13709_banner_image
12623_img_4436
Expert
Award51

2021年 年間売り上げ TOP 100

PROFILE

50歳からの新たな人生を歩みたい方に。未来不安を極限まで取り除くための考え方と実践法をお伝えします。

やましたひでこ公認断捨離®チーフトレーナー

宮本美智代

プロフィール

2010年 断捨離に出会う。本を読み、独学にて実践。独学のため、思うようにはかどらず、セミナーに参加。断捨離哲学、やましたひでこの人柄に刺激を受ける。その後もセミナーを何度も受講し、断捨離理論をもとに実践し、家の中が見違えるようになり、人間関係にもいい影響が出る。

2012年に初の断捨離合宿に参加し、断捨離トレーナーになる決意を持つ。

2013年第2期断捨離トレーナー講習に参加。

2014年 断捨離インターンとして活動を開始。

断捨離が好きな人が集まっておしゃべりする会、通称ダンシャベリ会を主催。その後、重ね煮料理人とのコラボ企画である”断捨離&重ね煮コラボランチ会”を自宅にて開催。

美味しくて、体にも優しい“重ね煮”と断捨離空間で、日常生活に重要な食生活と住環境にフォーカスし、たくさんの方を招き、人気ランチ会に成長。

2015年 やましたひでこ公認アシスタント断捨離トレーナーに認定

断捨離の基本をお伝えする”断捨離セミナー入門編”を開始。

本やテレビでは納得できないことや疑問をできるだけわかりやすく説明。

今まで、進まなかった片付けが進み、頭の理解だけではなく、行動に落とし込むことで、腑に落ちたと好評いただきました。

行動を習慣化させ、自然にできるようにするために”30日間メールサポートサービス”を開始。それと同時に直接自宅に伺い断捨離をサポートする”自宅サポートサービス”も開始

2016年 やましたひでこ断捨離トレーナーに昇格

入門編ではモノの断捨離についてお伝えしていましたが、思考や感情、行動の断捨離についてもお伝えしていています。

2020年6月 人気テレビ番組「ウチ、断捨離しました!」に出演。依頼者からのご要望で洗濯物の畳み方、収納の仕方を指南し、たくさんの反響をいただく。

2020年12月 断捨離®チーフトレーナーに昇格

2021年4月より鹿児島県指宿市にある「指宿ベイヒルズHOTEL&SPA」内の

「断捨離リトリート リヒト」の管理人として、滞在

滞在中はオンラインを中心とした講座を開催し、

大阪に戻ってきたときはご自宅サポートが活動の中心となり、現在までに約50名の方のお宅に伺い、断捨離空間の作り方をお伝えしています。

元々、片付けは嫌いではなかったのですが、片付けても思うようにならず、イライラしながらも、それでも楽しい毎日を送っているつもりでした。

しかし、ある人間関係のもつれからそのイライラがマックスになり、相手を憎む気持ちがふつふつと湧いてきました。

その怒りを鎮めたいと思い、たくさんの本を買い込み、むさぼるように読みましたが、どの本も平常時には納得できるけれど、イライラした心を持っている時にはなんの参考にもなりませんでした。

しかし、その中の一冊だけは違いました。

それがやましたひでこ著の”断捨離”

そこに書いてあったのは「家の中を片付けると心が整い、頭の中が整理できる。」一番響いた言葉です。

家の中を見渡してみると、整理しきれなかったモノたちが溢れているのが見えてきました。

「これを整えると、本当に思考が整理され、気持ちが落ち着くのか。」

半信半疑で実験してみたら、

一つ捨てる度に心が軽くなり、

一つ処分する度に習慣が変わり、

一つ手放す度に思考が変わる。

それを続けていくと、自分にも変化があり、イライラの元凶であった会社を退職する決断ができ、それまでとは違う楽しい毎日を過ごせるようになりました。

それでも、日々生活していると、悶々とした気持ちになることはありますが、断捨離で学び、実践してきたおかげで問題解決がスムーズになり、いやな気持を引きずることがなくなりました。

自分が憧れていた生活ができるようになっている今、毎日が楽しくて仕方ありません。

人生ごきげんに過ごすために、自分の家の中から、簡単な毎日の家事からごきげんが生まれてくる。

そんな“断捨離”という実践哲学を多くの人に伝えたい。

そんな気持ちで日々活動しています。

保有資格等
やましたひでこ公認断捨離®チーフトレーナー

(断捨離®はやましたひでこ個人の登録商標のため

認定された公認トレーナーしか断捨離をお伝えすることはできません。)

プロフィール

プロフィール
2010年 断捨離に出会う。本を読み、独学にて実践。

独学のため、思うようにはかどらず、セミナーに参加。

断捨離哲学、やましたひでこの人柄に刺激を受ける。

その後もセミナーを何度も受講し、断捨離理論をもとに実践し、家の中が見違えるようになり、人間関係にもいい影響が出る。

 

