PR
PR
28347_banner_image?1552615224
25847_プロフィール写真

PROFILE

沖縄の長寿県復活を目指して!

わった~保健室副代表

儀間ゆかり

1971年、那覇市生まれ

高校卒業後に愛知県へ

准看護学校に通いながら病院で助手として勤務

その後、沖縄に戻り正看護師の国家資格を取得。

20歳代の頃は、循環器病院、救急病棟、手術室など

主に、緊急度の高い現場で勤務。

途中、健康診断の会社で採決の腕を磨く。

30歳代で外来のみのクリニックに転職。

夜勤がないため時間に余裕が出来た所で

働きながら夜間の大学に進学

社会福祉士の国家資格取得

45歳、高校卒業から30年以上にわたり

従事していた病医院での看護師を卒業

高校生の時に40歳代の母を、

35歳の時に2つ上の兄を

亡くした経験から、

自分の健康を第一に考えることが

大切な人幸せにすることだと

深く認識する。

認知症だった父は

83歳で亡くなる10日前まで

自分の足で歩いていた。

「寝たきり老人にはなりたくない」

という本人の強い意思によるものであった。

歳を重ねていくと

自分の足で歩くことが生きる望みとなる。

それは自分自身の意思で決めることが可能である

認知症の父の背中を見て感じ取った事です。

【健康を想造する】を

コンセプトに[沖縄の長寿県復活」と

「誰でも生涯現役」を目指して

沖縄県民の健康意識の向上をはかる活動をしている。

健康を想造するとは

 未来を想像し

 将来を創造し続けること

保有資格等
看護師歴28年目

社会福祉士、

マインドフルネススペシャリスト