Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 

特定商取引法に基づく表記

代金の支払い方法銀行振込、クレジットカード
なお、銀行振込の場合の送金手数料はお客様負担とさせていただきます。
代金の支払い時期クレジットカード:各カード会社引き落とし日
銀行振込:注文後3日以内
返品に関わる条件(キャンセルポリシー)お客様の御都合によりキャンセルをされる場合は、いかなる場合もできませんのでご了承ください。なお、弊社都合その他によりキャンセルとなる場合は、ご返金に必要な手数料を差し引いて金額を返金させていただきます。
事業者名商(氏名)松山 繁博
事業責任者松山 繁博
営業時間・問合せ受付時間・休業日〒157-0066
東京都世田谷区成城9-5-16
080-4632-6453
matsuyama711*gmail.com ※*を@に変えてください。
問い合わせ:メールにてお願いします。
休日:不定期
不良品・破損時の対応情報という商品特性上、送料は発生しませんが、商品によって送料が発生する場合は、都度明記させていただきます。
情報という商品特性上、基本的には返品・返金はお受けしませんが、販売ページに返金保証等が付く場合はそちらを優先します。データが壊れている等、商品に欠陥がある場合は送料は弊社負担で交換させていただきます。
 
 
 
 
Profile
ビジネス心理の専門家

松山繁博

Mission
日本のビジネスマンのメンタルを強くして、ビジネスの現場を明るく楽しいものにする
Senmon
EQ メンタル メンタルマネージメント EQメンタル

一般社団法人 日本メンタルマネージメント協会 代表理事
日本メンタルマネージメント協会認定 マスター講師
EQメンタルトレーナー
ビジネス心理の専門家
1966年鳥取県生まれ
慶応義塾大学理工学部卒 認めたくないでしょうが、パワハラをされてメンタルがやられる側にも問題があるのです

一般的には、いじめる、パワハラをする側に問題があり、
いじめられる、パワハラを受ける側には問題がない、と考えられていますが、
私からすると、いじめられる、パワハラを受ける側にも問題はあるのです。

かという私も、小学生の時、同じクラスの友達から、いじめに合い、登校拒否になった他、社会人になってからも2度もパワハラにあい、うつになってしまいました。
2度目のうつの時は、さすがに、自分がうつになりやすい体質なのではないか、と思うようになり、それからと言うもの、数多くの自己啓発、心理学の講座を学び、薬に頼ることなく、自力でうつを回復させたばかりか、回復させた後も、メンタルのトレーニングを続け、その結果、強いプレッシャーを受けても、うつを発症しない、言い換えれば、うつを再発しない体質になることができました。

このように、うつ体質から脱却した私でしたが、うつ体質から脱却した直後は、私にいじめをした「いじめっ子」を相変わらず恨んでいましたし、私をうつにした「パワハラを仕掛けた上司」も恨んでいました。

しかし、うつを再発しない体質を実感してしばらくしてから、自分の部下が2人、うつになったのですが、その2人と過去の自分を照らし合わせると、今までの人生で、自分が「いじめられた」のには訳がある、「パワハラを受けた」のにも訳がある、つまり、自分にも理由があったことがわかってきました。

具体的には、3人に共通していたことは、そこそこ仕事はできるものの、「プライドが高く、嫌味な奴」ということでした。本人は全くそう思っていなかったと思いますが、多くの仕事を抱える一方で、周囲を非難することで孤立してしまい、結局は自分を苦しめ、うつになってしまうのです。

そこで、それからというもの、折角能力はあるのに、プレッシャーを感じて、仕事を上手く回せない、と悩んでいる、つまり、自分では気づかないものの、プライドが高くて、人から上手くつかってもらえないことで苦しんでいる人に、メンタルを強くして、皆と楽しく仕事ができるようになる、メンタルのトレーニングを提供しています。

このトレーニングを通して、自分で自分のメンタリティを高い状態に維持できる、セルフメンタルマネージメントができるようになることで、メンタルが強くなり、どんな状態でもへこたれないばかりか、より高度な・複雑な仕事を、皆と一緒に、楽しみながらできるようになります。

しかし、私は、仕事ができるようになることに主眼を置くのではなく、「プライドの高い」自分を認め、その裏に隠された「弱い自分」を認めて、素直な自分を出しながら生きたい、と思った方を応援しようと思っています。

言い換えれば、いじめられた人、パワハラを受けた経験のある人には、いじめっ子やパワハラを仕掛けてくる人を恨んだり、そういう人から逃げるような生き方をするのではなく、そういう経験から、自分の弱さを知った上で、さっさと自分のメンタルを変えて、新しい人生を切り拓いていくような生き方をしていただきたいと思っているのです。

私のこの考えに賛同し、「プライドの高い自分」と決別し、弱い自分を出しつつ、結果的に自分のメンタルを強くすることで、素の自分を出して、自分らしく生き生き生きていきたい、と思っている方とご縁が持てれば、と思っています。

どうぞよろしくお願いします。

  matsuyama711
B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock