Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact_aa Menu_5conclusion
 
 
18_yzm4ymq4ntazmmq5y

【Abundance Book Club】コレクティブエフィカシーを高める「政治学」の効果的な学び方(自主練⑤)

 

ホリスティックに学ぶ政治学 テーマその1 フランス革命とアメリカ独立革命の事例から政治学の視点を養う

 

<基本コースの順路>

①馬渕睦夫「馬渕睦夫が読み解く 2020年世界の真実」

 2020年の世界の政治状況がわかりやすく読み解ける貴重な本。まずはここからスタートしたい。

 

 

②岡田斗司夫「スター・ウォーズに学ぶ「国家・正義・民主主義」」

 スター・ウォーズのエピソード1、2、3の元型は、ローマの共和政の興亡にあり、アメリカの政治制度のベースにもなっている。人気映画のストーリーを元に、政治に対する基本的な見方が、面白く、効果的に学べる。林千勝「日米戦争を策謀したのは誰だ!」で語られる史実は、まるでスターウォーズ エピソード1、2、3が再現されているかのようである。

 岡田斗司夫「ユーチューバーが消滅する未来 2028年の世界を見抜く」も、予見力を高めるのに良い内容。苫米地英人「とてつもない未来を引き寄せる予見力」「2050年 衝撃の未来予想」「現代版 魔女の鉄槌」も繰り返し読んでおきたい。

 塩野七生の大作「ローマ人の物語」も、地道に読み進めていきたい。全編を通して「統治」の課題にについて、思考力を鍛えることができる。塩野七生のルネサンス時代やギリシア時代の作品もよく読んでおけば、欧州旅行の旅の楽しさは格別なものになる。

 

 

③プラトン「ソクラテスの弁明」

 人類の教師ソクラテスは、自分の人生を用いて、人類の意識の進化を促すために必要な、法や政治の論点をすべて提出したかのようである。古典の中の古典であり、名著中の名著。プラトン「国家」のほか、プラトンの作品はできるだけたくさん読んでおくと良い。プラトン「国家」の中に出てくる「洞窟の比喩」は、奇跡のコースの教師の一人、ゲイリー・レナードの著作の中でも、度々言及されている。「洞窟の比喩」は、「現状」と「現状から抜け出る方法」の説明モデルとして、非常に優れている。

 

 

④岡崎久彦「繁栄と衰退と」

 近代のオランダの興亡から、ヨーロッパの歴史、世界の歴史、そして日本の歴史の展望が見える。外交、国際関係、国家戦略の原理原則が学べる名著。

 岡崎久彦の外交官シリーズ、「陸奥宗光とその時代」「小村寿太郎とその時代」「幣原喜重郎とその時代 」「重光・東郷とその時代」「吉田茂とその時代」を読破すれば、日本史の近現代史の理解は一気に得意になるだろう。苫米地英人「明治維新という名の洗脳」「明治維新という名の秘密結社」も読んでおきたい。

 

 

④宇野重規「保守主義とは何か 反フランス革命から現代日本まで」

 保守とリベラルの対抗軸の変遷を追うことで、政治という出来事の本質に対する視点が急速に高まることを教えてくれる名著。ノートを取りながら、時代ごとの基本概念を正確に追っていきたい。

 

 

⑤阿川尚之「憲法で読むアメリカ史(全)」

 アメリカ合衆国の成立、発展の歴史を、時代を追いながら、最高裁判例の事例を紐解き、まとめ上げた大著。法律の学びのエッセンスがすべて詰まった内容であるとも言える。IQアップのために、繰り返し読み、ノートを取っていきたい。苫米地英人「憲法改正に仕掛けられた4つのワナ」「ディベートで超論理思考を手に入れる 超人脳の作り方」にも学んでおきたい。

