PR

サブスク・ランディングページ・メルマガ・顧客管理・Web管理できるリザーブストック無料版

PR
39671_odc1nwy4ogu1zduyn
39671_img_4928

PROFILE

ママの叶えたい!を叶えたい。ママの笑顔を増やしたい。寄り添いたい。

tap.Story

個育て専門家☺iccha

田鶴原 いづみ

2010年第一子を出産。

自身の子育て、友人の子育ての悩みを解決、手助けをしたくて

子育てに関する学びや資格に関心が深まる。

子どもの発達や保育の知識を学ぶ為に、

第二子出産後育児休暇中に

日本チャイルドマインディング&エデュケア協会認定の

チャイルドマインダーの養成講座を通学受講。

0~12歳までの子どもの発達についてと

少人数保育サービスの専門知識を学び、

一人ひとりの「個」を尊重した家庭的保育の資格を習得。

また、自身の妊娠や授乳期間や子どもの離乳食期間を通して食の見直し、

栄養学・食養学を学ぶために国際食学協会の「食学」の学びもスタートし、

現在、「食学」を伝える食学アドバイザー認定講師としても活動。

・・・・・・・・・・・・・

私自身も結婚・出産などのライフステージが変化してから

「自分自身」の事は後回しになり、家族中心の生活の中、

「自分らしさ」や「夢」を忘れかけていた。

子育てを笑顔で楽しむために必要なのは、

ママ自身が「自分らしく」あることが1番だということ。

そこから【笑顔の子育て】が生まれることがわかり、

私自身も脱皮できた。

自分と向き合うこと。

そして未来を描くこと。

これは決して身勝手なことではなく

ママが女性として輝ける瞬間。

ママにも自分の人生があり、

どういう自分の姿が幸せに感じるのか。

それが見えた時、世の中の見え方が変わる。

相手の見え方も変わる。

自分と相手の違いを知ること。

自分自身を認めることで、相手とも向き合える。

自分らしさを知ることで、ポジティブな捉え方に変わる。

私は”誰かのために”を大切にする個性の持ち主。

お節介かもしれない。

でも”誰かのために” 

”すべての子どもたちのために”

”すべてのママのために” 

1つ1つ寄り添っていきたい。

それだけを想い活動しています。

保有資格等
~個育て資格~

一般社団法人子育てカウンセラー協会 子育てアナリスト

一般社団法人ISD個性心理学協会 インストラクター

NPO法人日本チャイルドマインディング&エデュケア協会認定 チャイルドマインダー

~ママの夢を叶える資格~

一般社団法人キレイデザイン協会 インストラクター

国際食学協会 食学アドバイザー認定講師

プロフィール

 
はじめまして。
個育て専門家☺iccha
 
たづはら いづみ
と申します。
 
 
自身の子育てを通して
地域の子どもたち、ママのために
何かチカラになりたいという
想いだけで活動しています。
 
 

tap.Story
ひとりひとりが自分の存在を認め
未来(明日へのStory)を描けるように
 
悩んだとき。迷ったとき。困ったとき。
どんな時でも気軽にトントンと
tap(ノック)してほしい。
 


個育て専門家として
子どももママも
1人1人を認め、
励まし、寄り添い。

ここから未来(あなたのStory)が
始まる意味を込めています。


 

”タペストリー”
部屋にある飾りという意味ですが

主張することはなくても
個性、”存在”がある。
そんな居場所になればとの想いです♡

 

 


icchaのご案内できること
    • 生年月日から紐解く
      自己を知る


      ・あかもち分析
      ・魅力診断
      • 親子ふれあい教室&ママ交流会

        ・絵本の読み聞かせ
        ・子育て相談
        ・『しゃべりば』

      • ママの叶えたいを叶えたい
        学びの時間

        ・あかもち講座
        ・キレイデザイン学講座
        ・食学アドバイザー講座
  • 子どもや家族での
    コミュニケーションを紐解く


    ・家族まるっと診断
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後に・・・

私自身、子育てにおいて
すごく悩む時期がりありました。
自分の子育てを責めた時期もありました。

でもそれは、子どもたちのことを
子育てを真剣に考えていたからこそ。

世のママは本当にがんばっている。

子どもたちのため、
家族のため、
自己犠牲をしながら

歯をくいしばってでも
一生けん命で。


私も気づけば、
”自分らしさ”を見失い
目の前の生活でいっぱいいっぱいでした。


やがてその張り詰めた糸が
プツンと。
その時、誰かのせいにしていました。


そう。自分が自分を大切にしてなかった。

自己犠牲にしないって
自分中心で動くんじゃない。
自分の幸せを認識すること。



自分を満たしてこそ
誰かを幸せにできる。


そんなシャンパンタワーな法則を
私みたいなママに伝えたい。