34544_banner_image
31596_img_49482
Professional

PROFILE

極上の休息がもたらす最高のエネルギーを手に入れ 自分時間で生ききる人を増やす

スリープメディテーションセラピスト

のもと みや

「いま、ここに、生きる」が座右の銘

小さいころから要領の良い子だった。勉強も運動も良くできた。

短大卒業後、公務員として就職。

周りの同期より少し早く役職がつき、人一倍強い責任感とリーダーシップで部下社員と共に目標に向かって猛進していた。

数年たって、それが出来ていたのは優秀な2番手がいたからということが判明。その2番手が異動するや否や、部下が思い通りに動かない、イライラするだけで事態がよくならない、どんどん「できない自分」に追い詰められていく。

そしてある日突然、脳のスイッチがパチンと切れる。

35歳、働きすぎから鬱になった。

医師からは、強制的に仕事から離れるよう診断書が出されたため仕事を休むしかなく、一人暮らしの部屋で窓の外を見上げグレーな世界で気力なく過ごしていた。

その世界から引っ張り出してくれたのが、心理学とマインドフルネス。

心理学で心と脳について学び、マインドフルネスで自分が生きる価値、存在する価値、働く価値に気付かされた。

働くことが生きていくうえで必要なことであるのと同様に、休むことも生きていくうけで必要なことである。

にもかかわらず、「休む=サボる、怠慢である」と思い込んでいる人が多いのをとても残念に思う。

休むことで心と身体の傷を癒し、エネルギーがチャージされ、自分を次へと進ませるものなのに・・・

前に進みたい人こそ、休むことに積極的になってほしい。

「極上の休息(ActiveRelaxation)、とれてますか?」

自分にもいつも問いかけながら、極上の休息をひとりでも多くの人に味わってもらい、誰にも奪われない「自分時間」を笑顔で生ききる覚悟をする人を増やしていきたい。

その他

カウンセリングをもっと身近で気軽なものにするため、仲間とともに

【オンラインカウンセラーユニット Teamシナプス】を創設。

保有資格等
cuorequest代表

Teamシナプス事務局

産業カウンセラー

NLPプラクティショナー

MER®プラクティショナー

腸内解析アドバイザー