31615_banner_image
28848_reserve-stock-photo-base-1024-1024
Professional

PROFILE

自分の命を自分で管理できるように、「身体の断捨離」を伝えます

やましたひでこ公認断捨離🄬チーフトレーナー

古澤貴子

人生には、何度かターニングポイントがあるものです。

JAL客室乗員部退社後、1989年末期癌の父と「ゲルソン療法(癌の食事療法)」に取り組むため渡米。このことが、栄養学や心理学にかかわるきっかけになりました。

米国滞在中、ロジャーウイリアムス博士の提唱する「分子栄養学」を学びました。

実際に食事療法で寛解してゆく父や患者さんを目の当たりにし、食(栄養素)の力を痛感。さらに博士の書籍の最後に「良い栄養とその可能性全部について、今、熱心に世界中に広めることを希望します」と記されたメッセージに突き動かされ、帰国後は、アメリカ癌コントロール協会を立ち上げ、栄養コンサルタントとして、学校を始め、全国津々浦々、栄養の大切さを伝える講演活動・啓蒙活動をかなり熱心に行いました。

同時に、約5年間約2000名の患者さんの健康相談・栄養サポートをボランティアで行わせていただきましたが、これが多くを学ぶ機会となりました。

病気の回復には様々アプローチがあります。

特に心理的なサポートは不可欠だと考えていた時に、心理療法「サイモントン療法」に出会いました。病気は結果として、まず絶対に日本に伝えたいと思い、熱烈アプローチをすること2年、1997年提唱者O・カールサイモントン博士(通訳として川畑のぶこさん:現在サイモントン療法協会代表)を日本に招聘することができました。


次のターニングポイントは、2002年~2013年、パートナーの医師とクリニックを開設し、デトックス療法、食事療法、サイモントン療法など、基本的に薬だけに依存しない統合医療に取り組んだことです。発達障害の治療に関わることになったのもその時からです。


その最中2010年、親友の川畑のぶこさんから「断捨離」のことを聞きました。

ただ、他人軸にどっぷり根を張って生きていた私には、この機運が掴めませんでした。

やっと理解し、断捨離トレーナーになることを決心した2013年、いきなり人生が大きく変わりました。なんとまぁ、夫が私の友人と恋仲になり家出。つまり断捨離されました(笑)子供と犬と患者さんとスタッフ、おまけに彼の多額の借金まで背負う羽目に。


ところが、悲劇にも思えたこの強制大断捨離が、人生最大のターニングポイントになり、私の人生はそこから大きく変わりました。


今、自分軸を生き始めた私が、生涯伝え続けたいことは『断捨離』と『発達障害』のこと。

プロフィール

『断捨離』と『発達障害』

 

健康関係の仕事について約32年になります。
今現在は、断捨離トレーナーと、発達障害の治療に関わる仕事に就いています。

「断捨離」と「発達障害」・・・全く関連のない2足の草鞋を履いていると思われがちですが、そうではありません。
断捨離のメッソッドは、発達障害の改善にとても有効に機能しています。
なぜなら断捨離は「モノの片付け」ではなく、「命を生かす」ための手段だからです

 

 

さて、医療者でもない私が、なぜ発達障害の子どもたちに関わっているかということですが。
私は、たまたま父の末期がんの治療で渡米した際に、栄養を学び始めました。そのことから、長く医療関係の仕事に従事することになりました。
特にこの約17年間は、医師であったパートナーが発達障害を専門としていたことから、発達障害の栄養指導や心理的なサポートに関わるようになりました。

 


パートナーと別れた今でも発達障害に関わり・・・恐らくこれからもずっと関わる理由は、発達障害が
改善する可能性があるということを知っているからです。それを伝えずにはいられないのです。
それは、私も子どもを想うひとりの母親だからです。


 

子どもたちは、運が悪くて発達障害をもって生まれるわけではありません。
発達障害は、原因があっての結果です。
そこからアプローチをすれば、子供たちの問題行動は改善する可能性があります。



ところが、日本の医療においては「発達障害は改善しない」という前提で治療が施されます。
神経をブロックし、症状を抑え込むために薬を投与するという治療と、あまり役に立たない食育が通常療法です。やがて薬の副作用に苛まれ、それが根本的な健康を害する結果を招くことは少なくありません。



一方海外では「改善する可能性がある」という前提で、様々なアプローチが提供されています。
私が取り組んできたのは、もちろん後者です。

 

近年「発達障害」は、100人にひとり(1クラスに2人)と、私が関わり始めたころと比べても、恐ろしい勢いで急増しています。
私は、断捨離をベースにした発達障害へのアプローチこそ、次の世代を担う子供たちを守ることであり、如いては地球を守ることに繋がっていると考えています。 

 

発達障害の改善と予防


なぜ、改善する方法が存在しているという事実に、国は目を向けないのでしょうか。

製薬会社との癒着もあるかもしれませんが、何より患者さんが声を上げないからなんです。
仕方がありません。発達障害において、日本は「情報鎖国」と言われているように、声を上げるだけの情報が提供されていないのですから。

 


発達障害の原因は多岐にわたるため、未だ解明はできていませんが、他の生活習慣病と同じように、改善の可能性があるということは事実です。
それを学ぶことは、生まれる前に予防ができるということでもあります。


私が学んできた論文と経験からの情報ですが、発達障害における問題行動には、必ず原因があります。それは遺伝的要因と環境的要因です。
遺伝的要因があると必ず発症するかというと、実はそうではありません。
環境的要因が整うことで発症しないこともあり、ただの個性として、むしろ際立った才能が発揮されることさえあります。

 

この環境的要因を整えるのが、「断捨離」です。
問題行動を引き起こす原因を「断捨離」することです。
大切なことは、薬を「入れる」前に、悪さをするモノを「出す」ことです。

 

断捨離という哲学を学ぶ

断捨離は「モノを捨てること」ではありません。

目の前のモノと向かい合い、そのモノが「必要か、不要か」「適切か、不適切か」「快適か、不快か」、思考・感覚・感性を総動員して、選択と決断を繰り返す実践的トレーニングです。その結果「自尊心」が育まれます。

 


目に見えるモノには、目に見えない悩みや考えが張り付いています。
人生がうまくいかないとき、私たちは必ず「捨てられない何か」を心に抱えています。


私が関わってきた発達障害のお子さんを持つ親の多くは、ネガティブな意識(心のガラクタ)を抱えています。

「発達障害という病名がついたら、それだけで子どもの未来はない」「この子はダメな子」「子どもの将来に希望はない」「子どもは人に迷惑をかける」「自分が死んだら子どもは一人で生きてゆけない」「こんなはずではなかった」「私のせい」「どうして私ばっかり」

自分の理想とするようなお子さんと比較しては、自分や子どもの人生を悲観し苦しんでいます。
更に、そのネガティブな心理状態で子供に接し続けています。
その不機嫌さは、改善どころか逆に症状を悪化させているように感じます。

 

混乱した状況に置かれている方の住まいはというと・・・大抵は混乱しています。
「部屋は心のカタチ」・・・心理状態は生活空間に現れています。

多くの場合、心理から変えてゆきますが、断捨離はまず空間からアプローチをします。

実際に、混乱した空間で健全な精神状態を保つことは困難です。
それどころか、不健全な思考を強化させてしまいます。


空間が変化すると、意識は必ず変化します。
というのは、思いが張り付いたモノと向かい合い、不要・不適・不快なモノを捨てるという行動は、同時に不要・不適・不快な思考を捨てるトレーニングになっているからです。

 

親の心理状態、空間のエネルギー、言葉のエネルギーは、体や脳にとても影響を及ぼしています。
最も重要なことは、確実に可能性があることに、とにかく行動してみることです。


発達障害のメッセージ
「発達障害」・・・正直なところ、名前なんてどうでもいいことです。
どのような症状があり、どのような原因があり、どのようなアプローチをすれば改善する可能性があるか、それだけです。

ある国では、子どもが問題を抱えて生まれてきたら、「神様からのメッセージを持って生まれてきた人」として、大切に育ててゆくそうです。
 


私もそう思います。
発達障害の子どもたちは沢山のメッセージを持って生まれてきたのだと。


環境汚染、生活環境、食生活
を見直しなさいということ。
自分を大切にしなさいということ。
ピュアな感覚感性を取り戻し、本来の自分に返りなさいということ。
そして、優しさが大切だということ。



私の娘は、診断は下されておりませんが、恐らくアスペルガーです。特徴的症状から、自分でも認めていますし、私もそう思います。
彼女は今、感覚的に合うニューヨークを選んで、好きな絵を描きながら細々と生活をしています。
その他に、発達障害の子どもさんのシッターをしています。
無理なく気持ちが通じ合えるようで(笑)、とても慕われているようです。

「子どもたちは、大切なメッセージを届けている」
困難であっても、そう捉えてみて下さい。
きっと、大きな意味が見えてくると思います。


提供するサービス