貯金も数十円しかありませんでしたが、
現在をお店をオープンさせていただきました。

なぜそんな無謀なことをしたかというと、
《亡くなった祖母が残したおだんごをもっと多くの方に食べていただきたい!》
という想いを実現するためでした。

開業してから多くの苦労を味わってきましたが、
お陰様で多くの有名テレビ番組を含むメディアでも取り上げていただき、
県外からも多くのお客様がご来店いただき、
午後には完売してしまったり、数時間待ちになる日も多いお店となりました。

今年は2号店を出店する!という目標を掲げ、
毎日心を込めておだんごを手作りしておりますので、
ぜひ一度、当店のおだんごをお召し上がりください!

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock