11265_banner_image
10388_img_62201
Professional_s

PROFILE

【複雑性PTSD】生きづらさ回復のためのカウンセリングを提供しています。

生きづらさ回復専門カウンセラー

森脇和世

初めまして                                        

ようこそお越しくださって

ありがとうございます                         

                                        

生きづらさの回復に向けてのさまざまな活動を通して

本当にたくさんの方々との出会いがありました                       

私自身も、昔から生きづらさを感じ

回復に向けて進んできた一人です                                 

回復の支援をしていて

もちろん大変なこともたくさんありますが

すぐ飽きる性分の私がこれまでこの活動を

続けてこられたのは                              

回復した方の頼もしい後ろ姿                               

イキイキと生きることを決めた方の

力強い言葉                                        

そして、自分の弱さを受け入れた時の

素敵な笑顔

まるで罪悪感という見えない籠から解き放たれて

広い空に飛んで行かれるような                                   

そんな後ろ姿に、私はたくさん励まされてきました                            

だからきっとやめられないのでしょうね                               

これからも皆様と、回復に向けて

ご一緒させていただけたらと思います。                               

どうぞ、よろしくお願い致します。

【複雑性PTSDについて】

                                                                                                                                                                                                                                                                                             ★どうして複雑性PTSDになるのか?

 その症状や原因については

 まだまだ広く知られていません。

 密かに、自分を責めることしか できずに

 これまで 生きてこられた方も

 いらっしゃるでしょう。                   

 知らないということは

 最も自分を大切にしていないことになると

 私は思っています。                              

 個別の相談や、グループでの 集まりを通して

 自分の生きづらさの原因を 知ってください。                 

 静かに、自分で自分を 見守るように

 生きづらさからの回復を 目指しています。

保有資格等
<公益財団法人

関西カウンセリングセンター認定>:上級心理臨床カウンセラー

<日本複雑性PTSD当事者支援協会認定>:JCPSP認定複雑性PTSDカウンセラー

プロフィール

 
 
【複雑性PTSD】生きづらさからの回復のために


生きづらさといっても、本当にいろいろあります。
いつも一生懸命生きているのに、全く報われないとしたら
がっかりしますよね。
 
とてもつらいから相談したのに、相談相手から「もっと人には感謝しないといけませんよ」
「いつまでそんなこと言ってるの」等と理解してもらえないどころか
諭されたり批判されたり・・・・
 
 
誰にもわかってもらえないという経験は
時間の経過と共に、今度は自分で自分を責め続ける
という形を取り始めることが多いようです
 
 
この自分を変えようと、これまで努力してきたけれど
ゴールが見えず、一人で悩みを抱え
もっと頑張らないからいけないんだ!と自分を叱咤激励して
本当に毎日神経をすり減らしてしまいます
 
 
それは今、あなたの生きづらさが自分の内側からしか見えていないのかもしれません
外側からも見てみたり、横から観察したり・・・
 
 
自分をこれ以上責めない形で自分を観てみませんか?
 
 
風邪をひいたら鼻水だ出たり、熱を出したり、のどが痛くなる
それらは症状であって、自然な現象ですね
 
 
それが症状だと知らずに「鼻水を出す私はだらしがないからだ」
「熱を出すなんて弱いからだ」「のどが痛くなるなんて情けない」
と責めるているとしたらどうでしょう?
 
 
 
それはあまりにも辛いことです
 
 
 
生きづらさの根底には
「罪悪感」「無価値感」「恥」
の心が無意識に存在しているのですよと、カウンセリングやグループの集まりで
お伝えしています
 
 
あなたがどうしても人の目を気にしているのなら
気にしなくてはいけない理由があるのです
 
 
あなたがどうしても自分を責めてしまうのなら
自分を責める正当な理由があるのです
 
 
その理由を知りたくないですか?
 

自分を優しく理解する時間を持つことは
あなたの豊かな時間を増やすことにつながるでしょう
 
 
一人ではなく誰かと・・・
一人ではなく同じ生きづらさを抱える仲間と・・・・
 
 
ご一緒出来ると嬉しいです
 
 

一人一人生きづらさの根っこは違うので
オーダーメイドの回復を目指します
一言で生きづらさといっても、人それぞれです

それは子供時代に受けた心の痛みが

今にどのような影響を与えているかが違うからです


あなたはどんな症状に困っていますか?
  • ● 普段から人が怖くビクビクしているし、人との距離がわからない

    ● 嫌な記憶が頭から離れず、何時の同じことを繰り返し考えてしまう

    ● 時々ぼんやりしてしまって、自分が自分じゃなくなったような感じになる

    ● いつも人を疑ってしまって、気がついたら関係がこじれてしまう

    ● 何もかも自分が悪いような気がして、毎日仕事に行くのが辛い

    ● 気持ちのコントロールが出来ず、急に涙がでたり、感情を爆発させたりしてしまう

    ● お酒やギャンブルがやめられない

    ● いつもちょっとしたことでパニックになる・・・・・
 
これらは、昔の痛みからくる症状かもしれません
 
そうだと知らずに自分を責めているとしたら
そうだと知らずに性格を変えなくてはと頑張っているとしたら
そうだと知らずにどうせ自分なんてと諦めてしまっているとしたら
 
そんなもったいないことはありません
 
毎日責める必要はないのです
 
毎日自分にがっかりする必要もないのです
 
新しい自分になるのではなくて
本来は持たなくてもいい「罪悪感」「無価値感」「恥」の気持ちを手放して
軽やかに人生を送っていっていいのです
そう自分を許せたとき
あなたはどんな気持ちになっているのでしょう?
 
一人で抱えるのではなく
理解ある人と共に、同じ経験をしている仲間と共に
回復の道のりを歩き始めるお手伝いができたらと思っています

どうぞ、よろしくお願いします。