PR

PR

3737_banner_image
3521_20211019-2c8a8321-edit_original

PROFILE

代表理事

湯川央恵

1987年奈良トヨタ自動車入社。

1990年大阪北浜にあるコンサルティング会社(株)LMP研究所に転職。

経営戦略・計画・組織・人材開発のコンサルティングに携わる。

社内で随一の営業成績を上げると同時に、新入社員研修、マナー研修など各企業への研修も担う。

1994年結婚を機に退職。

嫁ぎ先の経営する会社の経理・人事を担当する。

2005年本格的にコーチング、NLPを学ぶ。

以来5年に亘り人材開発室の社内コーチを担当。

2009年パーソナルプロデュース・メンタルコーチング リアライズとして独立。

2011年オーストラリアへ渡り、エネルギーワークのインストラクターのライセンスを取得。

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを自らが夫婦関係の中で体験、解決。それを機に学んできたコーチングやNLP、認知行動療法、アドラーなどの各種心理学他、前世療法、催眠療法などを融合した、湯川オリジナルのメソッドで「ダメンズ引き寄せ症候群集中治療室」として2012年より活動を開始。

2018年よりこれまでのメソッドを体系化し「パートナーシップ心理学アカデミー」を開始。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。セッションは3000件を超え、全国、海外からも問い合わせが多数寄せられている。

2022年8月に一般社団法人 人間関係心理学協会(HPA)を設立。

HPAでは

カウンセラーのいらない社会を創るために、

一人ひとりが

「幸せになる心の仕組み」を伝え

「誇らしい自分が当たり前」の未来を目指します。