PR

PR

6798_リザスト-header-osamu
39452_ライヤー13

PROFILE

ヒーリングライアーの音色で本当の自分と繋がる

意識療法士

増渕陽子

小さい頃から、父は銀行員の仕事の関係で転勤ばかりで各地を転々。

人といるより大自然のエネルギーに触れている事が好きで、

自宅の庭の木々や鳥や虫、ミミズたちに話しかけているような変な子

その実、教室で、質問されても、話すことさえ出来ない自信のない子

 思い出すと、小さい頃から、わたしの周りには、

火傷で手や顔が溶けちゃったり、足が悪くてビッコを引いたり、どこかに障害を持っている

そんな友達が普通にいました

わたしは、彼らに対して、傷害やハンディと言う概念はありませんでした。

それらが彼らの個性だと思っていたようです

感情に敏感なわたしは

まわりの大人たちや他の子たちからの冷ややかな視線に、

違和感を感じるようになり、彼らを守ろう!

いつしか?

わたしに何かできないだろうか?

と考えるようになって行きました

 中学、高校、短大と学んで行くにつれて誰かの為に尽くしたいと言う夢は広がり        

好きだった英語を生かして、世界へ羽ばたこうと思い、難関を潜り抜けて念願の

国際線の客室乗務員になりました

 見た目の華やかさよりも仕事は超過酷でしたが、

 その頃から、どこからともなく

溢れ出てくるように響いてくる内なる声

「人を幸せにしてあげなさい」

 わたしに、何が出来るのだろう!?

 結婚を機に退職したものの37才で度重なる夫の借金と女性問題で離婚

生きてゆく希望を失いかけた時に救ってくれたのが、二人の子供たちでした

 それからは、小1、小3の二人の子供たちを食べさせるために必死で働きました

7年間輸入ブランド服の店員として踏んばるも、倒産

以前よりマザーテレサのようでありたいと言う思いがあったので、

これからは、人の為に尽くせる介護職をと思い、介護ヘルパーの資格を取って働きました

その間に、販売職では味わえない、魂の喜びを感じる事が出来ました

様々な人たちが、様々な問題を抱えている。 そのお手伝いをさせて頂いている時に

人生のリセット、魂のリセットが出来たように思えます

今までの生き方や感情の浄化が出来た時に、次なる再婚と言うステージを迎えました

その後、聴覚障害のある方の為に手話を視覚障害のある方の為に点字を学びました

不思議にそのご縁は続きます

 

介護の仕事をしている時から

わたしの中に響く声は

いつしか「人の役に立ちなさい」

鳴り響く度に

 わたしは、自分に問いかける

「わたしに、何が出来るのだろう!?」

 引き寄せられるように

 不思議な世界、

 見えない世界へと

チャネリング、ヒーリング、マヤ暦と学び始めた

 学び始めてはみたものの

親の介護との両立に苦しみ

不安や迷いばかり襲ってくる

 どうやったらスピリチュアル世界の学びを

現実世界の幸せに、変えられるのだろうか?

 たまたま、耳に飛び込んできた

ソウルサウンド ライアーの音色を聞いた瞬間。

「これだ!魂に響くライアーをつくろう!」

と決めていました

 そして、ライアーを造るワークショップで

意識医学(R)の創始者

メンターの図師先生との運命の出会い

 ライアーと意識医学(R)との出会いが

必然となって歯車がまわりはじめました

 自分でつくったライアーを弾いていると

不思議と自分が整っていく

ある日、ライアーを弾いているときに

ライアーの中から、天界の歌声が聞こえてきました

過去世の竪琴を弾く私が、「ようやく会いに来てくれたのですね。

やっと気づいてくれたのですね。」と喜びの声をあげました

この神秘体験が、

わたしと「ライアー天使長」と繋がり

宇宙の声を伝えられるようになりました

 これからは、宇宙の波動と繋がり、本当の自分の使命や役割を知る事で自分を許し

ライアーの波動で自分自身を癒すことで夢を叶える人生を歩むお手伝いをさせて頂きたいと

思っています

世界中の病院や障害者のある方、自分に自信が持てない、人間関係に苦しんでいる方に

不要な感情を手放して、心の底から幸せを感じて頂きたいと思っております。

なぜなら、「人間は幸せになるために生まれてきたのですから」

保有資格等
意識療法士🄬

マヤ暦アドバイザー

ワンセルフカードセラピスト

バッチフラワーレメディー学習中