Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
Efficacy
Okada04
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact_aa Menu_5voice
 
 

お問い合わせフォーム

Facebookアカウントをお持ちの方
お名前
姓)
名)
メールアドレス
メールアドレス(確認)
お問い合わせ内容
 
 
 
 
Profile
高齢者介護食サポーター

長澤早苗

Mission
最期まで口から食べるを叶えたい!
Senmon
介護食 高齢者介護 嚥下困難食 ソフト食 管理栄養士

管理栄養士|介護支援専門員 はじめまして。
高齢者介護食サポーター
長澤早苗(SANA)です。

・飲み込みが悪くなった
・噛み切れず口から出してしまう
・日に日に食事の量が減って痩せてきた
・この食事で栄養は十分摂れているの?
・食べられるものが限られていて栄養不足が心配・・・
・そもそも「介護食」自体がよく分からない・・・

「慣れない介護食作りで日々悩みを抱えるものの、誰に相談したらよいか分からない・・・」
そのようなお悩みを持たれる方に、マンツーマンのサポートをいたします。

高齢者施設で16年半、在宅の要介護高齢者の訪問調査で6年半勤務。
合わせて23年間高齢者介護に関わってきました。

施設では献立作成のほか、利用者の方の食事量・体重・採血結果などをみて、栄養状態の改善を中心に取り組んできました。
入所当初とても栄養状態が悪かった方も、「食事を整える」ことによって
食事量が増え、体重が増え、肌のつやが違ってくる。
1日中ベットで過ごしていた方が、車いすに乗って自分で動かすまで元気になる。
全て食事だけとは言いませんが、食事が与える影響は計り知れない。
と、身をもって感じてきました。

その後、自宅で過ごす要介護高齢者の方を訪問する仕事を経験。
自宅での介護の現実を知りました。
病気により飲み込みの悪くなったご主人に、のどにつかえると危ないからと、おかずは全て細かく刻んでいた奥様。
ご家族にトイレの介助をさせるのが悪いからと、水分を拒否していた男性。
1日3食栄養バランスをかんがえ、ミキサー食を作っていた奥様。一生懸命過ぎて介護に疲れていた。
そして、食事に関する不安や悩みを相談できる相手がいない方がとても多いことを知りました。

「いままでの経験を生かして、わたしに出来ることはないか?」
その頃に感じたことが、いまの仕事を始める原点となりました。
『最期まで口から食べるを叶えたい!』をモットーに取り組んでいきます。

~ちょっぴりプライベート紹介
自宅周辺に素敵な散歩コースがあり、時間があればウォーキングしています。
趣味は色鉛筆画を描くこと・美術館巡り・おひとりランチ
ドライブは人気(ひとけ)のない山道限定!なぜかワクワクする・・・(^-^;

B_facebook
B_ameba
特定商取引法に基づく表記
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2022 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock