33904_banner_image
30994_53253975_552797155228862_4736303614052532224_n
Expert

PROFILE

筆に想いをのせ 伝え合う喜びへ 〜目に見えない想いを見える形にして大切な人に大切に伝え合う文化を創る〜

一般社団法人伝筆®️協会

【伝筆®協会】2015年4月設立:https://tsutefude.com/

半日で驚くように字が変わる魔法の筆文字®「伝筆®つてふで」講座を主催。

伝筆は、センスがなくても、クセ字を矯正しなくても、誰でも、一定以上のグレードのうまさを再現できるコツを集めセミナー化。文字の形を崩しすぎることなくアートのような日本語が描けるようになると好評を得る。国内外250名以上在籍する伝筆認定講師の活躍の場は様々。3年で13,000人以上の方が、より良い人間関係のために幅広く役立ててくださっています。

一本の筆で「繋がり」「心整う」「誇りを持ち続ける」社会を作り、ぼっち撲滅「世界中を元気にする!」

★:*:★━[著書]━★:*:★

●直線で書けば今すぐ字が上手くなる(サンマーク出版):https://amzn.to/3kkblJh

<イベント・メディア実績>

▼2017年:・エヴァンゲリオン展とのコラボ展

▼2018年:・イギリスワークショップ:バース、スウィンドン、ロドボロー

・アレテー・フェスティバル ジャポニズム2018出展

・日本政府主催の日仏友好160周年記念 SAMURAI JAPON第13回出展

・ニューヨーク・ロングアイランドの日本文化センターワークショップ

・CBCテレビ【ゴゴスマ】・TBSテレビ【あっこにおまかせ】:中谷美紀さんの結婚報告直筆にコメント

▼2019年:・【協会アワード2019】『話題性部門賞』入賞

・東京都桜新町ねぶたまつり:ポスター、金魚ねぶたに伝筆掲載

・徳川将軍家との深いゆかりを持つ増上寺:増上寺七夕イベント出展

・東海テレビ放送【スイッチ!】:番組企画「大人の趣味」放映

・テレビ朝日【グッド!モーニング】伝筆の日と伝筆作品林修氏より紹介

協会員紹介

理事長

33085_1703l1045

心豊かな人生をお手伝いする

【侑季蒼葉プロフィール】
一般社団法人伝筆協会理事長
株式会社ことしろ代表取締役

のべ4万人以上が学ぶ、伝筆教室を主宰。
誰でも、数時間でアートのような字が書ける理論を
国内外の250名以上の認定講師とともに伝え広げる。
また、社会貢献事業として、
「伝筆」と「和文化」を組み合わせた講義を約50名の講師とともに広げ、
和文化継承の一旦を担うべく活動中。
・・・
1961年:愛知県名古屋市生まれ。
大学卒業後、ヨガのインストラクターとなる。
結婚、4世代同居、第一子出産、離婚を機に、コーチングと出会う。

2003年:20年間従事したヨガのインストラクターを辞め、
経営者専門のコーチング会社をスタート。
クライアントは、○○保険で東海一、売上5倍となる企業など、
4700時間以上セッション経験。
スクールを運営し、コーチを200名以上育成。
起業し数年で年商3000万を突破。
   
その後、目に見えない「声」を「形」にしたいと、
筆ペンに着目し、コツを集め、 再現性の高い描き方のノウハウをセミナー化。

2015年:「筆に想いをのせ 伝え合う喜びへ」を理念に 一般社団法人伝筆協会を設立。
理事長に就任https://tsutefude.com/
2021年:わでんプロジェクトスタート

35年以上「教える」に関わり、コーチ育成、講師育成は600名以上。
現在:名古屋と東京のデュアルライフ。

いつまでも社会と関わり、月日と共に貢献の喜びが広がる講師の働き方を提唱。
文字のチカラを使って、「繋がり」「和文化継承」「豊かな人生」の仕組み作りを目指す。

★:*:★━[著書]━★:*:★

●直線で書けば今すぐ字が上手くなる(サンマーク出版)

━━★:*:★:*:★━━

【イベント・メディア実績】
<2017年>
▼エヴァンゲリオン展とのコラボ展
▼岡山放送【ミルンへカモン!なんしょん?】生出演
<2018年>
▼イギリスバース、スウィンドン、ロドボロー:ワークショップ
▼在英日本大使館HP:伝筆掲載!
▼アレテー・フェスティバル ジャポニズム2018出展
▼日本政府主催の日仏友好160周年記念 SAMURAI JAPON第13回出展
▼ニューヨーク・ロングアイランドの日本文化センター:ワークショップ
▼CBCテレビ【ゴゴスマ】・TBSテレビ【あっこにおまかせ】:中谷美紀さんの結婚報告直筆にコメント
<2019年>
▼【協会アワード2019】『話題性部門賞』入賞
▼岡山放送【ミルンへカモン!なんしょん?】:生出演
▼東京都桜新町ねぶたまつり:ポスター、金魚ねぶたに伝筆掲載
▼徳川将軍家との深いゆかりを持つ増上寺にて七夕イベント出展
▼東海テレビ放送【スイッチ!】:番組企画「大人の趣味」放映
▼テレビ朝日【グッド!モーニング】伝筆の日と伝筆作品放映

わでん伝筆マスター

わでん伝筆マスター

伊賀 明美(いが あけみ)

10939__dsc3606square
Professional

集合意識と伝筆を活用し、自分のことが大好きになる人を増やし、それぞれの違いを認め合える社会を作る

集合意識覚醒プログラムMAGATAMA認定講師
一般社団法人伝筆®︎協会認定講師
一般社団法人伝筆®︎協会認定わでん伝筆マスター
一般社団法人マインドワーク®︎協会認定マインドワーク®︎フォーカライザー
宝地図マスター
魔法の質問キッズインストラクター
魔法の質問カードマスター
アメブロ集客マイスター 初めまして、伊賀明美です。

札幌、江別、十勝、千歳など全道で、またオンラインでセミナー講師をしています。
顕在意識、潜在意識、集合意識という人が誰しも持っている3つの意識を30秒で使う活用方法をお伝えしています。

自分のことが嫌いで、どうしてうまく行かないんだろうと思っていた人生が、人に喜ばれることで、自分を認めることができるようになり、自分らしく楽しく生きていくことができるようになりました。

その経験から、
①自分を大切にすること
②そして人に喜ばれること
で毎日が楽しいと思える人生になると感じました。

そういった世界を「褒め褒めワールド」と名付け、その考え方で生きていく人を自分の周りにたくさん増やしたい。
そう思って、活動してきました。

そんな中で、出会ったのが集合意識です。

今までは成果を出すために、緻密に計画を立て、行動することによって結果を残すのがあたりまえと思っていた私。
意識の使い方を知ることで、すぐに簡単に楽チンに望みを叶えることができることを知りました。

誰もが早く楽チンに叶えることができるならそのほうが良い!
早く叶えることができたら、その望んだ世界で長く楽しく毎日が過ごせるから。

それこそ、「褒め褒めワールド」の住人を早くラクに増やせると思い、集合意識をお伝えする講師になりました。


もう一つ、私が大事にしているのが、思いを伝える筆文字、伝筆(つてふで)をお伝えすること。

伝筆は、誰でも、1日で「いいね!」と言われる温かい文字が描けるようになる筆書きメソッドです。

そして、この伝筆は、「みんな違ってみんないい」がわかりやすく、このままの自分でも良いんだと思えるもの。
そして簡単に人に喜んでもらえます。

褒め褒めワールドが簡単に伝えられる手段だと思い、お伝えしています。
延べ1800人以上にお伝えしてきています。

ぜひみなさんも、集合意識と伝筆を活用し、一緒に早く楽チンな世界に行きませんか?