2012年 断捨離合宿に参加し、断捨離トレーナーになる決意を持つ。

 

2013年 第2期断捨離トレーナー講習に参加。

 

2014年 断捨離インターンとして活動を開始。

断捨離が好きな人が集まっておしゃべりする会、通称ダンシャベリ会を主催。

その後、重ね煮料理人とのコラボ企画である”断捨離&重ね煮コラボランチ会”を自宅にて開催。

美味しくて、体にも優しい“重ね煮”と断捨離空間で、日常生活に重要な食生活と

住環境にフォーカスし、たくさんの方を招き、人気ランチ会に成長。

 

2015年 やましたひでこ公認アシスタント断捨離トレーナーに認定

断捨離の基本をお伝えする”断捨離セミナー入門編”を開始。

本やテレビでは納得できないことや疑問をできるだけわかりやすく説明。

今まで、進まなかった片付けが進み、頭の理解だけではなく、行動に落とし込むことで、

腑に落ちたと好評を得る。

行動を習慣化させ、自然にできるようにするために

”30日間メールサポートサービス”を開始。

それと同時に直接自宅に伺い断捨離をサポートする”自宅サポートサービス”も開始

 

2016年 やましたひでこ断捨離トレーナーに昇格

入門編ではモノの断捨離についての講座が主でしたが、

思考や感情、行動の断捨離など、深い部分にフォーカスした講座を展開

 

2020年6月 人気テレビ番組「ウチ、断捨離しました!」に出演。

依頼者からのご要望で洗濯物の畳み方、収納の仕方を指南し、たくさんの反響をいただく。

 

2020年12月 断捨離®チーフトレーナーに昇格

 

2021年4月より鹿児島県指宿市にある「指宿ベイヒルズHOTEL&SPA」内の

「断捨離リトリート リヒト」の管理人として、1年の半分の期間滞在

リヒト滞在中はオンラインを中心とした講座を開催し、

大阪滞在中はご自宅サポートを中心とした活動。

現在までに約50名の方のお宅に伺い、断捨離空間の作り方をサポート

 

 

毎日をごきげんにするには
身近なところに視点を移す。
そう、家の中から、家事の合間に。

元々、片付けは嫌いではなかったのですが、片付けても思うようにならず、

イライラしながらも、それでも楽しい毎日を送っているつもりでした。

しかし、ある人間関係のもつれからそのイライラがマックスになり、

相手を憎む気持ちがふつふつと湧いてきました。

その怒りを鎮めたいと思い、たくさんの本を買い込み、むさぼるように読みましたが、

どの本も平常時には納得できるけれど、イライラした心を持っている時には

なんの参考にもなりませんでした。

しかし、その中の一冊だけは違いました。

それがやましたひでこ著の”断捨離”

そこに書いてあったのは「家の中を片付けると心が整い、頭の中が整理できる。」

一番響いた言葉です。

家の中を見渡してみると、整理しきれなかったモノたちが溢れているのが見えてきました。

「これを整えると、本当に思考が整理され、気持ちが落ち着くのか。」

半信半疑で実験してみたら、

一つ捨てる度に心が軽くなり、

一つ処分する度に習慣が変わり、

一つ手放す度に思考が変わる。

それを続けていくと、自分にも変化があり、イライラの元凶であった会社を

退職する決断ができ、それまでとは違う楽しい毎日を過ごせるようになりました。

それでも、日々生活していると、悶々とした気持ちになることはありますが、

断捨離で学び、実践してきたおかげで問題解決がスムーズになり、

いやな気持を引きずることがなくなりました。

自分が憧れていた生活ができるようになっている今、毎日が楽しくて仕方ありません。

ごきげんな人生を過ごすためには、まず自分の家の中から、簡単な毎日の家事に

視点を移し実践、実行していく。


“断捨離”という実践哲学を多くの人に伝えたい。

そんな気持ちで日々活動しています。

・片付けても、すっきりしない方
・片付け方がわからない方


色を変えたい場合は ツール の ソースコードを変更することで変えられます

枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。

春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。


見出しのメッセージ
このランディングページをごらんの方へメッセージ






春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。


このサービスの特徴
  • 特徴1

  • 特徴2



  • 特徴3
  • 特徴4
 
このサービスの流れ
  • 1 サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列
  • 2 ンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サ
  • 3 プル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サン
  • 4 ル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプ
注意事項
  • 1 サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列
  • 2 ンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サ
  • 3 プル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サン
  • 4 ル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプ
最後にひとこと








色を変えたい場合は ツール の ソースコードを変更することで変えられます

枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。

春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。






春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる