1002_banner_image
996_79230475_455974121776088_8011279244552306688_2
Professional_s

PROFILE

「音楽“を”もっと自由に」ではなく「音楽“で”もっと自由に」。音楽その他あらゆる手段で、あなたの自己表現を全力でサポートします。

ソングレターアーティスト/ことだま師®

安達 充

1979年生まれ。立教大学文学部教育学科卒業。オーダーメイドでオリジナルソングを作ることを専門とするシンガーソングライター。

2004年、リストカットの女の子との出会いをきっかけに、たった1人のために曲を贈る「ソングレター®」活動を始める。

2011年、代表曲『僕が生まれた時のこと』がプレジデント社より書籍化(CD付き)、YouTubeでは400万回以上視聴されている。

被災地支援コンサートの模様がNHK「ニュースウォッチ9」で放映されたり、『僕が生まれた時のこと』がフジテレビ「百識王」で使われるなど、メディアでも取り上げられている。

企業からの作曲依頼も多く、野村證券、リクルート、JR東日本、東京メトロなど大手一流企業のムービーのBGM制作も手がけ、2013年には全国24店舗の西武・そごうの「母の日キャンペーン」でもコラボレーションしている。

また「教える」ことに造詣が深く、ボイストレーナーとしてシアーミュージックアーツ上野校、音響芸術専門学校の非常勤講師の経験もあり、自ら主催している音楽教室ではボーカル・作詞作曲を指導して、受講生の中にCD制作を実現した人も多数。

名前に特にこだわりがあり、命名言霊学協会認定ことだま師®として、日本語50音の意味を通して「氏名から使命をひも解く」名前の鑑定士の一面も持つ。

2019年、クラウドファンディングを達成し、ソングレター15周年記念CD『想いを形に、人生を歌に』をリリース。

2020年、アーティストフォーラムオムニバスCD『Great Little Step』をリリース。

2021年、『世界で一番素敵な言葉』(作詞作曲/安達充、歌/癒シンガーKeiko)がユニバーサルミュージックよりCD全国リリース。日本全国の子どもたちに同曲を届けるため、「ナマイキ(名前を生きる)プロジェクト」を本格稼働。

現在、FMふっかちゃんラジオパーソナリティとして『引き出しの中のラブレター』『名前で応援!なまエ~ル♪』の2番組を担当。

保有資格等
・著書『僕が生まれた時のこと(CDブック)』(プレジデント社)

・ソングレター15周年記念CD『想いを形に、人生を歌に』

・アーティストフォーラムオムニバスCD『Great Little Step』

・『世界で一番素敵な言葉』CD(作詞作曲/安達充、歌/癒シンガーKeiko)

・オンラインサロン『ことだまようちえん』を主宰