36944_banner_image
33868_img_4267
Professional

PROFILE

かけがえのない今日の日の彩りをプロデュース

WaiHo'oLu'u(ワイホオルウ) 彩りライフをご提案

斉田 彩子

小さい頃はちょっと人見知りで、運動音痴で、裁縫・編み物・ワイヤー制作など「ものづくり」が好きな子どもでした。

「作業を通して人を元気にできる」という動機で、約11年間、総合病院で作業療法士として働き、その間3人の娘に恵まれました。

仕事は大好き、でも育児も家事も手を抜けずに、忙しく時にイライラする時間を過ごしていました。

3女を出産するタイミングでマヤ暦に出会い、暦(こよみ)のリズムでダイアリーをつけて自分と向き合うことを始めていきました。すると、自分の思い通りに行かずイライラする状況は自分が生み出したのだ、ということにようやく気づき、深刻になることを辞めて周りを頼ったり、自分の「大切にしたいこと」を優先する生き方を選べるようになってきました。

そしてずっと大好きなものづくりを活かし、お客さまの日々が彩れるアクセサリーを創りたい!という想いが強くなり、

「WaiHo‘oLu‘u(ワイホオルウ)」=ハワイ語で“色”

というブランドを立ち上げました。

現在は週に数回デイケアで作業療法士として働きながら、自宅でアクセサリーを製作したり、マヤ暦とダイアリーの使い方をお伝えするお仕事をしています。

そして、食育とコミュニティ作りのために家族で体験農園を借りて自給農のお勉強中です。

ひとつの夢は、子どもも大人も、心身が不自由な方も高齢の方も、誰でも一緒にのびのび過ごせる、自然と共生できるアトリエのような場所にいることです。

ただただ、私はどこにでもいる普通のお母さんです。

夢に向かいつつも、日々はゆるんで、かけがえのない大切な今日の日を彩って楽しむことを心がけています。

保有資格等
作業療法士

アクセサリー作家(ブランディングコース終了)

シンクロニシティ研究会マヤ暦アドバイザー

プロフィール

わたしについて

小さい頃からものづくりが大好きでした。
作業療法士として働くこと12年とすこし。

ものづくりの素晴らしさ、そして人と人をつなぐ魅力に

ますます惹かれています。

*天然石1つ1つが魅力的に輝く作品を届け、お客様の日々を応援する。
*ものづくりを愛する人たちと、もっと繋がっていく。
*みんなが自分の色を出して光り輝く社会だと最高。

そんな想いで
WaiHo‘oLu‘u(ワイホオルウ)=ハワイ語で色
というブランドを立ち上げました。

 

WaiHo‘oLu‘uのアクセサリーについて

「一人ひとりにもともと持っている美しさが必ずある」

これがWaiho'olu'uの想いの根っこです。

外をごまかして着飾らなくても、

内面からの美しさを引き出すことが

本当の女性の美しさにつながると思っています。

 

天然石は地球からの贈り物。

ひとつとして同じ色、カタチのものはありません。

とてもパワーや癒やしがあるものだと感じます。

身につけることで、自然と美しさが引き出されるイメージです。

 

また、パーツは基本的にK14ゴールドフィルドという素材を使います。

ゴールドフィルドは総重量の1/20以上が金合金(14金・12金など)の素材。

真鍮などの金属を芯として、金合金を熱と圧力によりコーティングしており

金メッキのように表面の金が剥げてくる心配はほとんどありません。

手軽に本物の金の輝きを楽しむことができる素材です。

 

 

 

創ることについて

例えば障害があっても、認知症などがあっても、

みんなそれぞれに能力があって、創造する力がある。

一人ひとり能力が異なり、

自分が、周りが対応を変えるだけでものすごく芽が伸びる。

そんなことをこれまでの経験から感じています。

 

自分を知りうる手段があれば、

 自分の力を信じて、自分らしく輝き、

 周りも輝かせられる人が増えるのではないか。

 

自分の本当の気持ちに向き合って、整えていくツールとして

マヤ暦&ミラクルダイアリーを使っています。

マヤ暦を活用して生活を彩っていくことを、

私自身が「実践」しながら学んでいるところです。

 


ひとつの大きな夢は、好き同志が集い、誰でも一緒にのびのび過ごせる

アトリエのような場所で過ごしていること。


持続可能なコミュニティ作りのために、

自給農の勉強もしているところです。

 

晴れた日には畑を耕し、雨の日はものづくりをして

晴耕雨読 ならぬ 晴耕雨作(せいこううつく)な

自然と調和した暮らしを目指しています♫

 

私たち一人ひとりが

何気ない、かけがえのない毎日を彩り、

世界に輝きを増やしていくことが大切だと思っています。