PR

心の在り方を整える。

PR
37590_banner_image
34484_小 斜め

PROFILE

あなたの魂の望みを明確にし、龍神のチカラを使って叶えます!

龍神ご縁結び鑑定士

万叶

生後1週間で養女、自営業でバリバリ稼ぐがDVの父親に怯える毎日、子供の頃は母親も夜遅くまで働いていたので保育園や学校から家に帰らず直接近所の人の家に夜遅くまで預けられ親に甘えることができない生活を送る。

10歳の時に、なぜ私はこんな思いをしなくちゃいけないのか!!

寝ても醒めても生きるのがのがツラいという時期もありましたが、ある時にふとメッセージとイメージが同時に浮かびました。

それが今思うと 『 自分がなぜ生まれてきたのか? 』

生まれる前の記憶。自らが使命を達成するのに最短の人生を決めて、今ここにいるという事が理解できました。この環境を選んだのは私だったんだ...。

それからは自分の人生の責任転嫁をしなくなったように思います...。

子供の頃から植物と話す(相談にのってもらう)、人の心の声が聞こえる、人の無くしたものを見つけるなどができていましたが...、

ただ良いことばかりではなく、ある時に能力を封印してもらうことを決め、それからはそれなりの日々を過ごせていました。

そんな中でコロナが流行りだしたある日突然「目覚めよ! 」 とばかりに封印を解かれました。

そのことをきっかけに自分には関係ない!できる訳ない!!と見ぬふりをしていた『使命』 のことと向き合い始めました!

スタートは遅くなってしまいましたが今後は自分で決めた『使命』のために生きようと、こんな時期だから思えたのかもしれませんがタイミングも全てが必然!! 

自分の進むべき道がわからなくて悩んでいたり不安な人、幸せになりたい、今まで頑張ってきたけど結果が出ないなど結果が出ないのには自分にはどうにもならないことも存在するのも事実です。

そのどうにもならない部分を龍神のもつ”他力”を使って望む未来を最短ルートで引き寄せ叶えていきましょう!!

◆セッション◆

◎龍神ご縁結びセッション

・龍観ヒーリング(遠隔)

・龍観波動セッション

・スピリチュアルカウンセリング

・ブッダチャネリングカード

・守護霊メッセージ

・トラウマ・ブロック解除

◆講座◆

・月の御神託カード講座

・Nextレイキ講座

これらを学んだ経験を生かして一人でも多くの方の心が前向きになり、

「自分を知って人生に生かしたい!」「生きるって楽しい!」

「自分大好き!!」「自分ってこんなに凄かったんだ!!」

「自分は自分でいいんだ!!」「願いはこんなに簡単に叶うんだ!!」

「これがやりたかったんだ!!」「自分は全て持っている!!」

「こんなことで上手くいくんだ!上手くいっていいんだ!!」

「夢は叶うものなんだ!」

こう思えるようにサポートしていきます😊

保有資格等
NEXTレイキ ティーチャー

月瞑想セラピスト

ELコーチングプラクティショナー

スピリチュアルマスター

プロフィール

 


どういう使命感のもとこの仕事をしていますか?
『自分の進むべき道がわからない。』
『どんなに頑張っても結果が出ない、もう限界。』
『自分とどう向き合っていいかわからない。』
『自分は幸せになっていいのかな?』
『なんで自分ばかりこんな目にあうのかな...』
『同じ失敗ばかり繰り返してしまう。』
『いい人と出逢いたい!!』
そんな悩みをもつ方も多いと思います。
そう言った方達を『 浄化し・癒し・愛を知り』、
そして龍神のご協力のもと” 他力 ” を使うことで
現実が驚く程どんどん変化していきます!
龍神の他力を使うのをサポートし、
ご縁をいただいたお一人お一人に寄り添い、
愛のエネルギーの渦を作っていこうと思っています。
そのためには目の前のあなたから.....
見出しのメッセージ
このランディングページをごらんの方へメッセージ






春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。


このサービスの特徴
  • 特徴1

  • 特徴2



  • 特徴3
  • 特徴4
 
このサービスの流れ
  • 1 サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列
  • 2 ンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サ
  • 3 プル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サン
  • 4 ル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプ
注意事項
  • 1 サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列
  • 2 ンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サ
  • 3 プル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サン
  • 4 ル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプ
最後にひとこと








色を変えたい場合は ツール の ソースコードを変更することで変えられます

枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。

春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。






春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる