Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents_aa Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
気弱な人のコミュニティ作りは話し方教室から始めよう
コンテンツタイプ ステップメール Tourokua
読者数 非公開
発刊開始2019/8/14
上級プレゼンターを目指せ!
コンテンツタイプ メールマガジン Tourokua
読者数 非公開
発刊開始2018/7/11
 
 
 
 
Profile
Professional
代表

吉本精樹

Mission
話し/聴き上手教育を通して人と緩やかに繋がりあえる社会作りに貢献したい。
Senmon

スピーチ/プレゼンテーション/講演/話し方/コミュニティ/

生涯学習財団認定コーチ
上智人間学会会員
一般社団法人ストーリーテリング協会代表
★プレゼン/話し方講義実績 個人指導1700名以上
★企業教育実績  日本オラクル 肥後銀行 昭和産業 モリタ 富士通 NEC 
 太平洋セメント NTT西日本 九州電力 野原産業 その他 多数略 ★中学から英語の学習が大好きで得意。同じく漢文も大好きで得意。
英語は教科書を丸々、暗記すれば試験は簡単だと気付き、高校では4月に先生から教科書をもらうと、その日から2日か3日で全部読んでいた。だから普段の授業はチョー暇。そして試験勉強はゼロ。テストは常に満点か98点くらい。漢文も教科書を丸暗記。そして声を出して読むこと、暗唱することで内容も理解できるように。
★言葉や言語学に関心が有ったので大学も、その手の方向へ進学。今も企業研修は時々、英語や漢文利用のワークショップを行っている。
★話し方教室では生徒さんのスピーチは10分前後までは一度、聞いたら直ぐに憶える、いわゆる丸暗記でレコーダー状態。この特技を活かして、スピーチ、プレゼンテーション、講演や卓話の改良ポイントが直感的に分かり、直ぐに修正できるので生徒さんは大喜び。
★英語と漢文が好きだったので、それに連れて語彙力が高い。高校では日本の漢字を調べるのに英語の辞書を使った。例えば「曖昧」という感じを調べる時は、先ず英語で「vague」を英訳辞書で引いて、その訳の「曖昧」を調べた。
現在、語彙力を測るテストは数種類ある。いずれも日本人全体の中で私の語彙力はトップ0,1%以内をキープ。語彙を豊富に知っていることで生徒さんのスピーチや講演の言葉や言い回しを、自在に言い換えることが出来る。この点は、未だパソコンでは難しい点でもあり喜ばれている。
★専門のストーリーの手法は一瞬にして相手を自分の土俵に招き入れ、主張や想いを総括的に聞き手の脳裏に描き、行動を促す画期的なコミュニケーション技法。今後は教育現場からビジネスシーンに至るまで不可欠なスキル。いま一般社団法人ストーリーテリング協会の理事を務めながら普及に力を注ぐ。
★言葉に愛情と工夫を込めれば、周囲が変わる..

  yoshimotoseiki
B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock