5095_banner_image
Logo_flower
4792_img_6951
Expert_s
Award51

2021年 年間売り上げ TOP 100

PROFILE

「自分の本質と繋がっていくこと」「愛と平和の世界への道が開かれていくこと」「すべてのものと共同創造する世界」「人とあらゆる生命が共生調和する社会づくり」を目的とする

Heart Cration (合)

ワークショップトレーナー.クリスタルボウル奏者.心理セラピスト

伊藤マナ

伊藤マナ(真如)Heart Creation 合同会社 代表・

心と身体・魂・潜在意識の専門家

クリスタルボウル レゾナンス ラボ主宰 / 演奏者養成講座

リトリート・ワークショップ・トレーナー

企業にて商品開発・企画デザイン・アンテナショップ開発及び研修を担当。

多方面でグラフィックデザイナーとして活躍する。

その後ハワイに住みスキューバダイビングでの体験で、陸上の世界とは全く異なる非日常の世界に感動し、グアムでダイブマスターの修行を積んだ後、世界中の海を潜りながら、オーストラリアに在住中にスキューバダイビング インストラクターになる。

仕事や学びも兼ねて長中期に渡り様々な国に住み、旅も含めて訪れた国は世界25カ国。

異国での人との出会いや見聞録を広め、また広大な大自然を体験することから、生きとし生けるものすべての生命に流れるエネルギーや波動から鉱物・植物・動物・人間・地球・宇宙が創られていることを体感する。

また、流産・死産を繰り返し生命の尊さや儚さを体験、パートナーとの離婚問題から心を壊し鬱病や自殺未遂も含めて、人生どん底を何度か経験。

その嘆きや悼みから自分を取り戻すべく、インナージャーニー自己探求の旅が始まる。

バリに住んでいる時にラージャヨガに出会い現地のお坊さんの元で瞑想修行中、至高体験から悩み・苦しみ・囚われから解き放たれる体験する。

帰国後、日本ホリスティック医学協会役員・顧問の村上信行 先生(ホロス松戸クリニック院長)からのご縁で瞑想を深めるごとく阿字観 瞑想の大家、山崎泰廣 大阿闍梨より得度を受け、その後 高野山 常喜院 住職 加藤栄俊 阿闍梨に師事、密教の修行を満願し伝法灌頂を受け阿闍梨となる。

神々の信仰は本来土着の素朴な信仰であり、共同体の安寧を祈るものであった。神は神化して仏になり、仏の本地は神であり、神と仏は一体であるとの思想、神仏習合の精神を学ぶ。

その後、古神道,古武術,カタカムナ,鉱物(結晶体)などの研究家であり気功,鍼灸の治療家で天河弁財天の神宝 五十鈴の奏者である 故 原 宣之氏に師事。

心・身体・魂のつながりや音の大切さに氣づき、五十鈴の舞い手となる。

天河神社の大祭では五十鈴・たたら舞でのご神事に8年間御奉仕させていただく。

クリスタルボウルでの奉納演奏やガイヤシンフォニー7番・天河神社での撮影参加。サティシュ・クマール氏やエハン・デラヴィ氏が神社参拝の時、能舞台での五十鈴奉納舞など、神社仏閣での奉納や舞台に立ち「音を奏でる」「舞うこと」「祈りから生きること」をさらに探求し実践する。

また先住民族の聖地「祈りの旅」でホピ族・ナバホ族の居留地を訪ねたり、ラコタ族、チェロキー族、アニシナベ族の聖なる教えやシャーマニズムを通して全てのものにスピリットが宿っており、相互依存し寄与し合って、ひとつの大きな輪の中で生かされていること、自分を超えた存在や自然の叡智を体感し「今ここ」と社会の現実と無限の宇宙が繋がってること、物質至上主義社会の終焉は私たちの意識の変容に託されていることをビジョンで見る。

またアルケミークリスタルボウル奏者として地球環境や人類進化のキートーン・周波数として拡める活動にも携わり、すべての人に眠っている『本質』や『魅力』を引き出し、ひとりひとりの心の平安『ありのまま』をサポートすることや愛と平和の世界への道が開かれていくことライフワークとしている。

「今、ここ、あるがまま」をひたすら観ていくワークの数々は、それぞれが自分自身の内側に起こっていることや本来の自分という存在を良く知ると同時に、他者への感受性を養い【Awareness・気づき】は私たちの背後にあるルーツも含めて大きなスピリットへ通じる扉の鍵であることをベースに、

ビジネスと仏教・神道・スピリチュアル、コーチング、ヒーリング、心理学を融合した個人セッション、講演会、セミナーを行いながらスピリチュアルライフコンサルタントとして、多方面のクライアントに対し、個人と組織の変化をサポートしている。

保有資格等
高野山真言宗阿闍梨

人材開発トレーナー

心理カウンセラー

シータヒーリング・マスター&サイエンス認定プロコーチ

コネクションプラクティクス認定講師ラスール

レイキマスターティーチャー

ヒプノセラピスト

ボディーサイコセラピスト

脳科学インストラクター

メタシークレット認定トレーナー

NLPエグゼグティブトレーニング終了

アーユルヴェーダセラピスト

アロマハンドFABティーチャー

PADIスキューバダイビングインストラクター

プロフィール

 

伊藤マナ(真如)Heart Creation 合同会社 代表・
心と身体・魂・潜在意識の専門家
クリスタルボウル レゾナンス ラボ主宰 / 演奏者養成講座
リトリート・ワークショップ・トレーナー
 

企業にて商品開発・企画デザイン・アンテナショップ開発及び研修を担当。
多方面でグラフィックデザイナーとして活躍する。
 
その後ハワイに住みスキューバダイビングでの体験で、陸上の世界とは全く異なる非日常の世界に感動し、グアムでダイブマスターの修行を積んだ後、世界中の海を潜りながら、オーストラリアに在住中にスキューバダイビング インストラクターになる。


仕事や学びも兼ねて長中期に渡り様々な国に住み、旅も含めて訪れた国は世界25カ国。
異国での人との出会いや見聞録を広め、また広大な大自然を体験することから、生きとし生けるものすべての生命に流れるエネルギーや波動から鉱物・植物・動物・人間・地球・宇宙が創られていることを体感する。
 
また、流産・死産を繰り返し生命の尊さや儚さを体験、パートナーとの離婚問題から心を壊し鬱病や自殺未遂も含めて、人生どん底を何度か経験。
その嘆きや悼みから自分を取り戻すべく、インナージャーニー自己探求の旅が始まる。
バリに住んでいる時にラージャヨガに出会い現地のお坊さんの元で瞑想修行中、至高体験から悩み・苦しみ・囚われから解き放たれる体験する。



帰国後、日本ホリスティック医学協会役員・顧問の村上信行 先生(ホロス松戸クリニック院長)からのご縁で瞑想を深めるごとく阿字観 瞑想の大家、山崎泰廣 大阿闍梨より得度を受け、その後 高野山 常喜院 住職 加藤栄俊 阿闍梨に師事、密教の修行を満願し伝法灌頂を受け阿闍梨となる。
 
神々の信仰は本来土着の素朴な信仰であり、共同体の安寧を祈るものであった。神は神化して仏になり、仏の本地は神であり、神と仏は一体であるとの思想、神仏習合の精神を学ぶ。


その後、古神道,古武術,カタカムナ,鉱物(結晶体)などの研究家であり気功,鍼灸の治療家で天河弁財天の神宝 五十鈴の奏者である 故 原 宣之氏に師事。
心・身体・魂のつながりや音の大切さに氣づき、五十鈴の舞い手となる。
天河神社の大祭では五十鈴・たたら舞でのご神事に8年間御奉仕させていただく。
 
クリスタルボウルでの奉納演奏やガイヤシンフォニー7番・天河神社での撮影参加。サティシュ・クマール氏やエハン・デラヴィ氏が神社参拝の時、能舞台での五十鈴奉納舞など、神社仏閣での奉納や舞台に立ち「音を奏でる」「舞うこと」「祈りから生きること」をさらに探求し実践する。
また先住民族の聖地「祈りの旅」でホピ族・ナバホ族の居留地を訪ねたり、ラコタ族、チェロキー族、アニシナベ族の聖なる教えやシャーマニズムを通して全てのものにスピリットが宿っており、相互依存し寄与し合って、ひとつの大きな輪の中で生かされていること、自分を超えた存在や自然の叡智を体感し「今ここ」と社会の現実と無限の宇宙が繋がってること、物質至上主義社会の終焉は私たちの意識の変容に託されていることをビジョンで見る。
 
またアルケミークリスタルボウル奏者として地球環境や人類進化のキートーン・周波数として拡める活動にも携わり、すべての人に眠っている『本質』や『魅力』を引き出し、ひとりひとりの心の平安『ありのまま』をサポートすることや愛と平和の世界への道が開かれていくことライフワークとしている。
 
「今、ここ、あるがまま」をひたすら観ていくワークの数々は、それぞれが自分自身の内側に起こっていることや本来の自分という存在を良く知ると同時に、他者への感受性を養い【Awareness・気づき】は私たちの背後にあるルーツも含めて大きなスピリットへ通じる扉の鍵であることをベースに、
ビジネスと仏教・神道・スピリチュアル、コーチング、ヒーリング、心理学を融合した個人セッション、講演会、セミナーを行いながらスピリチュアルライフコンサルタントとして、多方面のクライアントに対し、個人と組織の変化をサポートしている。