2081_mtm5mmu3oda3zdezm

【博多】存在の目覚めへ〜「LABO復習会」

〜文明の転換点〜意識の位置を立ち上げる〜

受付は終了しました
721920_1i0a3585-edit
721920_janus-vatican
721920_d37ab24a-8083-4945-89f5-b345a2f0575e
721920_1i0a3585-edit
721920_janus-vatican
721920_d37ab24a-8083-4945-89f5-b345a2f0575e

文明の転換点〜意識の位置を立ち上げる〜

2081_1i0a3585-edit-2

このような方におすすめ

自己表現、心との繋がり、人間関係の結び直し、<わたし>を知る、視座を高めていく、

期待できる効果

「視座」と「関係性」、「思考」と「感情」、「知性」と「感性」、「男性性」と「女性性」の産霊

【博多】存在の目覚めへ〜「LABO復習会」 〜文明の転換点〜意識の位置を立ち上げる〜

🌈LABO・剣・杯
を結ぶ勉強会🌈

「剣(視座)と杯(関係性)プログラム」
■LABO〜わたしたちはどこからきて、
どこに向かうのか?
■AHAボイジャータロット

=存在の目覚めへと結び合わせる道へ=

・:*:`・開催日・:*:`・

〜福岡  開催 1DAY〜

7月31日(日) 1DAY 10時〜17時


🌈「剣」と「杯」🌈


このふたつは、

「タロットカード」においては

ある意味世界を二分する、

大切な意味合いを持っています。

 

 

それは


「火」「水」

「△」「▽」

「男性性」「女性性」

「思考」「感情」

「論理」「感性」

「ロゴス」と「エロス」

そして、

「父」「母」

 

ふたつの
対極の原理の象徴
でもあります。

 

それらを大きくククって

「剣のプログラム」=縦軸として

「杯のプログラム」=横軸として


あなたの「剣・知性」

天と地を貫いて立ち、

そして、

この広大に拡がる美しい世界との繋がりの中で

「杯・内なる聖杯」が歓びに満ち、

その人生が幸福の結びとなるためのワークを

日常に落とし込んでいく為の道への

創造の場として

2020年はプレ開催として初めました。


2021年は『LABO』として

タロットの最大のテーマ


「<わたし>とは何者なのか?

「<宇宙>とは何か?

「わたしたちは、どこから来て、どこに向かうのか?」


この答えに結ばれていくための歩みとして

■「時間」

■「資本主義、お金」

■女性性と男性性

■「自我」の構造と「空間」

を深める歩みの講座を5つ開催してきました。

 

今回はこれらを結び合わせていくための

1DAY勉強会、復習会を開催します。



今回の1DAYで扱うテーマ

■「汝自身を知れ」〜「わたし」の深さに入っていく

■わたしたちが生きている「ふたつの世界」を認識する

■「3次元」と「4次元」の差異を体感する

■「主観」と「客観」の真実を理解する

「現実」が創造される場、と結ばれる

■「自我」の構造の理解を深める

■「円」の幾何学を理解する

■「言葉」の重要性と「感覚」との関係

■なぜ、今の時代に目覚めが重要なのか

■古代ヘルメス学に書かれているタロットの目的

■ヌーソロジーとの関連性

💫お集まり頂いた皆さんの「問い」を中心にフレキシブルに行います💫

LABO①、②を受講された方々の問いを中心に扱います。


「自分を扱うこと」は、

すべての「関係性を扱う」ということ

であり、それは

「創造の根源」を扱うということ



 人生において最大に重要な「問い」

WHO AM I ?

「<わたし>とは何者なのか?」



あなたは「あなた自身」を

どれくらい「分かっている」、と言えるでしょうか?


「あなたにとって本当の幸せとはなんですか?」

「あなたが今回生まれてきた意味は?」

「あなたはなぜ、

あなたとして生まれてきたのですか?」

「あなたはどこから来て、

どこに向かっているのですか?」


それらの問いに

あなたはどれくらい存在においての「真実」として

迷いなく答えられるでしょうか?

シュタイナー理論においては、

人は7年ごとのサイクルを繰り返し、 

大きなサークルを描いて螺旋の元、

ゼロのポイントに再び戻っていく過程を辿ると言われます。

 


その過程において

私たちは人生の流れの中で「幸福」を追い求めます。

 

食べる、寝る、性的な欲求などの根源的な生理的欲求から始まり、

満たされるごとにそれはより上位への欲求へと情動を高めていき、

「自己を実現させたい」という高みへと向かいます。


 それは、

マズローの五段階欲求説にわかりやすく記載されています。



 

「自己実現欲求」ですから

当然「自己」が確立されていかなければ

その欲求は満たされません。

 

手に入れたいものを手にしても

何かが足りない気がする、

幸福感を感じられない、

大切な何かを置き去りにしているような感覚がある、

そして

パートナーシップを含めたあらゆる人間関係において

本当の繋がりを感じられているでしょうか

 

もしもモヤッとした違和感のもとに自分自身の存在を感じているなら

あなたは「あなた自身」という存在の深みを

改めて認識し直すチャンスかもしれません。

大切な関係性を再構築する時かもしれません。

 

私たちは

自然界と共振する象徴的素晴らしいツールを与えられています。

 

「考える力」(思考、知性)

「感じる力」(感情、感性)

「知覚して動く」(本能、身体)

 

です。

 

そのツールはすべて、

この物理的な「個」であるわたしを

求める「実現」に向かわせるために働いてくれる素晴らしい力です。

 

ですが残念なことに

当たり前に受けてきた教育では

この「知能」「感情」「身体」

最大限使えるようになる、というよりも

規制された「枠の中でのみ機能する」ように

そして「枠の中で関係性を作る」ように

いわば強化的にトレーニングを受けてしまっています。

「自分そのままでいていい」と

自分自身が他の誰よりも思えていないのです。

 

それはいわば

「存在の持つ本当の力」にロックがかかっている状態に等しいのです。

 

「どう思われているか気になる」

「失敗して怒られたらどうしよう」

「認められなかったらどうしよう」

「嫌われたらどうしよう」


「わたし」が「どうなのか」

よりも

「他者」が「どうか」

の方が気になる。

そして、

「他者の心」を憶測してそれが人生を作っている、、、、


あれ?

おかしい、、、そう思いませんか?


あなたの人生が

「誰かのため」のものになっている。


私はカウンセリングを通して

これまで何千件というケースを扱わせて頂く立場に立ち、

これらすべてを引き起こしている構造自体にアクセスする必要を感じました。

「運命を創造している場」にアプローチしなければ、

ラットゲームのように繰り返されるパターンは変わらないのです


 

「考えていること」(言葉)

「感じていること」(感情)

「行動していること」(身体)


 この三位一体が繋がっている状態が

本来自然の姿である私たちは、

幼少からの経験によって


「思っていることを言ってはならない」

「感じていることを表してはならない」

「言われたことをやらなければならない」

と、

 まるで「別の人格」のような「外側の顔」を作って来た側面があります。

 

あまりにも長くその「顔」で生きて来たばかりに

いつのかにか

「本当の想い」「本当の感情」を見失うほどに

本当の「わたし」が分からなくなっていきました。

 

意識のどこかで、

「大切な何かを置き去りにしているような」

そんな焦燥感や欠乏感のようなものを抱き、

そんな「虚しさ」や「孤独感」を

「周囲に承認される」

ことで満たそうとすることに

   追われる時間で人生が流れていく、、、、

 

「わたし」が本当は何を感じているのか

それを感知するよりも

外側の「誰か」や「世界」に起こっていることに意識は一喜一憂し、

日常は「やること」や「考えないといけないこと」に追われ、

ともすると、


感じていても


それとは違うことを言う

それとは違うことをやる

それとは違うことを思う

ことを「当たり前」とされていることも多いのが

ある意味

発展してきたこの現代社会の行き着いた極の姿なのかもしれません。

 

「本当はやりたくない」

「本当は言いたくない」

 

幼少から抑えることで痛みを回避してきたパターンの中で

いつしか

「本当」を見失ってきたのかもしれません。


 


それを取り戻していきます。

 

この最も大切な「わたし」と繋がり直し、

「中心の柱」を取り戻すこと。

 

「わたし」との再結合は

「世界との繋がり直し」の始まりです。


 

それは、


「感情」を取り扱うことになります。

「言葉」を取り扱うことになります。

「体感」を取り戻すことになります。


そしてそれは

「女性性の開花」であり

「男性性の開花」であり

その産霊です。

 


「わたし」と「あなた」

が再び出会う道への歩みとなります。

 

それは、

あらゆる関係性と平和的な繋がりを取り戻し、

人生そのものを根本から創造し直していく道の歩みとなるでしょう。

 

私たちの本性は

本来二つに分けられたものではありません。


その真実を思い出していくために

そして

その存在の深みに再び還るために。


 


この国は

資本主義の拡大のもとで

誰もが生活に豊かさを享受出来る時代になったからこそ

誰もが「幸せとは何か」を追求出来る時代へと移行してきました。

 

どれほどに物質的豊かさに満ちていても

「関係性」においてもしも孤独であれば

人間は「幸福感」を感じられ無いことが分かっています。

 


わたしたちに備わっている大切なふたつの力、

「感じる力」も「考える力」は

「社会」という構造の中で

「正しい答えを探す」方向へ向かわされ、

その存在そのものの力を使うことの発達、進化を止めてしまったのです。


「感じて良いこと」

「感じてはいけないこと」

「考えても良いこと」

「考えてはいけないこと」

そんな善悪の評価の中で

「正しさを探す」

「正しさを覚える」

「間違うリスクを避ける」

「効率良くする」

「優しく」「穏やか」で「落ち着いた」

「堅実な」大人であること

 

あなたの思考はそのような道を

脳の回路に構築していくことで

「体感覚」は無意識に抑えて生きるようになりました。

 

「内在する意識」(本当は感じていること、本当は思っていること)

「外界の世界」(他者の反応に準じる形)に埋没させていったのです。


もしもそれでも最大の「幸福」を今感じられているなら

もちろんそれも「間違い」では無いでしょう。

 

ですがもしもあなたの存在にとって大切な「答」に辿り着いていないような

大切な何かを取り残しているような

そんな違和感があるのなら

改めて本当の意味で「考える力」「感じる力」を取り戻し、

「答えを探す」よりも「自らの答えに導かれる力」

根底からアップデートする時かもしれません。

 


 



タロットは0〜21の径があります。

 

その「道」は「ゼロ」であることから始まり、

 1.2.3...と、

数秘の階段を上がっていくごとに

自分の中のあらゆる要素に出会い直しをしながら

過去に刷り込まれた全ての信念、記憶に改めて「問い」を掛け直し、

あなた自身の知性・思形をもう一度育て直しを促します。

 

それはあなたの中に「父性」を立ち上げる道でもあります。

それはあなたの中に「母性」立ち上げる道でもあります。

 

あなたの中に立ち上がる偉大なる父と母

やがて 

あなた自身をマズローのいう、

「自己実現」の先、

「自己超越」という高みへと視座を高め、

小さな「わたし」という認識を

「わたしたち」という高い視座へと育て、

改めて人生や世界、

やがては人類そのものを見つめる創造者としての意識を

目覚めさせていくでしょう。



世界とこの地球の「いま」、

自分が「いま」「ここ」に存在する意味、

その答えとともに生きる力、

答えを生きる力を取り戻すでしょう。



この歩みは


「言葉」と「体感」を取り扱うことになります。

「体感」をともなう「感じる力」を
「言葉」の持つ力、「思考する」「洞察する」という回路につなげ、

最大限に開いていきます。

「言葉」「身体」
そして「あなた」「世界」の繋がりを取り戻します


剣と杯が結ばれることは

「女性性の開花」であり

「男性性の開花」であり

その産霊です。



「わかる」ことは「腑に落ちる」こと

「腑に落ちること」は「体得する」こと

「体得する」とは「当たり前」になること

「当たり前」にするには「繰り返す」こと

「繰り返すこと」は「無意識の再構築」であること



幼少から培われた「パターン」とは

ある日の一日に確立されたものではなく

繰り返される日常の中で培われてきたものです。

 

「理解する」には、

いくつかの段階があります。

 

「頭で分かる」(知識)

「ハートで分かる」(知覚)

「それが<行動>在り方で現れている」(行動、身体)

 

セッションや講座を受講することで

大きく変容に向かわれる方々ももちろんたくさんいらっしゃいます。

 

しかしながら

意識の深くに根差した「パターン」は

幼少期の過ごして来た環境から構築したものですので

「クセ」みたいなものです。

 

新しい生き方、関わり方のパターンを構築していくには

ある程度「お稽古」のように

「筋肉トレーニング」のように

反復して「力」にしていく必要があります。

 

学びも気付きも

日常に生かせなければパワーにはなりません。

 


 「体感を知覚する」

「感じる」

「繋げる」

「言語化する」

「相手に分かち合う」


 

これらを、

「オンライン」という現代の恩恵と

「リアリティ」の「間」を行き来し、

刻々と共振共鳴しながら

皆さんの記憶、言葉、ハート、身体、行為のすべてを

新しい道を創るように

何度も重ね歩き、

 

月の満ちるとき

欠けていくとき


その行きつ戻りつのふたつの流れの中で

体得していきましょう。


今回は1DAYのリアル開催ですので

皆さんと「場」をともにさせて頂き、

毎回、重要なテーマを中心にしながら

一期一会、

響き合う空間を大切にしたいと思います。


(プログラムは今後もオンライン、リアル開催両軸で継続的に行っていきます)

 

これまで

「AHAタロット講座」

「境界線マスターワーク」

「感情の取り扱い方」

「男は太陽 女は月」

「カウンセリング実践」

「分かち合う対話 世界との繋がり方」

などの講座を受講された方々は

それらの内容を

より深い日常的な実践の数々を重ねる機会となるでしょう。

タロットは本来

私たちの意識進化の道の歩みを記した地図として

紀元前何千年も昔からから伝えられてきた秘儀、

創造の原理です。


  • 〜このような方へ〜
  • 🌈感情をどのように扱っていいか分からない
  • 🌈パートナーとの関係性に課題がある
  • 🌈人間関係にストレスがある
  • 🌈自己表現がうまく出来ない
  • 🌈人と関わるのが苦手である
  • 🌈「考え過ぎ」て疲れる
  • 🌈洞察力、考える力を高めたい
  • 🌈内なる男性性、女性生を育てたい
  • 🌈話すことや言葉にすることが苦手
  • 🌈視座を高めたい
  • 🌈俯瞰力を付けたい
  • 🌈男性性との関わりにブロックがある
  • 🌈「知識」を「体感」に落としたい
  • 🌈行動力を付けたい
  • 🌈今という時代を生きる軸を掴みたい
  • 🌈生まれてきた意味を知りたい
  • 🌈私たちがなぜ、今ここにいるのかを知りたい
  • 🌈「次元上昇」を知りたい



  • そして、それらに関わらず、
  • すべての関係性を美しい平和に満ちたものへ
  • 新しい地球創造へ向かうあなたへ捧げます (.˘‿˘.)✨



過去の

🌈LABO①『創造空間と時間軸』(30%OFF)

https://resast.jp/stores/article/603/35629

🌈LABO②『マグダラのマリアとイエス』(30%OFF)

https://resast.jp/stores/article/603/52388

🌈LABO③『資本主義の先の視座へ〜』

https://resast.jp/stores/article/603/52390

🌈LABO④『意識進化による文明の転換点とタロットの起源』

https://resast.jp/stores/article/603/49072

🌈LABO⑤『数と次元と意識の位置』

https://resast.jp/stores/article/603/52357


これらのワークを日常生活に落とし込み、射抜いていく実践のプログラムでもあります。

過去開催されたそれらの告知ページもぜひ参考にされてください・:*:`・
 

※今回は特に、

⑤、⑥を受講されている方は割引で参加頂けるように設定しています。


聖なる果実は

男性でもなく女性でもない。


聖なる果実は

<全体なるもの>としてのみ熟す。


アニマとアニムスが

鳥の二つの翼のように

互いを支え合うとき、


エロスが解き放たれ、

ロゴスが解き放たれ、

直観が解き放たれる。


そうなったら、

あなたは大空へと

飛翔するようになり、


同時に

大地に根を下ろしてもいる。


樹は空高くそびえるために、

大地に深く

根を張らなければならない。


大地はアニマで、

空はアニムスだ。


空に向かって

高く伸びれば伸びるほど、


それと同じだけ

深く大地に

根を張ってゆかなければならない。 


Osho

私たちの身体、ハートは

常に私たちに言葉にならないメッセージを届けてくれています。

あなたにとって大切なことは

存在の深みはすべて本当は知っています。

そのメッセージに繋がるために

「身体」(知覚)、「感じる力」を使いましょう。

「脳」はごまかせても

「身体」はごまかせません。


そしてその知覚からのメッセージが

自分にとって真実だと感じるならば、

それを自分のものにしましょう。


私達は本当は誰もが目覚めゆくEmperor(王)です。


あなたの中心に全てを取り戻します。


人生を

愛を

力を

生命を


タロット21番目のカード「宇宙」

それがあなたの中に戻ってくる道です(.˘‿˘.)・:*:`・

 The Art of Human Alchemy

橋本 和泉


【橋本和泉 プロフィール】

The Art of Human Alchemy<AHA>代表

株式会社 Ayasofya CEO

リコネクション®︎サーティファイド プラクティショナー

舞五行 主宰

魂と繋がる歌の唄い方ファシリテーター

メタフローラ・プレゼンス 主宰

「運命創造」オンラインサロン 運営

***

タロット暦は9歳から。
「マインド」(風)「感情」(水)「身体」(土)「精神」(火)の4つのエレメントと、
第五のエレメント「意識」(空)を存在として結びあわせる目覚めた生へ

存在の移行を伝えるタロット学、
The Art of Human Alchemy<AHA>の創始代表を務める。
2015年、ボイジャータロット作者のJames博士と共に
国内のボイジャータロット国際認定システムを構築。
博士により「最高のクオリティである」と称された講座、その功績を持ち、
博士のサポートの元独立。
以後、更にそれまで深めてきた精神分析を始め、脳科学、エネルギー医学、
シュタイナー理論、自然科学、量子論を盛り込み、
中世の様相が深くなった「タロット」を
原初のヘルメス学の教えとしての定義に戻し、
新しい時代を生きる超古代と超未来からの教えとして
根本から再構築する。
 
「外に現れるカード」自体を答えとして見る所謂「占い」という手法を脱ぎ捨て、
その「内側に現れる反応」を扱うことで
意識を「外在」から「内在」へと帰還させることをファシリテートする。
長い人類の歴史的記憶としての普遍的「人格の元型」をタロットの中に理論化させ、
「わたしとは何者か?」を俯瞰し、
人生そのものを表した大アルカナ22の「道」を理解することは、
「過去」の記憶として積み上がった不必要な観念を取り祓うことになる。
「存在としての本当の時間」を取り戻し、
「わたし」を再定義し直す創造の場を立ち上げるサポートを行う。

3:11翌々日、東京より 九州大分の大自然の中に移住。
「4大エレメントのある暮らし」「自然界に繋がる」ことを理念に、
宿泊業やリトリートも運営する。


=受講金額について=

「価値あるものを提供する」という講師側の責任と

「受け取ることへのコミットメント」という参加される方々との

美しいクロスポイントを模索しながら、

資本主義社会の先のビジョンをみています。

美しい円環型の流れを皆さんと構築出来たらと思っています。

双方の持続可能な金額での循環がそこにあることをイメージしています。


受けたいけれども、どうしてもお支払いが難しい場合は遠慮なくご相談ください(.˘‿˘.)・:*:`・


       The Art of Human Alchemy(AHA)

                 橋本 和泉(ANU.ARMERA)




開催要項

開催日時
2022年7月31日(日)
開場 9:50
開始 10:00
終了 17:00
場所

カリヤーナ

参加費

一般参加  15,000 円

LABO2022-①と②を申し込みされている方  12,000 円

キャンセルポリシー

一般     ¥15000- (税込)

LABO2022-①と②を受講、及びお申し込みの方  12000円(税込)

※同時申し込みの方も上記金額でお申し込み頂けます・:*:`・

LABO 2022-① 動画視聴【数と次元と意識の位置】

https://resast.jp/stores/article/603/52357

LABO 2022-②【<わたし>と<あなた>の間に生み出される世界】

【博多】 

https://resast.jp/events/719002

【動画視聴】

https://resast.jp/events/719004

支払方法

ペイパル|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

定員

12 名

【残 3 席】

申込受付期間

2022/6/27(月) 18:48 ~ 2022/7/31(日) 09:50まで

主催者

橋本 和泉(ARMERA)

お問い合わせ先

橋本 和泉(ARMERA)

お問い合わせ先電話番号

09033364295

お問い合わせ先メールアドレス

info@ayasofya-awake.com

【運命を創造する】〜あなたの意識を存在の深みへと繋げ、「創造の原野」との繋がりを取り戻しすサポートをします
Award51
Expert_s

【運命を創造する】〜あなたの意識を存在の深みへと繋げ、「創造の原野」との繋がりを取り戻しすサポートをします

*株式会社Ayasofya 代表取締役
*The Art of Human Alchemy創始代表
*舞五行 主宰 
*魂と繋がる歌の唄い方®︎ファシリテーター
*奉納舞・ダンス・歌い手
*「ハトホルの書」Tom Kenyon認定サウンドヒーラー
*FESフラワーエッセンスプラクティショナー
*ブルース・モーエン「死後探索・リトリーバル」修了 タロット暦は9歳から。
「マインド」「感情」「身体」「精神」の4つのフェーズを統合して生きるプロセスを伝える団体、The Art of Human Alchemy<AHA>の創始代表を務める。
カウンセリング実績は5000人、講座受講者も1000人を超える。
タロットカードを、深層心理学、シュタイナー理論、哲学、脳科学、自然科学、量子力学などを結びつける古代人からの教えと紐解き、「占い」という手法を完全に脱ぎ捨て、
「外側」と「内側」「過去」と「未来」、「潜在意識」と「顕在意識」を反転させるための触媒として扱い、「現実創造の因を創造している時空間認識の鏡」として、クライアントの「意識」に潜在意識の立ち上げを促す。

講座のみならずあらゆるセッションにもエネルギーワーカーとして体得した量子論的手法をベースに取り入れ、あらゆるメソッドを使いながら、その人を縛る「観念」や「不必要なパターン」を崩壊させ、パターンの奥に眠っている潜在意識に存在する「創造の原野」の繋がりをサポートする。

東北での震災3:11翌々日、東京より 九州大分の大自然の中に移住。
「自然界に繋がる」ことを理念に4大エレメントと共に生活をし、農的宿泊業やリトリートも運営、身心の調和の場を提供する。