25278_banner_image
Logo_flower
23138_リザストプロフィール
Expert
Award50

2021年 年間売り上げ TOP 50

PROFILE

一家に一人望診の出来る人を!

株式会社東方美人

望診家/日本望診ビューティスクール学長

鈴木ゆかり

父の直腸ガン~肝臓転移と、自分自身のアトピー性皮膚炎・喘息・うつ病の克服のため、マクロビオティック、望診、ホメオパシー、フラワーエッセンス、アロマテラピー、ホロスコープ、アーユルヴェーダ、クレイテラピーなどの多数の自然療法を学ぶ。

これらを学び実践する中で、心と体の繋がりを体感。

現在は、心と体への様々な抑圧を解きほぐし、『ナチュラルな自分が目覚める』ことをコンセプトにしたアストロ望診カウンセリングを実施。

アストロ望診アドバイザーの育成にも力を入れ、アストロ望診の普及を目指す。

アトピー性皮膚炎からの脱却を目的とした、『アトピーから脱却するための6ステップ講座』も人気を博す。

また、日本の伝統的な和食と発酵食品の持つ力を見直し、よりよく生きるための「食」を中心とした食養生の講座やワークショップを開催。

2022年5月、これらの講座を全て融合させ、自分の頭で情報を精査し・判断できる“自立した大人”を育てるためのオンラインスクール『日本望診ビューティスクール』を開校。

学長として、さらに後進の育成と、アストロ望診が職業として世に求められるスキルになることが目標。

保有資格等
・望診法指導士マスター

・代替医療師Vanillaホリスティックセルフケアマスター講座(全140時間)2年連続修了

・長谷川エレナ朋美主宰ビューティライフアカデミーインストラクター

・ムスビの会岡部賢二認定 マクロビオティックインストラクター

・ヨガ&アーユルヴェーダカウンセラー

・自然治癒力学校ibマッピングマスター講座修了(100人マッピング終了)


プロフィール

はじめまして、望診家の鈴木ゆかりです。

 

生後半年でアトピー性皮膚炎と診断され、以降35年以上もステロイドに頼ってきました。


症状はアトピー性皮膚炎だけに留まらず、喘息、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎などを次々患い、アレルギーマーチと呼ばれる状態に。
ステロイド漬けになり、徐々に心も蝕まれていき、鬱病にもなりました。

 

そんな長年抱えていたアトピー性皮膚炎を、食事療法とホメオパシーなどの自然療法で克服し、脱ステに成功。


また、父の末期がん治療の闘病を、食事療法を始め、食材を使った昔ながらのお手当法などでサポートし、完解させてきた経験から、


『病院に行く前に家庭でできるセルフケア』をマスターすることで、体も心も、“抑圧”という負のスパイラルから脱却できることを学びました。

 

脱ステ中に出会った、東洋医学の望診法。

 

肌に現れる湿疹やニキビ、シミ、ホクロ、シワなどは、全て内臓からの不調のサインであるという見方を知り、雷に打たれたかのような衝撃を覚えました。以降、望診法の魅力にどんどんハマっていったのです。

 

現在は、望診法に加えて、学生時代から勉強していたアストロロジー(西洋占星術)を融合させたメソッド“アストロ望診”創始者として、望診法を普及する講座などを開催。


2022年5月には、このメソッドを本格的に学べる『日本望診ビューティスクール』を開校します。


この他、個人向けにはアストロ望診カウンセリングと、メタトロン波動測定カウンセリングを行っています。

 

アストロ望診カウンセリングでは、ホロスコープから元々の体質を把握し、東洋医学の望診法をもとに現在の不調の原因を読み解き、本来のあなたらしい体質・気質へと導いていきます。

 

続かない・苦しい食事療法は意味がありません。


マクロビオティックや糖質制限でストレスになっている方にも、もっと楽に食生活を改善していく指導をさせて頂きます。

 

「体の声が聞こえない」、そんな現代人が多いストレス社会を、よりフレキシブルに人生を楽しんでもらいたい。

 

“私らしい美しさに目覚め、育み、煌めく人生を送る”ための必要条件

 

それがアストロ望診です。

 

 


一家に一人望診の出来る人を!
 
【風の時代は個性の時代】
2020年12月、西洋占星術上では「土」の時代から「風」の時代へと移行しました。

「土」の時代とは、縦型社会で、終身雇用制度で、一流大学・一流企業に所属すれば幸せになれるという、幸せの型にはめようとする時代でした。

大人が育てやすい子どもが良い子とされ、学校では企業戦士を育てる、企業に従順な人間を育てるような教育がなされてきました。

それにより、社会が良しとする幸せの型にはまらない人は、落ちこぼれというレッテルを貼られ、生きにくい思いをしていた人たちも多かったように思います。

また、そうした大きな組織・幸せの型に寄りすがることによって、依存精神が強まった時代とも言えるでしょう。

しかし、「風」の時代は横型社会で、自立した人間同士が社会を構成し、互いに手を繋ぎ合うことで社会を構築していく時代です。

「土」の時代のような、良くも悪くも寄りかかれる柱がないため、何かに寄りすがる(=依存)ことはできません。

他者への依存で人生を歩んできた人にとっては、これからの時代はとても厳しい時代になるでしょう。

過度に依存せず、自立して生きるためには、自分自身に確固たる判断軸があることが大事です。

その判断軸とは、

体と心の知識です。

体は、自分の快と不快を嗅ぎ分けて、リスク管理をしています。

体の声を無視し続けていると、自分では体がどんな状態なのか?がわからなくなり、他者の意見や情報に頼らざるを得ない状況になります。

それでは、他人にとっては良いとされるモノ(食べ物や薬)が、自分にとっては良くないということに氣付かず、様々なリスクを受けやすくなります。

それがゆえに、体も心もバランスを崩していくことになるのです。

「風」の時代は、個人が活きる時代です。

そのためには、自分の個性を知ることが大事です。

自分の個性(強みや弱み)を知ることで、他者との違い・自分の強みを活かすことが可能になります。

西洋占星術では、この個性を知ることができ、そこから自分の体質や氣質も把握することが出来るため、

望診という肌分析の結果を、さらに自分に合わせて、食事や生活を改善するということが可能になります。

「土」の時代がとってきた、“標準治療”という万人に共通することのみにフォーカスするのでは、もう対処が難しいほどに、現代人の病氣は複雑化・難治化しています。

「風」の時代の、“個性に合わせた治療”は、伝統医学ではもともと大切にしてきた手法で、個性の把握なしには治療は成り立たないと、考えられてきました。

アストロ望診は、洋の東西に関わらず、全ての伝統医療が大切にしてきた“個性の把握”を基本として行う、古くて新しい見立て方です。

医療や、家庭でできるセルフケアにも、個性というエッセンスを加えることで、より高い効果を得ることが可能になると考えています。

私の考える、「一家に一人望診の出来る人を」というのは、この個性を大切に考える、アストロ望診の出来る人を増やすことを意味しています。

「風」の時代を迎えた、あなたの毎日の健康維持に、

“アストロ望診”という羅針盤を手にしてみませんか?
 
 
 
 

鈴木ゆかりの主なサービス
  • <アストロ望診
          カウンセリング>
  • <オンラインサロン
     『ゆかりの部屋』交流会>


 

    • <日本望診
          ビューティスクール>
      •   <アストロ望診カフェ

      • <メタトロン波動測定
              カウンセリング>
  • <HOLISTETIQUE代理店>

  • <星ダイアリー活用術
          シェアお茶会>