Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 

    

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

ホメオパシー&占星術&クリスタルのブレンドセッション

 

*ホメオパシーを含むセッションでは事前に「質問票」「同意書」の記入が必要になります。

 日にちに余裕を持ってご予約をお取り下さい

 

→中川美奈子のホメオパシーセッションでは、占星術で生まれながらの体質性質を見立て、ホメオパシーで心身の症状改善を行い、クリスタルで必要なメッセージをお伝えしています。

 

<ホメオパシー>

体が発しているメッセージを通じて、押さえ込んできた心身の抑圧をホメオパシーで外して行くお手伝いをします。

自己治癒力に働きかけるホメオパシーは、セルフケアやデトックスが得意です。

そして、心と体の両方にアプローチをかけて行くことができます。

 

<占星術>

あなたが持って生まれたクセはホロスコープに表れます。

それを自分で知っていたら?

そして、その星回りの捉え方を変え、自分の性質を前向きに捉えることが出来たら?

ホロスコープは同時に心強い自分取扱説明書にもなるのです。

 

<クリスタル>

繰り返し出てくるトラブルにも実は共通点があります。

その共通点を見出し、ケアして行くためにクリスタルを用います。

またメッセージを運んでくれます。

美しいクリスタルを見ることでも心癒されることでしょう。

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■ 

 

クリスタルリーディング
→ご相談の内容に応じてクリスタルの配置を変え、リーディングを行います。クリスタルからのメッセージをお受け取り下さい。

 

色とりどりのクリスタルは私たちよりもずっと長生きです。

漠然とした悩みでも、的確に方向性を示してくれるクリスタルリーディングです。

立ち止まってしまったあなたの背中を、そっと押してくれます。

 

 

   

 

 

ご希望のメニューを選択してください

*事前に「質問票」「同意書」の記入が必要になります。お日にちに余裕を持って予約をお取り下さい。

<セッションの流れ>

セッション前:
・ホメオパシー健康相談会のご案内、質問票、同意書のご案内をメールにてお送りします。

・質問票に記入し、セッション当日までにご返送下さい(当日でも可)。

・セッション当日までにオンライン上で同意書にサインをお願いします(クラウドサイン利用)。

*   好転反応についてご理解頂くため、ホメオパシー講演会へのご参加やDVD「由井寅子の症状はありがたい」などをご覧いただき、好転反応についてご理解頂くようお願いしております。講演会への参加が難しい場合は、「講演会録①由井寅子のホメオパシー入門」(ホメオパシー出版刊)などをお読み下さい。

 

セッション当日:

・ご記入頂いた質問票を元に、現状をお伺いします。症状とは一見、関係ないように見えることもお尋ねします。

セッション後:

・ 「レメディーの適用書」と「相談会シート」を作成しメールでお送りします。レメディー適用書を元にレメディー販売店でレメディーを購入し、使用ください。相談会シートには推薦する使い方を記載しています。

*レメディー適用書はホメオパシーレメディーの処方箋のようなものとお考え下さい。レメディー代金は人により異なりますが、平均して8,000円前後になります。

*レメディーをおとり頂くことで、ご自身の自己治癒力を活性化し、心身の状態をケアすることで、自分の気持ちに素直に生きる健康な心身の土台をつくって行きます。

*ホメオパスが病院へかかること、薬を取る取らない、について指示することは一切ありません。ご本人とそのご家族でご判断下さい。

 

2回目以降:

・慢性的に症状が続いておられる方は、1〜1.5ヶ月に1回の割合で、5回以上連続して通われる事をお勧め致します。

*事前に「質問票」「同意書」の記入が必要になります。お日にちに余裕を持って予約をお取り下さい。

*初回のみ、とらのこ会入会費 1000円または2000円がかかります(とらのこ会に未入会の方)

 

<セッションの流れ>

セッション前:

・質問票、同意書に記入し、セッション当日にご持参下さい。

・生年月日と出生時間、出生地をできるだけ正確にお知らせ下さい。

 

*   ホメオパシーセッションは「ホメオパシーとらのこ会」の特典として、完全会員制で行われております。ホメオパシーについてご理解の上、必ずご入会をお願い致します。

*   好転反応についてご理解頂くため、ホメオパシー講演会へのご参加やDVD「由井寅子の症状はありがたい」などをご覧いただき、好転反応についてご理解頂くようお願いしております。講演会への参加が難しい場合は、「講演会録①由井寅子のホメオパシー入門」(ホメオパシー出版刊)などをお読み下さい。

 

セッション当日:

1、当日はホロスコープで生まれ持った体質を確認し、

2、現在の状態について、ホメオパシーの問診を行い、

3、理想の自分に必要なクリスタルからのメッセージを読み解きます。

 

 セッション後:

* 最適なホメオパシーレメディーの適用書を作成しお送りします。適用書を元にレメディー販売店でレメディーを購入し、ご自宅でのケアを続けて下さい。

*レメディー適用書はホメオパシーレメディーの処方箋のようなものとお考え下さい。レメディー代金は人により異なりますが、平均して1万円前後になります。レメディー販売店の紹介も致します。

