18_zjc1ytixy2vhnwyzo
1943_123202308_10215637841692853_6089740781743411037_o
Professional_s

PROFILE

女性が豊かに生き生きと働ける社会を作る

医療法人認定透視ヒーラー・心理セラピスト

いそじまとしえ

愛とお金のマインド専門

 医療法人弘愛会認定気功療法師

 

 

 幼少のころから透視能力とヒーリング力を持つ。大手商社、某メガバンクで30年近く勤務。在職中から、産業カウンセラーには話せない多数の女子社員の相談に乗る。同僚の死を機に退職。5年以上学んだ心理学とコーチング、

 

 自身の透視能力とヒーリング力を合わせヒーラーとして独立する。

 

 

 多くの女性成功者と接するうちに、幸せに成功していく人とそうではない人の違いはお金への間違った思い込みや夫婦や親子関係が原因と知る。「愛情不足」や時間的な「不自由さ」、お金のストレスに悩む女性を助けると決意。愛とお金も手にして、思いのままに成功する「3分感じるだけ!いそじま式EERメソッド」を体系化する。

 

 

 お客様からは「収入0だったが、父との関係を修復後、収入7桁になった」「夫に無視され続けていたのが、一緒に海外旅行に出かけるまでになった」「夫の浮気が止まり、都心の一等地に事業所を開いた」「父とのわだかまりが解けて、その年に年商一億円を達成し翌年結婚」などの喜びの声が多数寄せられる。顧客に国会議員、上場企業経営者、大学教授、直木賞受賞作家、プロアスリート、彫刻家、アナウンサー、アーティスト等著名人を抱える。

 

 これまでに個人セッション、ワークショップ、セミナー等を海外も含むのべ10,000人以上に提供。「たくさんの愛を受けて才能を活かし、いきいきと社会で活躍する女性成功者を増やす」ことをミッションとする。

 

 剣道、合気道、太極拳をたしなむ

 夫、息子、猫と暮らす。東京在住

 中央大学経済学部卒業

 

 

医療法人認定気功師、心理セラピスト、波動マスター、レイキティチャー、リンパセラピスト、催眠療法師 等

プロフィール


医療法人弘愛会認定気功療法師
お金に愛されるマインドの専門

大手商社、メガバンクで30年近く経理、与信管理業務に携わり、約3万人ものお金に対する不安や罪悪感を持つ人と関わる。定年を考えはじめた頃、過労とストレスで同僚が亡くなり、以前から学んでいた心理学とコーチング、さらに幼少のころから持つヒーリング力を合わせヒーラーとして独立を決意する。

その後、仕事・家族・お金が原因で体調を崩す人など、のべ6000人のヒーリング、エネルギーワークの稽古会を6年以上行う。順調に経験を積んでいた矢先、悪性リンパ腫を発症。病気と戦うのではなく、共に生きることでより人生に豊かさを痛感するようになったことから、「ウイズラブ気功プログラム」として体系化する。


お客様からは「病気で収入0だったが、お金のイメージが変わったら、収入7桁になった」「お金のエネルギー循環を理解したら肺がんの進行が遅くなり順調に芸能生活を続行」「6年間寝たきりだったが、ヒーリング3か月で走れるまでに快復、現在地元の短大で講師を務める」などの喜びの声が多数寄せられる。顧客に上場企業経営者、大学教授、直木賞受賞作家、プロアスリート、彫刻家、アナウンサー、アーティスト等著名人を抱える。

これまでに個人セッション、ワークショップ、セミナー等を海外も含む6,000人以上に提供。「体調不良があっても豊かで幸せに生きる人を増やす」ことをミッションとする。

武道、氣功、各種エネルギーワークをたしなむ
夫、息子、猫と暮らす。東京在住


中央大学経済学部卒業
医療法人弘愛会認定気功療法師
日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー


・・・・・・・・・

5日間で金運UP! 特別無料メール講座
『運気を上げて願いを叶える!幸せなお金と仲良くなるコツ』
ご購読はこちら ↓


メールマガジン




どういう使命感のもとこの仕事をしていますか?


春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。


誰をどのように幸せにしたいですか?
目指すとことは何ですか?


色を変えたい場合は ツール の ソースコードを変更することで変えられます

枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。

春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。


見出しのメッセージ
このランディングページをごらんの方へメッセージ






春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。


このサービスの特徴
  • 特徴1

  • 特徴2



  • 特徴3
  • 特徴4

このサービスの流れ
  • 1 サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列
  • 2 ンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サ
  • 3 プル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サン
  • 4 ル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプ
注意事項
  • 1 サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列
  • 2 ンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サ
  • 3 プル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サン
  • 4 ル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプ
最後にひとこと








色を変えたい場合は ツール の ソースコードを変更することで変えられます

枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。

春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。






春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





smtp08