PR

若野さき「幸さき通信」〜女性の幸せ増幅メルマガ〜

PR
37166_banner_image
34075_浴衣

PROFILE

わたし基準の心豊かな毎日を生きよう~

主婦シンガー兼ベーシスト兼エッセイスト

はるかふる はるか

埼玉県在住のはるかふる はるかです。

ぎりぎり昭和生まれの30代、

幼稚園児の母です。

2021年春、

12年間勤めた会社を退職して

主婦になりました。

好きなことは、

ゴスペル、ベース、着物、明るいおしゃべり。

着物のコーディネートを考えたり、

母や叔母のおさがりの着物に思いを馳せたり。

歌では、

高校時代からソプラノとソロ。

金曜ロードショーで観た「天使にラブソングを」の

「チェ~ラ~ビ~ム♪」と歌うソロに心を奪われ、

あの神々しい響きを追いかけ、

ゴスペルレッスンと

ボイストレーニングに取り組んでいます。

自身のソプラノ以外の音域開拓と

ハーモニーの勉強のため、

ひとりで複数パートを歌う「一人ゴスペル」の

レコーディングにも挑戦中。

洋楽を格好良く歌うために必要なリズムを

体に叩きこみたい、

低音の出る楽器が好き、

バンドやるならベースがいい、という

何重もの理由からベースを習い始め

早1年。

年に数回バンドで演奏中。

日常生活で浮かぶ色んな思い。

家族や身近な友人には伝えきれないことも。

そんな思いを

思いきり表現できる場として、

「はるか(わたしの名前)+ふる(full)=harukafull」

というブログ、メールマガジンを設立。

これまた「天使にラブソングを2」の一曲、

”joyful joyful"から

「joy(よろこび)が

 空気中に満ち満ちる感じっていいよね~」

から名付けたペンネームです。

わたしの音楽や文章という表現に触れた皆さんが

ますます元気に。

関わる方の人生が

ますます心地の良いものになることを祈って。

今日も、

床のモップ掛けに始まり、

体を緩ませるゆるめのエクササイズ、

適度にプレッシャーをかけての音楽に執筆活動。

最大限のエネルギーを爆発させてまいります。

保有資格等
教員免許(高校英語)

プロフィール

埼玉県在住のはるかふる はるかです。
 
ぎりぎり昭和生まれの30代、
幼稚園児の母です。
 
2021年春、
12年間勤めた会社を退職して
主婦になりました。
 
好きなことは、
ゴスペル、ベース、着物、明るいおしゃべり。
 
着物のコーディネートを考えたり、
母や叔母のおさがりの着物に思いを馳せたり。
 
 
歌では、
高校時代からソプラノとソロ。
 
金曜ロードショーで観た「天使にラブソングを」の
「チェ~ラ~ビ~ム♪」と歌うソロに心を奪われ、
あの神々しい響きを追いかけ、
ゴスペルレッスンと
ボイストレーニングに取り組んでいます。
 
自身のソプラノ以外の音域開拓と
ハーモニーの勉強のため、
ひとりで複数パートを歌う「一人ゴスペル」の
レコーディングにも挑戦中。
 
 
洋楽を格好良く歌うために必要なリズムを
体に叩きこみたい、
低音の出る楽器が好き、
バンドやるならベースがいい、という
何重もの理由からベースを習い始め
早1年。
年に数回バンドで演奏中。
 
 
日常生活で浮かぶ色んな思い。
家族や身近な友人には伝えきれないことも。
 
そんな思いを
思いきり表現できる場として、
「はるか(わたしの名前)+ふる(full)=harukafull」
というブログ、メールマガジンを設立。
 
これまた「天使にラブソングを2」の一曲、
”joyful joyful"から
「joy(よろこび)が
 空気中に満ち満ちる感じっていいよね~」
から名付けたペンネームです。
 
わたしの音楽や文章という表現に触れた皆さんが
ますます元気に。
 
関わる方の人生が
ますます心地の良いものになることを祈って。
 
今日も、
床のモップ掛けに始まり、
体を緩ませるゆるめのエクササイズ、
適度にプレッシャーをかけての音楽に執筆活動。
 
最大限のエネルギーを爆発させてまいります。





どういう使命感のもとこの仕事をしていますか?


春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。


誰をどのように幸せにしたいですか?
目指すとことは何ですか?


色を変えたい場合は ツール の ソースコードを変更することで変えられます

枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。

春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。


見出しのメッセージ
このランディングページをごらんの方へメッセージ






春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。


このサービスの特徴
  • 特徴1

  • 特徴2



  • 特徴3
  • 特徴4
 
このサービスの流れ
  • 1 サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列
  • 2 ンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サ
  • 3 プル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サン
  • 4 ル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプ
注意事項
  • 1 サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列
  • 2 ンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サ
  • 3 プル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サン
  • 4 ル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプ
最後にひとこと








色を変えたい場合は ツール の ソースコードを変更することで変えられます

枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。

春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。






春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる