Top_1
Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
徳永光彦さんは、リザーブストックを使っています。
リザーブストックは徳永光彦様よりご招待いただくことで無料でご利用いただけます。(有料版有り) ご利用希望の方はtokunaga.since1977@gmail.com宛てに利用希望の旨ご連絡ください。
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents_no Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
徳永光彦さんのお客様の声
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
この予約フォームは個人予約受付サービス,リザーブストック 無料利用版 を使っています。
リザーブストックは徳永光彦様よりご招待いただくことで無料でご利用いただけます。(有料版有り) ご利用希望の方はtokunaga.since1977@gmail.com宛てに利用希望の旨ご連絡ください。
 
 
 
 
Profile
メンタル勇気づけコーチ

徳永光彦

Mission
「勇気をくじかれたヒーローたち」に勇気を取り戻す
Senmon

福山市 アドラー コーチング

『勇気くじきの社会をなくしたい』
私の挑戦

アドラーの言葉
「人の心理は物理学とは違う。問題の原因を指摘しても、勇気を奪うだけ。
解決法と可能性に集中すべきだ」

職場でも、家庭でも、問題が起きたとき「原因分析」をしっかりやっていませんか?
「誰がやったんだ?」「なんでこうなったんだ?」「問題が起きた原因は何か?」
TVのワイドショーまでもが、「なぜ?」「なぜ?」「なぜ?」と問い、原因分析をする。
それを見て洗脳された親までもが、子供に対して「なぜ?」と繰り返す。


この『原因志向(原因は何か?)』が蔓延する現代…実は、これが今日本が患っている慢性的な病気のように私は思えます。原因究明の名の下に、ミスや失敗を二度と繰り返さないようにという『善なる目的』。親や、先生、会社の上司たちは、それを「よかれ」と思って行っています。
この原因分析が相手にとっては、思わぬ「勇気くじき」を引き起こしていることに気づいている人は少ないでしょう。

問題の原因を分析し、適切な対策を取る。これは、物理学の発想です。工場でモノを造る際には、とても有効的な考え方ですが、それを人間に応用してはいけないと思うのです。

原因究明のなぜ?は、子供や部下にとって「ダメ出し」にしか見えず、相手は「勇気をくじかれ」て建設的に生きる勇気を失ってしまいます。

そして、勇気をくじかれた相手は、困難に挑戦することなく諦めて、課題から逃げ出すようになってしまうのです。 
『勇気をくじかれた人を、これ以上増やしたくない』これが、私がアドラー心理学を学び「勇気づけをしよう」と思った原点です。

  080-1922-7402
  mi-lifecoach
B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
コース名
価格
提供時間
説明
価格
説明
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック
運営会社概要 ご利用約款