 また、亀井俊介「アメリカ文学史講義 1 」「アメリカ文学史講義 2」「アメリカ文学史講義 3 」、森本あんり「キリスト教でたどるアメリカ史」なども併せて読んでいけば、立法・行政・司法の動きの背景にある人々の感じ方や価値観の変遷についての詳細な枠組みが持てるようになるだろう。

 

 

 

⑥佐藤賢一「フランス革命の肖像」

 文庫版では全18巻もある「小説フランス革命」を一気読みするお供に、ぜひ何度も見返したい本。

 トルストイ「戦争と平和」、スタンダール「赤と黒」、ユゴー「レ・ミゼラブル」などの文学の名作も、折々に読んでおきたい。

 

 

⑦C.K. プラハラード「ネクスト・マーケット」

 私企業のゴールや活動にも、社会の問題を創造的に解決する展望があることを教えてくれる、画期的な業績。「アマルティア・セン講義 経済学と倫理学」もこの分野で必読の書。

 

 

⑧アダム・グラント「ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代」

 様々な歴史上のエピソードを縦横無尽に織り交ぜ、個人の独自性や独創性、そして時代のめぐり合わせなどについて、視野を大いに広げてくれる素晴らしい内容。

 

ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代

自分では手に取らないタイトル、表紙のインパクト(ちょっとグイグイ系…?)が、いい意味で裏切られました!
本心では、リスクを避けたい。なるべく目立ちたくない。ぼーっとしていたい。という想いを抱えながらも、これまで様々な出会いやチャレンジの機会という、本当にたくさんの奇跡に恵まれてきたことの意味。そして、〝オリジナルであること〟への認識が、まったく新たなものになりました。

自分以外の誰にも気づかれないほどの小さな勇気の積み重ねや、情熱の源泉を自分自身で知っていることが、これまでも、これからも、他者への眼差しをより強く優しいものへと変えていけるのだと思います。

真に自由な心で、どこまでも冷静に先を見通す沈着さを持ちながら、何を選択していくのか。政治の学びを深めていくなかで、何のために、どんなリーダーを目指すのか。という終わりのない問いを持ち続けながら何度も読み返したいと感じました。
(小林麻紗子様)

 

 

⑨神島裕子「正義とは何か 現代政治哲学の6つの視点」

 政党や政治過程の分析という政治学のテーマに留まらず、そもそも社会で重要となる価値や正義について、最新の議論を網羅した優れた本。

 

 

⑩近江誠「感動する英語!」

 イギリスやアメリカの歴史を動かしてきた人類のドラマに興味が出てきた頃に読むと、ぐいぐいと引き込まれるように、英語らしさ、英語の美しさが身につく、素晴らしい英語学習本。

 

 

⑪ロバート・K・グリーンリーフ「サーバントリーダーシップ」

 互いに分断されやすい現代の状況において、個人はどのように互いに貢献できるのか?貢献の本質について洞察し、リーダーシップのあり方を説いた名著。個人や部分は、単なる全体の一部分ではなく、部分の中に全体が映り込んでいるのであれば、どのような意識で個人が貢献するかは、個人の行動の大小だけでは判定できない、影響を受け取る側の心の中に広げていくことだろう。 

 

 

⑫枝廣淳子、小田理一郎「なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?―小さな力で大きく動かす!システム思考の上手な使い方」

 目先の問題を短期的に解決し、問題を先送りするだけでは、わたしたちの関係は、容易に、経済的な利用関係となり、互いにスケープゴートにし合う状況を生み出す。出来事を「システム」全体の問題と捉え、解決の糸口はシステムの深部が生み出すパターンの形に気づくことの重要性を教えてくれる。

 

 

⑬ケン・ウィルバー「万物の歴史」

 ティール組織のアイデアに多大な影響を与えた、インテグラル理論の全体像がわかる名著。

 

 

