Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
Tzuh_vzf
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents_no Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice_aa
 
 
湯浅 裕子さんへの推薦/応援メッセージを投稿してください。
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
アニマルレイキ®協会認定プラクティショナー

湯浅 裕子

Mission
免疫力を上げることで、病気になりにくい健康な体、薬に頼らず治癒効果を高める、しかも飼い主さんの手で行えるアニマルレイキ🄬を広め、飼い主さんとペットの幸せな暮らしを強力サポートします!

アニマルレイキ®プラクティショナー
直傳靈氣療法士
ペット食育士1級
猫飼歴22年
現在猫8匹と暮らす

大事に大事に飼い始めた猫達。上質のキャットフードを与え、毎年のワクチン接種はマスト、異変があればすぐ病院へ。獣医師の指示には忠実に従う飼い主でした。それが理想の飼い主だと信じていました。

なのにほぼ同じ時期に大事な猫達が次々と慢性腎不全と診断され大ショック!

そこで初めて動物病院では病気を防ぐ具体的な方法を指導してくれていないことに気づき、大事な猫達の健康管理を病院任せにしていたことを猛反省、

そこからペットの食事、飼い主ができるヒーリング、生活環境など、猫達の健康に関係すると直感したものを学び、生活に取り入れ実践してきました。

結果、余命宣告された愛猫が8倍長生きし、猫達のためにと見直した生活が飼い主である私にも持病が治るという奇跡的な効果をもたらしてくれました。
また金銭的な幸運体験も増え、望みが叶う引き寄せ体質になったことも感じています。

一方で、私の周りでは、飼っているペットが病気になり相談を受けることもありました。アニマルレイキを勧めても、動物病院で行っている西洋医療への信頼が強く結局投薬しながら亡くなっていき、飼い主は「もっと早く気づいてあげられたら」とか「自分の選択が寿命を縮めたのではないか」と後悔、ペットロスになる人が少なからずいました。

いずれお別れの時は来るのですが、アニマルレイキをしながら看取るとペットは苦しまずに眠るように息を引き取りますし、飼い主も納得のいくお別れができます。そうすると感謝の気持ちしかわかず、ペットロスにはなりません。
ペットが亡くなった後も「あの子と暮らせて幸せだった」と幸福感を感じます。

このような素晴らしい効果をたくさんもたらしてくれるアニマルレイキを広く多くの飼い主さんに知ってほしいと思い、ティーチャーとして活動しようと決めました。

これまで学んできた健康な猫に育てる技と知識を今必要としている飼い主さんにお伝えし、健康長寿な猫さんと暮らす幸せ、ずっと先の将来に愛猫が亡くなった後も幸せを感じていられるな飼い主さんを増やしていきたいと思っています。

子猫から最期の看取りまで愛猫の一生を見届けた経験があるからこそお伝えできることがあります。

====================================
ペット食育、AAFCO基準の手作り食を学ぶ。
エリザベス・ワイター氏よりペットヒーリング、アニマルコミュニケーションを学ぶ。
創始者の獣医師福井利惠氏よりアニマルレイキ🄬と直傳霊氣を学ぶ。
ペット版鏡の法則、場の健康学、波動調整療法を学ぶ。

====================================

特定商取引法に基づく表記
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock