Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1menu Menu_2event_lesson Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact_aa Menu_5voice
 
 

お問い合わせフォーム

Facebookにログインすると名前とメールアドレスが自動入力されます
お名前
姓) Must
名) Must
メールアドレス Must
メールアドレス(確認)
お問い合わせ内容 Must
 
 
 
 
Profile
Professional

アムリタムシュッディ

アルチャヤティさとみ

Mission
世界の医療のパラダイムシフトに貢献する
Senmon
眠れない ダイエット DNA 自律神経 頭痛

2005年より、インドのアーユルヴェーダクリニック5か所にて研鑽を積む

2010年より、インドのアーユルヴェーダドクター来日を4回サポート

2017年より、南インドのアーユルヴェーダ施設提携を組み活動

2018年より、エドガーケイシー関連セミナーを3度サポート

日本に一台しかないアーユルヴェーダ脈測定器を用いた心身魂のつながりから考えるヘルスケア
カウンセリング実績800名を超える
18年程前、パニック障害を発症し、心療内科の対応に不信感を抱いた事がきっかけで、様々なヒーリングメソッドを探し試すようになりました。わたしの場合、心療内科に頼らず、自分が選んだ数々の手法がほとんど当たりで、わずか半年ほどで、休職状態から社会復帰を考えるまでに至りました。

その内容とは、身体だけのケアではなく、精神、さらには、魂へのアプローチを得意とする、数々のメソッドを試しました。

アーユルヴェーダのヴァータ性疾患(風のエネルギーの悪化)の解剖生理を知った時、なぜ?自分がパニック障害を発症したのか?が明確に理解できたのです。

食事の偏り、徹夜、そして何よりメンタルの問題が、全部ヴァータを極限まで悪化させる生活を2年ほど送っていたからだと理解しました。


心療内科の薬を飲まず、ヴァータを緩和する食事、充分すぎる程の睡眠、様々なメンタルヒーリング、魂へのアプローチを受け、自分の判断で、短期に社会復帰しました。


そのセオリーを知っただけで、自分の病を自分で治せる。その恩恵に感謝し、アーユルヴェーダの全体像を学びたい!という想いでインドへの渡航を始めてから気が付けば15年ほどの歳月が流れ去りました。


アーユルヴェーダを学ぶ過程で、様々な人達と友人になりました。そのご縁で、ファーストクラスのアーユルヴェーダドクターの来日をボランティアとしてサポートする事になりました。


ドクター来日時のお迎え、かばん持ち、書記などのお手伝いをさせて頂き、その神業の脈診や、医療占星術を駆使した、この世の御業とは思えぬ診察を観る機会をたくさん頂きました。


その先生のインドの病院は、がん研究で有名な病院だったので、日本でのご相談も、がん患者さんが結構いらっしゃいました。先生がインドに帰ってしまわれた後、その患者さん達からご質問など頂く事が度々あり、単なるOLであり医者でない私のできる事は、アフター5に、カフェなどで、ただただ、患者さん達の人生のお話に、誠意を持って耳を傾ける事だけでした。


この経験で、わたしは、大きな気づきがひとつありました。自分には、何もできないけれど、患者さんのお話を一生懸命聞くだけの事で、その方の表情がとても明るくなること、喜びの涙を流される事。ご気分がとてもよくなられる事。わたしは、気分が良くなるということは、免疫力も上がるようだ。という事に気づいたのです。


自分でもお役にたてる事がある!そう思えた宝石の様な経験となりました。
それが、今の道なき道のような仕事を支えていると思います。

B_facebook
B_ameba
B_homepage
Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock