Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
194885018_200576648474497_6251925440798452918_n
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents_aa Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
 
 
 
 
Profile
尊重マネジメントコーチ

小林 博昭

Senmon
教育 受験 コーチング 人材育成

~枠にはめるのではなく、その人自身からわき出る「想い」を大切に~

尊重マネジメントコーチ
学習・受験アドバイザー

大学卒業後、子どもたちの輝いている姿に惹かれ、銀行やコンサルティング会社の内定を蹴り、学習塾に就職。

学習塾では、常に生徒たちとコミュニケーションを大切にする姿勢をもち、学習塾アンケート結果No.1をとる。子どもが自分の気持ちに近い進路を選び、そして結果を出すためのサポートに全力を注ぐ。
小規模塾から大規模塾、中学受験から大学受験と幅広い層の指導経験をもつ。
~枠にはめるのではなく、その人自身からわき出る「想い」を大切に~

尊重マネジメントコーチ
学習・受験アドバイザー

大学卒業後、子どもたちの輝いている姿に惹かれ、銀行やコンサルティング会社の内定を蹴り、学習塾に就職。

学習塾では、常に生徒たちとコミュニケーションを大切にする姿勢をもち、学習塾アンケート結果No.1をとる。子どもが自分の気持ちに近い進路を選び、そして結果を出すためのサポートに全力を注ぐ。
小規模塾から大規模塾、中学受験から大学受験と幅広い層の指導経験をもつ。

活躍のフィールドは、塾だけにとどまらず学校教育の場にも進出。
学校では、新規コースの立ち上げに参加し、新規イベントや独自の進路指導を実践。
進路指導では、その生徒の本当に希望する進路を引き出すためにコミュニケーションを中心にした独特な指導を行い、その実現のために力を注ぐ。
その結果、1クラスから国公立大学合格、国家公務員試験合格、プロのウェイクボーダーが出るなど、本人の望む多彩な進路を実現。

現在は、受験指導を行う傍ら、小規模塾経営者向けのセミナー、個人セッションを行っている。

生徒、保護者やクライアントからは
「とても親身になって話をきいてくれ、とても話やすい」
「他人との間にあまり壁がないように見える」
「他人の言動への受け答えが柔軟」
という声が多い。

ミッションは、お互いを尊重できるコミュニケーションを教育界や社会に広げ、日本の教育のスタイルを変えていくこと。

好きな言葉は「できない理由を探すより、やるための方法をみつけよう!」
愛読書は、高橋歩さんの「FREEDOM」
道を歩いていると、道順を聞かれたり、写真を撮って欲しいとカメラを渡されたり、仲間から「理系に見えない」と言われる理系(専門は数学・理科)。
2児の父親で、子育てに奮闘中!


その後、さらに活躍のフィールドを広げるため、学校教育の場にも進出。
学校では、新規コースの立ち上げに参加し、新規イベントや独自の進路指導を実践。

進路指導においては、その生徒の本当に希望する進路を引き出すためにコーチングをベースにした小林式オリジナル指導法【尊重マネジメント】で、その実現のために力を注ぐ。
その結果、1クラスから国公立大学合格、国家公務員試験合格、プロのウェイクボーダーが出るなど、本人の望む多彩な進路を実現。

現在は、尊重マネジメントによる受験指導を行う傍ら、小規模塾向けの紹介集客に尊重マネジメントを応用したKOMマーケティング(チラシやサイトに頼らない紹介マーケティング。KOM:Key of mind)の手法を使い、小規模塾経営者向けのセミナー、個人セッションを行っている。

生徒、保護者やクライアントからは
「とても親身になって話をきいてくれ、とても話やすい」
「他人との間にあまり壁がないように見える」
「他人の言動への受け答えが柔軟」
「尊重マネジメントを取り入れることで塾生の満足度が上がった」
「紹介マーケティングにより広告費の削減が出来た」
という声が多い。

ミッションは、お互いを尊重できるコミュニケーションを教育界や社会に広げ、日本の教育のスタイルを変えていくこと。
また、komマーケティングで10年後には100社の塾の集客スタイルを変えていくこと。

好きな言葉は「できない理由を探すより、やるための方法をみつけよう!」
愛読書は、高橋歩さんの「FREEDOM」
道を歩いていると、道順を聞かれたり、写真を撮って欲しいとカメラを渡されたり、仲間から「理系に見えない」と言われる理系(専門は数学・理科)。2児の父親。

**********************************
【補足】
 尊重マネジメントとは。
 尊重するコミュニケーションとは、相手や自分を型にはめるのではなく、自分や相手の中から湧き出るものを大切にする関わり方。
 こちらの想いや考えを一方的に伝えたり押しつけたりするコミュニケーションではなく、相手の考えや悩み、やりたいことなどを尊重することで信頼関係をつくり、その上でこちらの想いを理解し納得してもらう形のコミュニケーションを構築していくこと、また、それをマーケティングや教育活動などに応用していくことを「尊重マネジメント」と呼んでいます。

B_facebook
B_ameba
B_twitter
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock