Top_1
Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 

中学で原因不明の不登校に。起立性調節障害だった息子と私の6年間

 

こんにちは。いずみさなえです。

 

 

 

 

息子が学校に行けなくなったのは、

中学に入学して間もなくのことでした。

 

我が子が学校に行けなくなるなんて

思いもよらないできごとでした。

 

 

その頃の私は

どうしたら息子が

また学校に通えるようになるのか、

そればかりを考えていました。

 

それが息子にとっての

幸せだと信じていたのです。

 

でも、あることがきっかけとなり

私の視点は

くるりと変わることになります。

 

 

 

その後、息子には

「起立性調節障害」という

診断がつきました。

 

原因がわかったことは

よかったのですが、

この病気には

根本的な治療法がないのです。

 

体調が快復するまで

ただ待つしかない。

 

そしてそれは

何年かかるかわからない。

 

 

家にいる息子の前では

泣くことができず、

かといって

外でも泣けず。

 

表向きは平気な顔をしていても

心の中はいっぱいいっぱい。

 

ちょっと突いたら

あっという間に崩れてしまいそうな

精神状態でした。

 

 

不登校のことを

ブログで書きはじめたのは

息子が学校に行けなくなってから

5か月が経った頃でした。

 

私の発信が

学校にいけないお子さんや親御さんに

何かお役に立てれば…

という思いからでした。

 

同時に、

言葉にすることで

自分の心の整理にも

なっていたのだと思います。

 

 

 

 

あれから6年が経ち、

元気を取り戻した息子は

家を離れ東京で大学生活を送っています。

 

私もブログに不登校の話を書くことは

少なくなりました。

 

 

ところが今も

「不登校」や「起立性調節障害」で検索してか

私のブログを訪れてくださる方が

いらっしゃるのです。

 

何年も前の記事に

「気持ちが救われました」と

メッセージをくださいます。

 

 

私たちが味わってきたあの日々に

今から向き合っていく方々が

いらっしゃるという現実。

 

そして、この先もきっと

そんな方々がたくさん

出てこられるのでしょう。

 

 

その方々の苦しみを

目の当たりにしたとき、

私と息子の体験した

6年間の記録をまとめて

お届けしようと考えるようになりました。

 

私と息子が

どんな毎日を送ってきたのかを

シェアすることで、

ほっと一息ついてもらえることも

あるのではないかと考えました。

 

 

当時のブログからの抜粋ですので

重複する部分や

読みにくいところもあると思いますが、

ありのままの記録として

お読みいただけると幸いです。

 

 

我が家のエピソードは

不登校のほんの一例でしかありません。

 

でも、確かに重ねてきた

現実の日々の姿です。

 

6年間の日々を

18回のメールにまとめて

お届けします。

 

学校に行けなくて

悩んでいる方々に

ほんの少しでも

希望がとどけられたなら、

 

こんなに嬉しいことはありません。

 

 


 

【本登録までの流れ】

登録まではわずか30秒。

 

以下のフォームに【お名前】と【メールアドレス】をご入力ください。

読者登録したら確認のメールが届きます。

メール内の登録完了リンクをクリックしてください。

登録完了! (確認メールはすぐに届きます。)

 

 

5分経っても確認メールが届かない場合は、   

 メールアドレスが間違っているか   

 迷惑メールフォルダに入っている可能性があります。

 

 

携帯電話のアドレスでご登録くださる方へ

 「PCメール受信拒否設定」になっていると確認メールが届きません。

 受信拒否設定を解除していただくか

 sanae123.com からのメールを受信できる設定にしてください。

  

  

※お名前はご本名フルネームで必ず記入下さい。

 『あ あ』など、本名を入れない方がいます。

 その場合はこちら側で削除いたします。

 悪しからずご了承ください。

お名前
姓) Must
名) Must
メールアドレス Must
お住まいの地域
ご紹介者
メールの受信方法
 パソコン、スマートフォン
 docomo,ezweb,ガラケーの方はこちら(テキスト形式)を選択してください。
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
このメルマガはリザーブストック 有償版 を使っています。
リザーブストックはいずみさなえ様よりご招待いただくことで無料でご利用いただけます。(有料版有り) ご利用希望の方はinfo@sanae123.com宛てに利用希望の旨ご連絡ください。
 
 
 
 
Profile
Professional
ひらめくカード創始者

いずみさなえ

Mission
「わたし」を生きる仲間を増やし、「わたし」のままで響きあう世界を作る

深層心理と対話するオリジナルツール「ひらめくカード」の創始者。深層心理の仕組みを使って、未来の「わたし」に会いにいくセッションや講座を提供。
これまで教育業界で研修講師として延べ2000名の研修指導にも携わり、CTIジャパンにてコーチング、BDIバイオダイナミックス研究所にてNLPを学び、個人へのセッションも提供し続けている。

過去、息子が中学入学直後に原因不明の不登校に。「起立性調節障害」の診断がつき、ゆったり見守る覚悟を迫られる。今までの学びをもとに、自分の状態を立て直そうともがき続けた。ある時、一枚のタロットカードから自分の深層心理のメッセージに気づき、状況は変わらないながらも「大丈夫」という安心感に満たされる経験をする。

それをきっかけに、学校に行けなかった息子の3年間をゆったりと見守ることができるようになり、その後息子の人生もどんどん好転していく。
感謝の気持ちからはじまるプラスの循環を体験するとともに、深層心理のメッセージに耳を傾けることの大切さを知る。

現在のクライアントに対して「大丈夫」というところにゆるぎなく立ち、相手に寄り添う礎がしっかりと据えられているのは、この経験によるもの。多くの方が安心感を感じて人生を変容している。

現在は、深層心理のメッセージに耳を傾けることの大切さを伝え、「わたし」を生きる仲間を増やしていくことを中心に活動中。

プライベートでは中学から大学まで青春のすべてを捧げた吹奏楽をこよなく愛し、今も打楽器奏者として、吹奏楽団やオーケストラのステージに立つ機会をもつ。マリンバとピアノのユニット「ぽぽんた」としても活動中。

  sanae123.com
B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック
運営会社概要