*レメディーをおとり頂くことでご自身の自己治癒力を活性化し、心身の状態をケアすることで、自分の気持ちに素直に生きる健康な心身の土台をつくって行きます。

 

2回目以降:

・心の状態と体の症状の確認を行い、そのタイミングで必要なホメオパシーレメディーを選択します。クリスタルによるリーディングも引き続き行います。

・慢性的に症状が続いておられる方は、1ヶ月に1回の割合で、5回以上連続して通われる事をお勧め致します。

クリスタルリーディングでは、ご相談内容に合わせたグリッドを用いてクリスタルを展開して行きます。

 

望みを達成できる行動へ移せるよう、的確なアドバイスも現れます。

 

クリスタルたちは漠然とした悩みにも方向性を示し、あなたの背中を押してくれます。

フラワーエッセンスを開発したバッチ博士は、ホメオパシーでは腸内細菌のレメディーで有名です。

私はホメオパシーを勉強する中でこの事を知りました。

そして2016年にホメオパシージャパンから
日本の花のフラワーエッセンス「ファー・イースト・フラワーエッセンス」が発売になりました。

 

日本の花で作られたフラワーエッセンス。

それはとても重要なことです。

私たちが生きているのと同じ土壌で生まれ育った花を使っている。

同じ土壌っていうのはとても大きなポイントです。

 

土壌が同じならば、同じミネラルが水に含まれることになります。
同じミネラルを含んだ水によって成長し、生きている植物と生き物。
体と土は切り離せない、まさに身土不二の考え方とも一致します。


例えば以前、イギリスに行った時にアーニカクリームを買いました。
時差やら何やらで体がバキバキ、肩こりがひどかったけど、このクリームに助けられました。

 

しかし不思議なことに帰国してから、同じ症状に使ったけども、
なんだか効きが違うように感じた事を鮮明に覚えています。。

その時先輩ホメオパスに、土地のことを考えるとあり得る話だよと聞いて得心した。
その身を置いている場所、その土地と体の関係は切っても切り離せないものです。

 

そうすると、日本で生活していると日本のもので出来てたほうが良いんじゃないかという話になります。

 

「ファー・イースト・フラワーエッセンス」には12ヶ月の月ごとにボトルがあるのも面白いのです。

迷ったら、今月の花のエッセンスを使ってみる。

 

7月はネムノキ

8月はヤマハギ

9月はチャノキ

の、ように。

 

普段の生活の中で揺さぶられる心に。

ホメオパシーの好転反応で乱れる心に。

 

日本の花々で作られた「ファー・イースト・フラワーエッセンス」はあなたにそっと寄り添い、心を癒します。

 

:::::::::*:::::::*::::::::*:::::::::*:::::::::*:::::::*:::::::*

9月6日(木)…前編で扱うエッセンス

  1月:ヤブツバキ
  2月:ウメ
  3月:オオシマザクラ
  4月:ヤマブキ
  5月:フジ
  6月:コアジサイ

9月20日(木)…後編で扱うエッセンス

  7月:ネムノキ
  8月:ヤマハギ
  9月:チャノキ
  10月:キンモクセイ
  11月:ヒイラギ
  12月:ビワ
 
 
 
 
Profile
Professional_s
ホメオパシー自然療法家

中川 美奈子

Mission
ちょっとした不調、長引いてる変調。 それはどこから来ていますか? 本来の姿の自分に戻すには? ケミカルを使わない、自然な対処法がホメオパシーにはあります。
Senmon
ホメオパシー 自然療法 宝石レメディー ジェムレメディー

JPHMA認定ホメオパスNo.423
HMA認定ホメオパスNO.1459
米国NLP協会認定NLPマスタープラクティショナー
薬剤師

学生時代から社会人時代にかけて、子宮内膜症や鬱病を患い、ありとあらゆる症状を薬を使って抑えて来ました。


薬の限界を知り、症状を抑圧する西洋医学に疑問を覚え、様々な療法を探すなかでホメオパシーと出会い、ロイヤル・アカデミー・オブ・ホメオパシー(現・ホメオパシー統合医療専門校CHhom)にてホメオパシーを学びました。

製薬会社勤務・薬剤師勤務の経験あり。

セッションでは漢方五行、
アーユルヴェーダなどの体質診断も使用しています。

<自然療法のホメオパシーでは、症状を抑圧することなく自身の力で心身の滞りを外し、本来の状態へ戻っていきます>

ちょっとした不調、長引いてる変調。
それはどこから来ていますか?
本来の姿の自分に戻すには?

ケミカルを使わない、自然な対処法がホメオパシーにはあります。

症状はそのお知らせです。自分自身を輝かせて健康に生きるために、そのお知らせを読み解いていきませんか。

オンラインにてヨーロッパ発祥の自然療法ホメオパシーの健康相談会を実施しています。

受付日時:木/金曜日 AM・PM、土曜日 AM
・ 上記日程以外も、応相談

お問合せ/ご予約→ lefteyesee@gmail.com


B_facebook
B_ameba
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock