Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact_aa Menu_5conclusion
 
 

【面接回答ヒント】  自己PR


面接において確認したいことは3つあります。

 

確認の順番は・・・

①「情熱」を確認し、

②「相性」が確認終わると

③「能力」の確認になります。

 

「情熱」とは、

「なぜその仕事をやりたいのか?」

「志」の確認です。

これが無ければ、多くの壁を乗り越えて

成果を出すことはできません。

志望動機の作り方

 

「相性」とは、

同じ「志」を持つ同志であるか?

情熱と重なりますが、同じ「志」を持っていれば

相性よく仕事を進めることができます。

相性 

「能力」とは

・あなたを採用しなければいけない理由

・あなたを採用するメリット

内定

 

「〇〇〇として活躍する能力を持っている」

とアピールするのが自己PRです。

しかし、トンチンカンなアピールしていたら、ダメですよね。

<<例>>

「私の極真空手で身につけた強靭な精神力が保育士として園児の育成に活かせると思います。」

 どうですか?

面接官は心の中でこう思いますね!

「おいおい、園児育成にそもそも強靭な精神力必要か?」

 

<<例>>

「私の強みである思いやりが警察官として検挙に活かせると思います。」

どうですか?

面接官は心の中でこう思いますね!

「おいおい、検挙に思いやりって・・まさか犯人に思いやりを出すわけじゃ・・」

 

つまり

自己PR=他の受験者と差別化できるもの

「あなたを採用しなければいけない理由」です。

 

ここで理解しなければいけないのは、コンピテンシー

優秀な人物の「資質」

優秀な人物の「能力」

ここから、自分の持っている差罰化できるものを抽出し、アピールしていきましょう。

 

難しいのは

①警視庁で求める人材と滋賀県警で求める人材には若干差があります。

②県庁で求める人材と市役所で求める人材には若干差があります。

③消防で求める人材と警察で求める人材には若干差があります。

この部分です。

 

多くの方は、ここを使いまわしにするので、うまくいきません。

 

自己PRをするには、

①受験する組織についてよく研究をする。

②その組織で求める人材をイメージする。

③その人材が持つべき「資質」「能力」を理解する。

④自己分析から、その組織で活躍する「組織」「能力」を選び、結論としてまとめる。

⑤他の受験者と差別化できるコンピテンシーを中心に、活躍する人材のコアコンピテンシーを含めたエピソードを作成する。

⑥「資質」「能力」に再現性が求められるため、3つのエピソードを完成させる。

⑦専門家からコンピテンシー面接を受け、深掘り質問に答えられるようにする。

⑧自己PRコンピテンシーに未来価値として、「どのように活かせるか」をまとめる

 

ここまで準備します。

その結果

トヨタ自動車 3名受験 2名合格

ANA 6名受験 5名合格

JAL 2名受験 2名合格

民間企業受験者の人数は少ないのですが、98%が公務員志望なので上記のような人数になりました。

上記以外にも、日立製作所1/1、ミツカン1/1・・など

 

 

絶対失敗したくない本番面接前に!
1日で5回の面接を行い、レベルアップ


公務員として論理性をアピールする
自己PRを模擬面接を通して添削


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  お問い合わせ

Facebookアカウントをお持ちの方
お名前
姓) Must
名) Must
メールアドレス Must
メールアドレス(確認)
お問い合わせ
決 定
 
 
 
 
Profile
Expert_s
大学講師:伊藤内定ゼミ

伊藤伸一

Award51
2019年 年間イベント動員数ベスト50
Mission
現役大学講師で元採用担当者が直接指導します。
Senmon
現役大学講師で元採用担当者が模擬面接練習・集団討論練習・面接カード添削を直接行います。 横浜、名古屋、大阪、スカイプにて公務員(国家公務員、県庁、市役所)、警察官、消防官、上場企業向けの評判良いセミナー開催しています。

B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2012-2020 伊藤内定ゼミ All Rights Reserved.
Powered by reservestock