⑭モーリーン・マードック「ヒロインの旅 ──女性性から読み解く〈本当の自分〉と創造的な生き方 」

 政治過程の分析や直線的な社会の達成目標だけを見つめる(実観の)視点からは捉えきれない、円環構造の旅路や内省、とまどい、本質的なものへの憧れや回帰性など、人間の心には自我像と本当の自分との間で揺れ動く、女性性的な資質(空観から人生の真の充実、意味を問うCallingを感じるハートの資質)があるように思う。

 

ヒロインの旅 ──女性性から読み解く〈本当の自分〉と創造的な生き方

「私にとって本当に大切な本です。
この本との出逢いを通して、私は自分のミッションをはっきりと胸に刻み込むことになりました。ここに書かれている壮大なテーマの探究が、私のライフワークになることを確信したからです。
女性が社会の中で活躍しようとすると、必ずと言って良いほど直面する厚い壁。深い葛藤、そして、哀しみや絶望感。
なぜ、私たちはこれまでこんなにも傷付き、苦しい思いをしてきたのか?
本を読み進めるにつれて、その謎が解き明かされるとともに、歴史的・社会的制約から自由になるための女性の「内面的な成長の旅の道のり」が示され、暗闇に未来からの光が差し込んでくるようでした。
女性たちが自らの無限の可能性を信じ、手を取り合って幸せな未来を切り拓いていくための、たしかな叡智がこの本の中にあります。
これまでも何度も読み返してきましたが、これからもいつも真っ新な気持ちでこの書籍と向き合い、女性の真の自立へと向かうロードマップを描き出していくための、大切なエッセンスに触れたいと思います。」
( おのともこ様)

 

⑮リーアン・アイスラー「ゼロから考える経済学──未来のために考えておきたいこと」

 資本主義経済は市場における経済的価値を生み出すものを価値化し、そうでないものを非価値化する傾向があるところ、市場経済を通すだけでは十分に供給されない、思いやりに満ちた必要なものが行き渡るようにするにはどうしたらよいかを考えさえてくれる素晴らしい本。

ゼロから考える経済学──未来のために考えておきたいこと

「社会的な制約を感じている全ての女性に勇気と知恵を与えてくれる一冊です。

特に、結婚して家庭に入り、子育てに追われている(と感じている)母親たちに「あなたが子供たちに向き合っている時間は未来を創っているそれはそれは尊い時間なのだ」という強いメッセージが語られていると感じました。

原書が「THE REAL WEALTH OF NATIONS」で、「真の国富論」と訳されているのも、納得。
経済を「市場」だけに焦点を当てていては、本当の意味で豊かにはなれないこと、真の豊かさの為には、一人ひとり(特に女性)が考え方を変え、知識を得ていくことの重要性を痛感。そして、人々や自然を「思いやること」「世話をすること」ということが社会的にも経済的にも不可決な仕事であり、価値が与えられるべきであるという著者の言葉に深く共感しました。

子育てをしながら自分にできることで起業したいと一歩踏み出した女性たちの一人ひとりの力は微々たるものかもしれない。けれど、その「思いやり」や「世話をしたいという奉仕の心」がこれからの経済、世界を変えていくのです!
新たな文化、思いやりの経済システムをこの世界に築いていくのは私たち女性なのです!
「女性が女性を自由にする」、その道を教えてくれる素晴らしい本でした。

「なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?―小さな力で大きく動かす!システム思考の上手な使い方」の枝廣淳子さんが「解説」で寄稿していること、著者リーアン・アイスラー女史が、ドラッカーと同じ時代にウィーンで生まれたことなど、今、まさに学んでいることとの繋がりに深い意味を感じ、今進んでいる道にさらなる確信を持ちました。」

( みかわ みき様)

 

⑯サン・テグジュペリ「星の王子さま」

「大切なものは目に見えない(英語:The eyes do not see that which is most important. 仏語:L'essentiel est invisible pour les yeux.)」というメッセージは、市場経済の限界、政治過程(多数決)の限界、部分=全体のホログラム構造などを知れば知るほど、重要な意義を帯びてくる。人は、どこから来て、どこへ向かい、そしてどのように関わりを作っていくのが良いのだろうか?選択が未来を決めていく宇宙で、未来へ希望をつなぐ優しい選択をするには、目に見えない大切なものの存在(つながりの中で未来へ優しく向かう時間に織り込まれた恩寵)を感じる、純粋な安らぎ、愛、聡明さ(心の基盤)を求める人でありたい。

「星の王子さま」を自分で読んでみた後で、水本弘文「「100分de名著」ブックス サン=テグジュペリ 星の王子さま」を読んでみることで、著者の視座の高さ(読み取り方の決定的な違い)に圧倒されながらも、「星の王子さま」やサン・テグジュペリへの親しみがいっそう湧いてくることだろう。「ものには交換価値や使用価値の他に、関係価値とでも呼ぶべきもう一つの価値が隠れている」と読み解く、水本氏の考察は素晴らしい。

 箱根にある「星の王子さまミュージアム」も、繰り返し、訪れてみたい。「星の王子さま」の英語版や仏語版を愛読するのも、お薦め。視点(抽象度)が高く、言語世界が多くの人に共有されている名作で外国語を学んでいくのは、効果的な学習法。「星の王子さま」は、日本語ー英語ーフランス語のトリリンガルで、臨場感世界を作っていきたい名作中の名作である。

 

 

⑰坂井豊貴「「決め方」の経済学―「みんなの意見のまとめ方」を科学する」

 自分だけでは自由に処分できない範囲の事柄について、「みんな」の意見をどのように集約し、反映し、必要な意思決定をなすべきかは、意外に難しい問題である。多数決に限界があるのなら、そもそもどのように決めればいいのか?この分野に興味が出てきた人は、佐伯胖「「きめ方」の論理」も読むよといいだろう。根本的には、高橋昌一郎「理性の限界 不可能性・不確定性・不完全性」が提起している問題が重要。

 量子物理学者のデヴィッド・ボームは、「ダイアローグ――対立から共生へ、議論から対話へ」で新しい対話、意思決定のモデルを示し、実践してきた。ネルソン・マンデラ大統領が導いた、「南アフリカの奇跡」の過程で、敵対していた者の間にどのように信頼が醸成されていったのか、そこにどのような不屈の信念があったのかが描かれている、ジョン・カーリン「インビクタス 負けざる者たち」(映画もある)にも、平和実現のヒントがたくさん散りばめられている。

 

 

⑱久米郁男、川出良枝、古城佳子、田中愛治、真渕勝「政治学(補訂版)」

 よく読まれている、政治学の代表的な教科書の一つ。政治学の論点が、よく網羅されている。

 開講を準備している「女性の幸せ大学」における政治学の基本テキストとしても薦めたい。

 https://www.reservestock.jp/page/association_members/13284

 

 

⑲東京リーガルマインド LEC総合研究所「020-2021年合格目標 公務員試験 本気で合格!過去問解きまくり! 15 政治学」

 試験によく出題される、「標準的な」知識を学ぶことによって、より効率的に、必要な全体像の知識を習得できることもある。

 

 

*子どもたちも女性も聡明な天才になるために最も効果的な「抽象度を埋めていく」学習法のアイデア

最短コース

A群:準備、問題意識、ハイライトとしてまずは読んでおきたい三冊
「馬渕睦夫が読み解く 2020年世界の真実」
「スター・ウォーズに学ぶ「国家・正義・民主主義」」
「ソクラテスの弁明」

B群:ノートを取りながら、重要基本概念をしっかり学ぶ三冊
「保守主義とは何か 反フランス革命から現代日本まで」
「憲法で読むアメリカ史(全)」
「「決め方」の経済学―「みんなの意見のまとめ方」を科学する」

C群:A群、B郡の読書の合間に「多読・速読」モードで織り交ぜたい三冊
「繁栄と衰退と」
「フランス革命の肖像」
「ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代」

D群:しっかり学んで内容を伝えたい、セミナー・読書会向けの三冊
「万物の歴史」
「ゼロから考える経済学──未来のために考えておきたいこと」
「星の王子さま」

 

 


 

皆様からの読書感想文も募集しております。

お気に入りの本の素敵な読書感想文を、お待ちしています。

下記のフォームより、ご応募くださいませ。

 

Facebookアカウントをお持ちの方
お名前
姓)
名)
メールアドレス
メールアドレス(確認)
感想文掲載の可否
  •  掲載不可(感想文提出のみ)
  •  お名前で掲載可
  •  匿名で掲載可
感想文
感想文に掲示するお名前
「お名前で掲載可」を選択された場合
 
 
 
 
Profile
Premium_s
コーチ、教育事業家

衣川信之

Award57
相馬経営塾マスターロード
Consultant
リザーブストック公式認定コンサルタント
Mission
未来の子どもたちに輝く地球を贈る〜天使の活動を地上で行うミッション系企業
Senmon
コーチングの教科書 リザストの教科書 講座のつくり方 コーチング立国

株式会社 Efficacy Japan 代表
一般社団法人日本英語コーチ連盟理事長
TOEIC 980
苫米地式コーチング認定コーチ
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング by Dr. Tomabechi & Louis E. Tice™認定コーチ(タイス式コーチ)
TPIEファシリテーター修了
CCCP(コグニティブ・コーポレート・コーチング・プログラム)認定講師
サヴォイア王家 Jrナイト卓絶騎士養成プログラム コーチ

コーチ。教育事業家。世界トップレベルのコーチング資格多数保有。個人向け、法人対象、子ども向けなど、ほとんどすべての領域でコーチングの学びを深めている。人の才能開花のためには、出会いが起きる永遠の愛の中で輝きながら成長し、互いが思いやりを表現できる、ゴールと出会いに触発された多次元的な音楽を奏でることが大切だと考え、女性と子供たちの天才性を育む未来型の教育コンテンツを多数開発している。

2010年に株式会社エフィカシージャパンを創業。ドリームサポーターだらけの世界を創造する「未来型の語学・コーチング・ビジネス教育」の研究開発を行う。コーチングで世界中の人のエフィカシーを高めることが世界平和の礎であるとの信念を持ち、未来の子どもたちに輝く地球を贈ること、思いやりに基づく豊かなワークスタイルを育む経済社会を実現することを事業理念とする。

講師歴30年以上、コーチ歴も10年以上の実績があり、良い講座作り、セミナー作り、効果的な教育に卓越。ゴール理論のほか経済学、経営学、語学、教養を長年教育してきた経歴があり、質の高い教育コンテンツ開発、組織育成、経営仕組み化が得意。事業においても高次の人生の目的の尊重が重要であると考え、「愛の中に富はある」というビジョンを拠り所にした経営を提唱している。

起業教育の分野でも実績があり、スピリチュアリティー(精神性)と現実世界の方法論の双方に造詣が深く、起業家たちから、感性とハートの誠実さを活かしたビジネス&知識資産作りをサポートしてくれると信頼が高い。集客疲れとは無縁に、休暇と収入を比例して増やしながら仕事が喜びとなる「毎日が祝祭」の経営哲学がファンを増やしている。

人生の目的のビジョンは、宇宙からの贈り物であるそれぞれの才能が誰からも認められ自由に表現できるエフィカシースクールとエコビレッジを実現すること。富無限の豊かさを分かち合う自立経済への移行と、清らかな水源、森、大地、海を取り戻し、母なる地球を敬愛するムーブメントを呼びかけている。

B_facebook
B_ameba
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2018 NOBUYUKI KINUGAWA & EFFICACY JAPAN CO., LTD. All Rights Reserved.
Powered by reservestock