62267_zdfmyzljzdmwodm2ztvmmtg4y2ewzjfhmgiynjy0ytm
48144_yzk3yzk3m2jmyti0odk1zgjjntfkzgi5owexyja5n2u
Professional

PROFILE

本来の自分らしさを花ひらかせる

カレッジオブホリスティックケア

ヒプノセラピスト☆ドクターあっこ

よこやま あきこ

2013年、ヒプノセラピーがメインの心理療法に特化したクリニック「よこやまクリニック」を九州の宮崎市で開業しました。

 

 以来、一貫して西洋医学的なお薬を処方せず(他院の薬剤療法との併用は多くの場合可能)心理療法と漢方治療を自由診療で続けてきました。

 

 開院のきっかけは、ヒプノセラピーの一つである前世療法を自分が受けて心底感動したこと。

 

 それまでの私は、一般的な眼科医のトレーニングを受け、大学院で遺伝性の病気の遺伝子を研究、医学博士号を授与され職業的には順風満帆でしたが、プライベートでは心身の不調に悩まされていました。

 冷え症・イライラや気持ちの落ち込み・お腹の不具合など、子どもが授からないことや職場の人間関係などによるストレスでいっぱいいっぱいで、せっかく医学博士号を得ても仕事を辞めざるをえませんでした。

 漢方をはじめ様々な代替療法をも駆使してなんとか妊娠出産にこぎつけましたが、2人の子どもを授かるのに約10年かかっています。

 卒乳して仕事を始めようとした頃に最愛の母ががんに罹りました。

 漢方医として復帰しましたが、母が亡くなり鬱状態に陥っていた時、前世療法で著名な精神科医ワイス先生のプロフェッショナルトレーニングを米国で受ける機会に恵まれました。

 その時初めて前世療法に触れ、母とのことだけでなく不妊だったことを含めた自分の人生そのものに対して大きな癒しを得ることができました。

 体調は改善、家族との関係性もよくなりました。

 ヒプノセラピーは不妊というサインがでるまでの自分の人生、幼少期を見直すことにも有効でした。

 そのヒプノセラピーや漢方治療を皆さんに提供できる環境にある今、自分を生きている感覚があります。

 

 開院からの10年の間に「生殖ヒプノ(旧:子宝ヒプノ)」を考案、2020年には著書「不妊を癒す」を出版しましたが、不妊に悩む女性に限らず、あらゆる方がトラウマを癒し自分で心身をケアし治め、自分らしく生きる道を進むお手伝いをします。

医師、医学博士、公認心理師
日本生殖心理学会評議員、日本催眠学会評議員
日本心身医学会会員、日本女性心身医学会会員
日本東洋医学会認定医
NPO法人Fine認定ピアカウンセラー
米国National Guild of Hypnotists認定ヒプノセラピスト・インストラクター
日本臨床ヒプノセラピスト協会認定ヒプノセラピスト・インストラクター

プロフィール







「プレマザーズ・ヒプノ」やマインドフルネス、
漢方薬の使い方について伝える講座
「プレマザーズヒプノ」

女性性を花ひらかせるヒプノセラピー。

あなたが花ひらくのを妨げているトラウマやブロックがあれば、それを癒す「個人退行療法セッション」

それから、赤ちゃんがほしい方むけに3カ月で計6回オンライン開催の「プレマザーズ・ヒプノ妊活プログラム」

現地開催の、1dayでの赤ちゃんがほしい方むけのプログラム「プレマザーズ・ヒプノ1dayワークショップ」

など、さまざまなメニューがあります。詳しくはこちらのページをご覧ください「プレマザーズ・ヒプノとは(受講ガイド)(準備中)」

詳細・お申込はこちら(準備中)

「個人退行療法セッション」

https://www.reservestock.jp/pc_reserves_v2/courses/48144

「プレマザーズ・ヒプノ妊活プログラム」(準備中)

https://resast.jp/page/consecutive_events/29183

「プレマザーズ・ヒプノ1dayワークショップ」(準備中)

https://resast.jp/page/consecutive_events/30383
マインドフルネス

マインドフルネス瞑想は「いま、ここにある」体験をするもの。良い悪いの判断はしません。
ただ「いま、ここにある」とはどういう境地でしょう?

坐っているときも、立っているときも、歩いているときも、食べているときも、何か作業をしているときも、寝ているときも、常にいま、その時に、その場にいる自分を意識します。

人は、過去や未来に意識がいくとき、心が不安定になりがちです。過去に起こったことをクヨクヨ思い煩いすぎると、うつ傾向になります。また、未来のことを心配しすぎると、不安傾向になります。

うつでも不安でもなく、心を安定させるには、今という瞬間に深く意識を下ろす必要があります。 

今、だれでもが行っているのは呼吸です。ですから、呼吸に意識を向けるトレーニングから始めていきます。

自分の呼吸を観察できるようになると、自分の感情も観察しやすくなって、感情のコントロールがしやすくなります。
物事の本質を深く見つめることもしやすくなり、自分の心と体を治めやすくなります。


まずは一度「実践!いま、ここに生きる~マインドフルネス」講座を受けてみてください(現地・不定期開催)。さまざまな瞑想法を一通り体験します。

▼詳細・お申込はこちら(準備中)

https://resast.jp/page/consecutive_events/30384
漢方薬

生理の痛みやかるい風邪、毎日のちょっとした不調に漢方薬がつかえると、とっても便利。

もちろん、病院できちんと検査して治してもらったほうがよい場合もあるでしょうが、無理をすると頭痛がしてくる、天気が悪くなる前に頭痛がするなど、自分の体のクセがわかってくると、自分で治せるようになります(注:新しい症状や激しい症状の場合などには、無理をせず専門家を頼りましょう)。

陰陽五行論などの難しい理論を学ぶのはある程度にとどめ、家庭での、実際的な使い方を覚えましょう。

漢方は仏教伝来の頃から日本に入ってきたもので、先人たちにより、ながい時間をかけて、日本人にあう使い方が研究されてきました。そして、効果のあるものが淘汰され、いま、使われています。副作用についても、注意点がわかっています。ですから、外国から入ってきたばかりの代替療法より、ずっと簡単に家庭で応用でき、しかも確実な効果を期待できます。さらに、養生をして漢方薬を使っていると、そのうち、その症状自体が軽くなってきたり、おこる回数が少なくなってくるはず。ぜひ、日本伝統の「和漢方」の世界をご自分のものにされてください。


⇒「ゆる漢方くらぶ」がお勧め。

毎月2回、ほぼ隔週で木曜午後にオンラインで開催。「冷え症に対する漢方」「生理の不調についての漢方」「子どもがほしい方にむけての漢方」など毎回、トピックが異なります。基本となる「基礎講座」(毎月1回金曜午後などに開催)を受けたあと、ご自分の興味のあるトピックの回のみを受講されてもOKです。

▼詳細・お申込はこちら

https://resast.jp/page/consecutive_events/28255





ヒプノセラピスト養成講座
日本臨床ヒプノセラピスト協会認定(JBCH)「ヒプノセラピー・ベーシック講座」「アドバンスト講座」

・・・詳細はカレッジオブホリスティックケア/よこやまクリニックのホームページをご確認ください。
カレッジオブホリスティックケアオリジナル「プレマザーズヒプノ(生殖ヒプノ)セラピスト養成講座」

・・・詳細はカレッジオブホリスティックケア/よこやまクリニックのホームページをご確認ください。




smtp06