Top_1
Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents_aa Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 

58360_gi01a201503011500

狭間和恵メールマガジン~野性児的人生の歩き方~
コンテンツタイプ メールマガジン Tourokua
累計読者数 非公開
発刊開始2016/8/13
 
 
 
 
Profile
Professional

狭間和恵

Mission
私にできる事を最大限に提供する事
Senmon

売上 生き方 人生

【対面での交渉実績30.000件以上の私が貴女と言う個人を解明します!】
埼玉県出身 昭和44年生まれ

〝人生を創造する″をテーマに、数秘術・強みを見出すことを軸にして、セッションを行う。


幼少期より人間観察をしていることが多く、花の蜜を吸ったり板塀の節を抜いたり、雲を見て想像の世界を膨らませるなど、自然を相手にした一人遊びが好きだった。
22歳の時に突然の事故で弟を亡くし、自由に自分を生きることを決意。


金融業からアポイント営業へ転職し、入社4か月目には2位に倍の差をつけ社内トップの成績を収め、20代で人材育成なども行う営業課長になる。
その後、フリーランスで映画界へ転身。
東宝映画・ハリウッド映画など、100を超える作品にかかわり、大勢のスタッフや現場の協力先との交渉や全体のまとめ、現場管理など、映画界の現場責任者として活躍する。

作品ごとに入れ替わるスタッフキャストは毎回100人を優に超え、自然環境に左右される現場では、嫌でも決断を迫られる場面、自分の限界に何度も直面し、「死ぬこと以外はかすり傷」という感覚を得る。

これまでの経験を振り返れば、総じて、人と対面し交渉する、事をしており、その実績は30,000件を超える。


多くの人と接する環境の中で、目の前の問題が全く別のところから解決していくことや、問題としていることの奥に、本当の望みが隠れていることが多い事に気が付き、これまでの経験を活かして「生きたい人生を自分で創造する」その手助けとなるセッションを行うようになる。


口癖は「人間は動物である」
もともと備わっている生きる..

B_facebook
B_ameba
B_homepage
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock