Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents_aa Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
 
 
 
 
Profile
Professional
やましたひでこ公認断捨離🄬チーフトレーナー

古澤 貴子

Mission
失ってはじめて気づくことがあります。その一つが健康です。だから今、伝えます「からだの断捨離」
Senmon
断捨離、発達障害、栄養療法

JAL客室乗員部退社後、1989年末期癌の父と「ゲルソン療法(癌の食事療法)」に取り組むため渡米。

米国滞在中、ロジャーウイリアムス博士の提唱する「分子栄養学」を学ぶ。
実際に食事療法で寛解してゆく父や患者さんを目の当たりにし、食の重要性を認識。
博士の書籍の最後に「良い栄養とその可能性全部について、今、熱心に世界中に広めることを希望します」と記されたメッセージに突き動かされ、帰国後は栄養コンサルタントとして学校を始め、津々浦々、栄養の大切さを伝える講演活動・啓蒙活動を熱心に行う。

同時に、約5年間約2000名の患者さんの栄養サポートをボランティアで行ったことで、病気の回復には、栄養だけではなく、心理的なサポートが不可欠だということを知り、癌の心理療法「サイモントン療法」に取り組む。

多くの患者さんを救ってきたこのプログラムを、日本で行うことを決め、1997年、提唱者O・カールサイモントン博士(通訳として川畑のぶこさん)を日本に招聘し、「サイモントン療法」のスタートを切る。

2002年~2013年パートナーの医師とクリニックを開設し、デトックス療法、食事療法、サイモントン療法など、基本的に薬だけに依存しない統合医療に取り組む。後に発達障害の治療に関わることになったのも、そこから。

そして、人生を変えた「断捨離」との出会いは2010年頃。

が、それから・・・

断捨離トレーナーになることを決心した直後、パートナーの女性問題に巻き込まれ、多額の借金を背負わされたまま、奇しくも断捨離される(笑)

なんて報われない不幸な人生・・・と思いきや、
そのお陰で、やっと自分軸の人生を取り戻す..

B_facebook
B_ameba
B_homepage
Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 06
Powered by reservestock