わでん伝筆マスター

伊藤三枝子(いとうみえこ)

40091_プロフィール写真

伝筆(つてふで)で、笑顔あふれ自分を楽しみ人生を楽しむ人の輪を拡げる

一般社団法人伝筆®協会 認定講師
一般社団法人伝筆®協会 わでん伝筆マスター
一般社団法人伝筆®協会 わでん伝筆先生

わでん伝筆マスター

宮前 礼子(みやまえれいこ)

40108_lei

多くの人に和文化を伝筆で描くのを伝える事

わでん伝筆マスター

奥田 ひろ子(おくだ ひろこ)

40150_26240119_388741094918217_6559505862972258953_o
Professional

心のこりをほぐし、キラキラ輝く笑顔で心豊かに人生を楽しむサポーター

【保有資格】
一般社団法人伝筆®︎協会 認定講師
一般社団法人伝筆®︎協会 わでん伝筆マスター
一般社団法人伝筆®︎協会 わでん伝筆先生
鞠小路スタイル着付け講師認定
TCマスターカラーセラピスト
TCトレーナー
数秘&カラー®︎ヴィジョニングファシリテーター
魅力数秘コーチ
はじまるアートインストラクター
ドローン操縦技能認証取得
第3級陸上特殊無線技士

名古屋初!ミドル世代に愛される”和みサロン wacoo〜和空〜”主宰。
伝筆(つてふで)教室、なごみ数秘プレゼンター養成講座を開講。

ふわっと和装でエレガント。

20年以上に渡り全国のトップ企業の信頼を勝ち得ていたトップセラー。

トップセラーの経験を生かし4年前に心機一転セカンドライフとしてサロンをオープン。
友人や地域住民そして前職の関係からお問合せが殺到。
生徒さんの声からお教室が憩いの場となり大反響の嬉しい日々。

前職で養った得意なPR力を生かし、自身の新ビジネスを
カルチャースクールへ提案、営業し 教室を開講。
大好評につき二件目のカルチャースクールから講座の依頼!


実は、サラーリーマン時代は
周りには伝えられない心と身体の痛みをこらえ
男性社会と戦い歯を食いしばりながら仕事をこなす日々。

当時の私は、仕事に明け暮れ契約の事が四六時中頭の中に、、、。
会社の発展を願い、自身の健康やプライベートは二の次三の次。
キャリアを築いても心の奥深いところでは、
自問自答を繰り返す日々。

人生の在り方を考えている時に緊急事態が!

「即手術」の提案を医師から受ける。


音を立てて人生が崩れるように
一気に悪夢の世界へ、、、。


女性としての幸せ、、、
人生の生きがい、、、
今後のライフスタイル

術後、
寝たきりの生活が続き
身体が思うように動かず、はって歩くような生活。
闇の中をさまよう日々が続きます。


術後、人生どん底の時に、

幼少時からの性格のコンプレックス
キャリアの挫折
今後の人生の不安が押し寄せていました。

そんな時、
ひょんなきっかけで、
”伝筆(つてふで)”と出会います。


人生を模索していた私。
ただ、何気なく文字を書くことで
ぽかぽかと日向ぼっこでもしている様な
ほっとできる光が心をともし始めました。


術後、ズタズタに引き裂かれた私の心が”伝筆”によりケアされ始めたのです。


言葉の魂と
伝筆のフォーム
そして、心が躍る虹色カラーが
人生の痛みを熟知している私を
そっと、暖かく包込みました。

いつしか生活の一部になり
講師として、伝筆が私の人生を変えたことを
語り始めていました。


一文字、一文字集中している時、、、、、
全ての人生の痛みが
喜びとなります。



かつて、契約の事ばかり考えて生活していた時と
180度変わり、穏やかで、心の落ち着きを取り戻し、
毎日、満たされた新しい私と生活しています。


更に、
数秘術に導かれるように引き寄せられ、今までなぜ?と
疑問に思っていたことが不思議と解消。
自分のことを俯瞰して見つめることができ、
相手を理解できるようになり自然と心のコリがほぐれて
いくことを感じました。

心が落ち着き新しい自分に生まれ変わったと同時に、
健康状態も3倍に回復。
サロンの運営も右肩上がりで年商も3倍へ。


病いから完全に生還。


ミドル世代の心の診療所として和洋折衷のレインボーカラーの
心の処方箋をオンラインとオフラインでお届け中。












わでん伝筆マスター

松島 明子(まつしま あきこ)

6301_akikopurofi-rusyasinn
Professional

「伝筆」と「名前のことだま」で作る特別なお名前ポエム「名前のことはな書」を描く作家を養成しています

一般社団法人伝筆協会が国内で最初に認定した認定伝筆講師 現在までに延べ700名ほどの文字に変化を起こしている。個展・グループ展8回開催。 
命名言霊学協会認定ことだま師 2008年信州に初めて名前のことだまを誘致。それ以来500名以上の名前の鑑定を実施。イベントでは1日で70名以上の人がセッションを希望し行列を作った経験あり。
「大町市の本当に当たる凄腕の占いはココ 人気と実力の2選!」において、大町市内でたった二人を紹介する枠で紹介されている。 全国から「名前のことはな書」
8888作品に向けて、神が棲む国・信州で「名前のことはな書」作成をしています。

『名前のことはな書』とは… 名前に隠されている『ことだま(言葉が持つ現実化の力)』を『は=はい』と受け取り『な=成る(達成していく)』という意味を込めて作り上げた造語です。

「名前のことはな書」には使命と幸せになって行くためのポイントが描かれています。

幼少期は「母の言うとおりにしていたら安全」という従順な良い子でしたが、自宅から離れた高校への入学を期に「このままではだめだ!新しい自分を作りたい」と理想な自分の装ってみたところ大成功!
しかし、看護師になり実家に戻ったら…再び暗く落ち込んだ日々を送ることになりました。
こうして、どう生きて行ったらいいのか分からなくなった23歳、あるセミナーをきっかけに、「自分がどうしたいのか、が一番大事」という事を知ります。
人生の伴侶とも出逢い、理想の人生を目指して順風満帆に思えたのもつかの間、不妊治療・三つ子の子育てを通して、「どうしたいのか…」が及ばないことがあるという事を知り落胆してしまいました。
子供が4歳になる頃、『名前のことだま』と出会い、「人には使命がある」「出会いには意味がある」「出来事にも意味がある」また、ビジョン・やりたい事の奥の方に「使命」があることを知りました。
それを書にしたいと思いましたが、字が下手でパソコンで鑑定書を作成。
そんな時、『目に見えないものを形にする』という伝筆と出会い共感しました。
字が下手だった私でも、とっても可愛く筆ペンで字が描けるようになり、目に見えない「使命」見える形(伝筆)にすることで、大事な使命を「忘れないもの」に出来るのではないかという考えに行きつきました。
2015年より伝筆を使って「名前のことだま作品」を制作するようになりました。 誰もが目を引き、喜ばれる伝筆と使命を紐解いたポエムのコラボ作品(ことはな書の前身)は多くの方の共感を呼んでいます。
2019年令和の時代になり、世界の変化・変革が目に見えるようになってきたとき、 一人一人が使命を意識して過ごすことの重要性を強く感じ、同じ志の仲間と共に活動したいと思うようになり、また、「同じような作品を自分も描けるようになりたい!」と問い合わせをいただくようになりました。
そこで、 ネーミングを「名前のことはな書」とし2020年「名前のことはな作家養成講座」を立ち上げました。
?1670380451

周りの人を笑顔にする

?1670380451

想いを言葉に変え、礎と文化を築く