22420_banner_image
20564_l21xnmeikdkr72m7igminzi4hkuxxekb
Professional

PROFILE

「やすらぎ」「希望をもって生きる感覚」を取り戻し、『安心できる自分の居場所』を増やしていく

焚き火セラピスト

石原 のりこ

優しさ、素直さ、安心感を

取り戻したい女性のための

隠れ処【TAKIBIのここち】主宰。

大切な人との死別や離別。

ダメージがなかったかのように頑張ってきた女性が立ち止まれる場所を「自然体験」と「オンライン」でご用意しています。

自分の本当の思いを大事にできる

「人との関わり方」

「働き方」

「居場所づくり」

の実現までを支援します!

私は高校2年生の秋に

突然学校に行けなくなりました。

なんの準備もなく

後ろめたさの渦に

のみ込まれていきました。

人生で初めての挫折から

復活できたのは20歳の時でした。

20代は働くことの面白さ、自分が働いたお金で趣味のアウトドアに没頭できる「楽しさ」「面白さ」を思う存分味わいました。

2003年、32歳の時にパートナーが突然命を絶ち、私は自分の生きる意味が分からなくなりました。職場以外では人との交流を断ち、週末は一人で山を歩いて、日々をやり過ごしてきました。

40代に入ってから、新たなパートナーとの出会い、妊娠〜出産、育児休職、育休復帰、会社員フルタイムワーママを経験しました。

毎日、家、会社、保育園のトライアングルゾーンを時間に追われてグルグルする中で、自分がどこに向かって日々を頑張っているのかが分からず、自分を一度リセットしたいと思うようになりました。

1970年新潟県に生まれ。

短大卒業後、教育系企業に勤務。コールセンター運営管理、業務改革に携わる。

2012年に双子を高齢出産。

2014年に2年間の育休を経て職場復帰。両実家遠方につき、夫と二人で仕事と双子育児の両立に奮闘。

2017年秋、25年間務めた企業を退職して独立。

2018年 コーチとしての活動をスタート。

2019年 死別16年目にして自分のグリーフ(死別の哀しみ)と向き合う。

2020年7月 グリーフ専門士となる。

2021年7月 グリーフカウンセラーとしての活動をスタート。

2021年12月 隠れ処「TAKIBIのここち」を本格稼働。

保有資格等
日本グリーフ専門士協会認定グリーフカウンセラー

グリーフ専門士

自死遺族相談員