Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
26488_nzqwmwm5owzkndjiz

3歳までに「ミライ」を創る!保育園栄養士がお伝えする食べトレメルマガ

はじめまして。
神奈川県で活動しています
食べトレ・シニアインストラクターの
佐々木亜矢子です。


\偏食はギフト、我が子のギフトを受け取ろう/
食のチカラを使いこなし、
我が子と向き合うことで
それまでの悩みだと感じていた
我が子の「偏食」も
ギフトに変わる♪



”偏食の子はそれで完璧”


偏食ってダメなの?


そんな風に思われがちな
偏食ですが、



実は・・


偏食の子には
偏食の子の意味がある!


そして、その子の
秘めた能力がそこにある♡


どんなものが好きなのか、
そんなものが嫌いなのか、


食の食べ方は大きなヒントとなり、
悩まない未来への
一歩を踏み出せます。



食材のもつ意味を知れば
我が子にはどんなチカラが優れているか
読み解けちゃうんです



そして、
食材の知識、
食のチカラを知るだけで
どんどん能力がアップ
しちゃうんです


実際に
とうもろこし大好きな
筋金入りの偏食息子は
「やる気」に満ちた子だと
わかりました。


それが分かったとき、
「偏食の子はダメな子じゃない」
と気づき、


逆に
偏食の子は優れた能力に
長けているのでは?!


と向き合えるようになりました。



嬉しいことに、
今では、食べれるものも
増えました^ ^



「焦らなくていい。」
「ゆっくりいいんだよ。」


お母さんがお子さんの能力を信じて、
安心した眼差しで見守れたら、
子どもは確実に伸びる子になる。




食のチカラを知って、
「見守る勇気」を
一緒にみにつけませんか?





お母さんが正しい食のチカラを
身につけると、


お子さんも、
食事を正しく選択できる子に
なります。



食事を「選択」できる子になったら、
自分の「未来」も「選択」できる子になる。



つまりは、

\食のチカラを使いこなし、
自らの夢を叶える子になる/



そんな親子が日本中に
たくさん溢れる世界になってほしい
そんな想いで活動しています。



メルマガでは、

・管理栄養士である食の知識
・食べトレである食の知識
・食を通じてカラダは強くなる
・食を通じてココロは強くなる
・食を取り巻く環境
・食と歯の関係


その他、
私が子育てをしてきた上で
大事だと感じたことなどを
配信しています。



 
 
  • レシピあり【カルディ×育脳食材】で賢くなるふりかけ!
  • 参拝賽銭を485円にする理由
  • 【日程発表】明日、朝イチにやると決めていること。
  • 124年ぶり!2021年の節分は「2月2日」
  • 【号外】自分の考えを言える子になる!3つのポイント
  • 顔も名前も知らない子どもたちのために、今、私ができること。
  • 【号外】変化は子どもだけじゃなかった?!夫も神夫にする家庭学習法
  • 【土用】2月2日までに絶対した方がいいこと
  • 加熱するだけで、効果10倍?!ショウガの”本当の”摂り入れ方
  • 【絵本当選発表】 選んだ道を正解にする
Facebookアカウントをお持ちの方
お名前
姓)
名)
メールアドレス
お住まいの地域
このメルマガを何でお知りになりましたか
  •  Facebook
  •  アメブロ
  •  インスタ
  •  ご紹介
  •  その他
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
このメルマガはリザーブストック 有償版 を使っています。
リザーブストックは佐々木亜矢子【食べトレ×保育園栄養士】様よりご招待いただくことで無料でご利用いただけます。(有料版有り) ご利用希望の方はtabetore.sasaki@gmail.com宛てに利用希望の旨ご連絡ください。
 
 
 
 
Profile
Professional
食べトレ・マスターインストラクター

佐々木亜矢子【食べトレ×保育園栄養士】

Mission
「食」のチカラを使いこなすことで親子に笑顔を運び、人生を豊かにするお手伝いをします!
Senmon
管理栄養士 能力覚醒 子ども 3歳 8歳 保育園

管理栄養士

【佐々木亜矢子のプロフィール】

福島県の大自然の中で
三姉妹の次女として生まれ、育つ。


結婚してから神奈川県藤沢市民となり10年、
かつては抜けなかった方言が、
今は出ずに生活できるように。


偏食9歳とグルメ7歳、電車大好き兄弟と
おしゃれ大好き夫と4人暮らし。


ピアノが弾けず、
幼稚園の先生になる!という夢を断念。

子どもの頃から好きだった料理を活かし進学、
管理栄養士となる。


病院で5年勤務後、
結婚を機に保育園勤務を経て、


病院と保育園での”食事のあり方”の
違いを実感。



「子どもは勝手に育つ」
そんな風に思っていた子育ても
知識と現実とのギャップに
暗黒期に突入。

息子は筋金入りの偏食っ子に育つ。


こだわりが強く、
離乳食期から好き嫌いが激しい子。


1歳過ぎから
3食同じものしか食べない
”単品食べ”が始まり、


最終的に
「ビン詰めの鶏そぼろ×白米」
に落ち着き4年以上が経過、
そんな時【食べトレ】と出会う。


食のプロ VS 筋金入り偏食

毎日3食、同じ食事しかしない息子に
敗北の連続。


”作っても食べない”の悪循環から
いつしか作ることさえ諦めていた。


「母」としての役割ができていないことと、
偏食の息子に対して憤りのない怒りを覚え
罪悪感だらけの日々、


そんな時、

「子どもは本能で食べている」と学び、
息子と本気で向き合っていなかったと気づく。


息子の「本能」と向き合ったとき、
今、息子の体がどんな状態なのかが
理解できた気がして
心の奥底にずっとつっかえていた
子育ての理想像を手放せた。


子どもの「好き嫌い」は
カラダを読み解く鍵であり、


「偏食で悩まなくてもいいんだ」
「息子は偏食で完璧なんだ」そう思えた時、
ココロが軽くなり、息子も私も変わった。


同じ悩みを持つ方のおチカラになりたい!
そして、未来を担う子どもの能力を開花させたい!

とインストラクターになる決意をし、
現在に至る。

B_facebook
B_ameba
Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 06
Powered by reservestock