Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
PR
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact_aa Menu_5voice
 
 
18_ogy0ymniyjq4zgrin
キャッチメッセージ
なぜこのサービスをしようと思いましたか?
どのような使命感でこのサービスをしますか?


色を変えたい場合は ツール の ソースコードを変更することで変えられます

枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。



春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。




キャッチメッセージ2
対象者。このような方は是非。



春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。


誰をどのように幸せにしたいですか?
目指すとことは何ですか?


枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。

春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。


見出しのメッセージ
このランディングページをごらんの方へメッセージ






春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。


このサービスの特徴
  • 特徴1

  • 特徴2



  • 特徴3
  • 特徴4
 
このサービスの流れ
  • 1 サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列
  • 2 ンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サ
  • 3 プル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サン
  • 4 ル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプ
注意事項
  • 1 サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列
  • 2 ンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サ
  • 3 プル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サン
  • 4 ル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプ
最後にひとこと








色を変えたい場合は ツール の ソースコードを変更することで変えられます

枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。

春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。






春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





Facebookアカウントをお持ちの方
お名前
姓)
名)
メールアドレス
メールアドレス(確認)
お問い合わせ内容
 
 
 
 
のほほん暮らし研究所所長

うっちー

Mission
たくさんの小さな自由を取り戻し、自分の力で人生を創造する。
Senmon
家族関係からの自立 自分の居場所づくり 無理しない暮らし

子供のころから自分の居場所に違和感覚えて、実家を離れたいと思いつつもなかなか踏ん切りがつかず、数十年。やっと離れることができたと思ったら、メンタルやられて逆戻り。
そんな私が残りの人生を計ったとき、今離れないともう一生自分の人生を手に入れられないと思い、再度実家からの脱出を果たす。

いつまでも生まれ育った家庭から離れられず、自分の人生が始まらない。
今の居場所に違和感覚えながら、我慢を重ねることが当たり前になって自分をあきらめている。
仕事も人付き合いもうまくいかず、うまくいかないことをいつまでも環境のせいにし続ける。

そんな過去の自分にサヨナラして、40代半ばで新しい人生を始めたばかり。

これまでに蓄積された感情から育まれた価値観は、これまでの自分を守ってきてくれたものにすぎず
もう手放す時が来ていることに、まず気づくこと。

うまくいかない日常の習慣を見つめなおし、自分に合ったものに変えていく。

それから踏み出した新しい世界はきっと、今まで出会ったことのない人たちに囲まれ
見慣れた景色が新鮮に映っていると思う。

私も含めて、そんな人たちがたくさん増えてくれれば、世の中きっと変わってくるはず。







B_ameba
B_twitter
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 06
Powered by reservestock