28847_mzuymjvimzqzyzhmn
28847_使う
Expert
Award51

2021年 年間売り上げ TOP 100

PROFILE

人生に行き詰まりを感じている女性に 「大切なことはすべて日常のなかにある」あなたの人生哲学を断捨離で創るサポート

やましたひでこ公認 断捨離®️チーフトレーナー

小林理恵

「私の仕事はあなたにモノを捨てさせること」

こう公言しているのは

私自身の経験「捨てられない」「片付けられない」

悶々としていた日常が断捨離に出逢い、

断捨離を学び、モノを捨て始めることで

住まいが変わることにとどまらず

私自身が抱えていた問題も解決していく力が身についていく、

実体験からの私の宣言です。

断捨離に出逢ったのは今から11年前。

仕事をやめ専業主婦でした。

楽勝と思っていた主婦業は想像以上に大変。

いつも家の中は雑然として安らぎはなく。

地方地域になじめず、人との関わりも薄く。

ママ母という社会に溶け込めず、

いつもイライラ悶々としていました。

スープの覚めない距離には夫の実家。

母は根っからのキレイ好き。

家庭に踏み込むことは決してしない義母ですが

「訪問されたら・・・・」

いつも一人ハラハラしていました。

そのような暮らしぶりの中で

「ゴミ袋14袋も捨てたよ!」

たまたま耳にした断捨離という言葉。

スマホでメモして、帰宅後即検索したのが

私と断捨離の出逢いです。

その後、本を読み、でも行動には及ばず。

やましたひでこのセミナーがあることを知り

人生初のセミナー参加。

目から鱗の「捨てる効用」に鳥肌がたち

その日から断捨離実践がスタート。

「自分軸」という言葉を胸に

「もったいない」との闘いの日々。

捨てれば捨てるほど 住まいのスッキリと同時に

自信と明るさが出てきたことを自他ともに実感。

人の話しに耳を傾けるゆとりができました。

生まれ変わっていく感覚。

社会で働くことが家事よりも勝ると思い込んでいたこと、

家事は奥が深く、思考力・判断力・選択力・決断力・表現力・・

色々な生きていく上で大切な要素を培うことができる

人生創りのベースとだと気付かされました。

次第に人生が巡りだし

持ち家の売却 

東京に転居 

子どもの入試合格

とんとん拍子で動き出しました。

気が付けば断捨離®トレーナーへの挑戦を。

2014年、断捨離®トレーナー認定を受け

今年、断捨離®トレーナー9年目になります。

これまでの断捨離®トレーナー活動は

関東一円、福島、岐阜、愛知、新潟、富山など

その他ご依頼あればどこまでも断捨離をお届けしてきました。

スタイルはセミナータイプ、市町村講演会、

企業研修、カルチャーセンター

そしてパーソナルな問題解決にはご自宅訪問。

現在まで350回を超える断捨離®セミナー開催および、

外部依頼断捨離®講演活動は60回を越えました。

そしてコロナ禍で外出自粛が求められる中で

新しい学びとコミュニティスタイル

「オンライン断捨離®読書会」を2020年4月1日からスタート。

全108回一日も休まず開催。

延べ5300人の方が参加、「オン読」として親しまれました。

心の拠り所、私の居場所として親しまれ、役目を終えて。

コロナウイルス感染症が新たなステージを迎えた春。

オン読の次なるお役目

「自己成長を志す同志の集う 学びとコミュニケーションの場」

として4月からパワーアップしてスタート。

月2回のオンライン読書コミュニティで知識を深め思考力を鍛え

SNSコミュニティでアウトプット、表現や伝える力、出す力を

「自己成長への近道」として実践、リードしています。

断捨離の理論を正しくわかりやすくお伝えしながら

実際に「不要・不適・不快」なモノを捨てて

自分をより理解し、より望む生き方へと歩み始める実践サポートを

信条として皆さんと真摯に向き合っています。

厳しいことも申し上げますが 必ず最後は愛で包みます。

《出演メディア》

*林修の今でしょ!講座「断捨離®スペシャル」 実践サポート

*ラジオ日本「SWEET!!」 ゲスト出演

*クロワッサンスペシャル あなたの「片づけられない」をすべて断捨離!

保有資格等
◆断捨離提唱者やましたひでこ公認 断捨離®チーフトレーナー

◆一般社団法人自然治癒力学校公認 月よみ師®

プロフィール




「私の仕事はあなたにモノを捨てさせること」
人生再生を断捨離®で
応援サポート

こう公言しているのは
私自身の経験「片付けられない」「捨てられない」
悶々としていた日常が断捨離に出逢い、
断捨離を学び、モノを捨て始めることで
住まいが変わることにとどまらず
私自身が抱えていた問題も解決していく力が身についていく、
問題解決のみならず、自分の人生を生きる感覚を取り戻した
実体験から導き出したクライアントの利益に対するコミットです。

 

断捨離に出逢ったのは今から11年前。
仕事をやめ専業主婦でした。
楽勝と思っていた主婦業は想像以上に大変。
いつも家の中は雑然として安らぎはなく。
地方地域になじめず、人との関わりも薄く。
ママ母という社会に溶け込めず、
いつもイライラ悶々としていました。

 

スープの覚めない距離には夫の実家。
母は根っからのキレイ好き。
家庭に踏み込むことは決してしない義母ですが
「訪問されたら・・・・」
いつも一人ハラハラしていました。

 

そのような暮らしぶりの中で
「ゴミ袋14袋も捨てたよ!」
たまたま耳にした断捨離という言葉。
スマホでメモして、帰宅後即検索したのが
私と断捨離の出逢いです。

 

その後、本を読み、でも行動には及ばず。
やましたひでこのセミナーがあることを知り
人生初のセミナー参加。
目から鱗の「捨てる効用」に鳥肌がたち
その日から断捨離実践がスタート。
「自分軸」という言葉を胸に
「もったいない」との闘いの日々。

 

捨てれば捨てるほど 住まいのスッキリと同時に
自信と明るさが出てきたことを自他ともに実感。
人の話しに耳を傾けるゆとりができました。
生まれ変わっていく感覚。
社会で働くことが家事よりも勝ると思い込んでいたこと、
家事は奥が深く、思考力・判断力・選択力・決断力・表現力・・
色々な生きていく上で大切な要素を培うことができる
人生創りのベースとだと気付かされました。

 

次第に人生が巡りだし
持ち家の売却 
東京に転居 
子どもの入試合格
とんとん拍子で動き出しました。

 

 

気が付けば断捨離®トレーナーへの挑戦を。
2014年、断捨離®トレーナー認定を受け
今年、断捨離®トレーナー9年目になります。

 

これまでの断捨離®トレーナー活動は
関東一円、福島、岐阜、愛知、新潟、富山など
その他ご依頼あればどこまでも断捨離をお届けしてきました。
スタイルはセミナータイプ、市町村講演会、
企業研修、カルチャーセンター
そしてパーソナルな問題解決にはご自宅訪問。
現在まで300回を超える断捨離®セミナー開催および、
外部依頼断捨離®講演活動は60回を越えました。

 

そしてコロナ禍で外出自粛が求められる中で
新しい学びとコミュニティスタイル
「オンライン断捨離®読書会」を2020年4月1日からスタート。
全108回一日も休まず開催。
延べ5300人の方が参加、「オン読」として親しまれました。

 

心の拠り所、私の居場所として親しまれ、役目を終えて。
コロナウイルス感染症が新たなステージを迎えた春。
オン読の次なるお役目
「自己成長を志す同志の集う 学びとコミュニケーションの場」
として4月からパワーアップしてスタート。
月2回のオンライン読書コミュニティで知識を深め思考力を鍛え
SNSコミュニティでアウトプット、表現や伝える力、出す力を
「自己成長への近道」として実践、リードしています。

 

 

 

断捨離の理論を正しくわかりやすくお伝えしながら
実際に「不要・不適・不快」なモノを捨てて
自分をより理解し、より望む生き方へと歩み始める実践サポートを
信条として皆さんと真摯に向き合っています。
厳しいことも申し上げますが 必ず最後は愛で包みます。




誰をどのように幸せにしたいですか?
目指すとことは何ですか?


色を変えたい場合は ツール の ソースコードを変更することで変えられます

枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。

春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。


見出しのメッセージ
このランディングページをごらんの方へメッセージ






春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。


このサービスの特徴
  • 特徴1

  • 特徴2



  • 特徴3
  • 特徴4
 
このサービスの流れ
  • 1 サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列
  • 2 ンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サ
  • 3 プル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サン
  • 4 ル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプ
注意事項
  • 1 サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列
  • 2 ンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サ
  • 3 プル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サン
  • 4 ル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプ
最後にひとこと








色を変えたい場合は ツール の ソースコードを変更することで変えられます

枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。

春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。






春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる