Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact_no Menu_5voice_aa
 
 
高野まゆきさんへの推薦/応援メッセージを投稿してください。
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional
親勉チビーズインストラクター

高野まゆき

Mission
イヤイヤ期の子育てが愉快で楽になる、嬉しい気付きと新しい視点を与えたい!
Senmon

親勉チビーズ 幼児教育 モンテッソーリ 親勉 イヤイヤ期

保育士
親勉チビーズインストラクター
ピアヘルパー
児童厚生二級指導員
レクリエーションインストラクター
ホームリトミックティーチャー
はじめまして。
親勉チビーズ協会
インストラクター
保育士・高野まゆきと申します。

私は現在埼玉県飯能市という、
山や川にかこまれた自然豊かな場所で暮らしています。
子どもは3歳の男の子と2歳の女の子。年子のお母さん。

毎日バタバタですが、
最近やっと楽になったなぁと感じる瞬間が増えてきました。


もともと保育士として
延べ1000名以上の親子さまと携わってきたので
子どもの発達についての知識はある程度持っていました。
が、それはあくまで保育園という
「子どもが集団生活するための環境が整った場所」
での経験だということに気付かされたんです。


いざわが子を育ててみると、

日常生活には、危ないと思う瞬間がありふれていて、
保育士の経験は、家庭でのわが子の子育てには
特化していないことを痛感しました。

危ないものでも、
「気になる!触りたい!」というのが子ども心。


そんな好奇心と安全性との付き合い方が分からなくなり、
だめよと注意することが増えました。

更に、うちは年子だったので、
その時その時で求める遊びが全く違う2人。


でも、
お母さんは、いつだってひとり。


ここで、わたしの場合は

いわゆるパンクをしてしまった時期がありました。
怖い言葉でいうと
「育児ノイローゼ」だったのかなと思います。

B_facebook
B_ameba
Copyright (c) 2010-2019 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock