Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents_aa Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
 
 
 
 
Profile
Professional
マインドフルネスサロンいまここSpece代表 あり..

ありむら としこ

Mission
自分を大切に自分を幸せにそして今を感じ毎日を穏やかで心地よく生きていくことを支援します
Senmon
看護師 人材育成 ストレス マインドフルネス 瞑想 幸福度

マインドフルネス講師
マインドフルネスインストラクター
マインドフルネスサロン いまここSpece 代表
看護師
元認定看護管理者
介護支援専門員
ホリスティックケアナース
ありむらとしこの「ナース塾」 代表 塾長 コロナ禍で医療業界をはじめ一般の方々にもマインドフルネスの必要性を伝える活動を行っています。

「マインドフルネスサロンいまここSpece」は、マインドフルな心で今を感じる自分に気づき、毎日を心地よく穏やかに幸せに生きていくことをテーマに活動を行っています。
看護師の視点で日常生活にマインドフルネスを取り入れることで、心と身体を整え健康を取り戻し自分を大切に自分を愛し自分を可愛がり自分が幸せになるお手伝いをしています。

きっかけは看護師として働く自分に「幸せ」を感じられなかったこと。
なぜなら「いつも相手の為に我慢している自分」がいて、まして厳しい労働環境や人間関係で強いストレスを感じ心と身体のバランスを崩してしまったことです。

マインドフルネスを生活に取り入れることで「相手の為、何かのために我慢する」のではなく「自分が幸せに楽しく生活する」ことを優先して整えることが自分への思いやりであることを理解できました。そしてそれが本来の相手への思いやりや感謝の気持ちが芽生え、自分が幸せだと感じる瞬間にたどり着くことができるということに気付かされたのです。

医療業界だけでなく、現代人のヘルスケアを考えると情報過多の現代社会、脳が情報処理するにはキャパオーバーともいわれストレスを招き人々は疲れ切っています。ネガティブな感情や思考が必要以上に不安を増し気持ちばかりが先走り自分の身体を引きずりながらでもとにかく仕事をこなしているというのが今の働き方ですね。
これからの時代は自分の心と身体を守るということも視野に入れながら生活する必要があると感じています。

少しだけ自分の心と身体を休ませる時間、
人として本来感じるべきことを取り戻す時間、
頭で考えるから自分の心と身体にシフトする時間

マインドフルネスを通してそんな時間を作る事で本当の自分に戻り本当の自分を感じられる、心地よく穏やかな幸せを感じられることをお伝えするのが私の役割です。

B_facebook
B_ameba
B_twitter
特定商取引法に基づく表記
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 06
Powered by reservestock