50160_banner_image
42131_img_7831
Professional

PROFILE

本来の自分に気づき&人生がラクになるを「マヤ暦」を通じてサポートします

マヤ暦ライフアドバイザー

おざわ たまみ

大手企業で長年勤めていました。

 バリバリのキャリアから、年数が経つにつれ

 自分との葛藤が出てきました。

 行きたくない部署への異動、評価されない、パワハラ体質など

 自分のいる場所ではないと思い、自分探しをし出しました。

 多くの自己啓発、資格、起業塾、などを経て

 マヤ暦に出会います。

 最初は副業になればと軽い気持ちでした。

 

 自分ではない何者かになろうとしていた時に、マヤ暦を通して

 今まで生きてきた流れや、家族関係、私の使命を知ります。

 学びを続けていくと、他人との違いがわかり、生き方がラクになっていき

 やっと本当の自分らしくなり、生きやすくなりました。

 今は他の仕事しながら、ライフワークとして、マヤ暦を通して

 自分らしく生きやすくなるようなお手伝いをしています。

 

シンクロニシティ研究会マヤ暦アドバイザー
価値観ババ抜きインストラクター
マインドフルネス瞑想講師
ヨガインストラクターRYT200

プロフィール


見出し 自由に変更してください



((customer_name))のお申し込みをお待ちしております。

春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。

フォントを変更することができます。


大きさを変更することができます。


背景色の変更ができます。


文字色の変更ができます。



画像をアップして貼り付けることができます。

画像のサイズはドラックで調整できます。


ここの文章を書き換えてください

ここの文章を書き換えてください


見出しメッセージ2



囲み枠ごと選択してCtrl+C(コピー)Ctrl+V(貼り付け)で移動したり複製したりできます。





手前から文字が登場するエフェクト




文字が跳ねるエフェクトのテスト





少しずつ

遅れて文字が

次々と

現れる

エフェクト








左からふわっと表示




回転イン



小さいところから大きくなるように表示






枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。


divタグは破線で囲われています。実際に表示される時は破線は表示されません。

春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。




枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。

divタグは破線で囲われています。実際に表示される時は破線は表示されません。

春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。



  • 枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。


  • 特徴2





  • 特徴4







ここの文章を書き換えてください

ここの文章を書き換えてください




テーブルが使えます

ああああ



























中見出し



中見出し



中見出し



中見出し






色を変えたい場合は ツール の ソースコードを変更することで変えられます

枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。
春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。





色を変えたい場合は ツール の ソースコードを変更することで変えられます

枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。
春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。







色を変えたい場合は ツール の ソースコードを変更することで変えられます

枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。
春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。





smtp08