Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1association Menu_2event_lesson Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
21445_nzzhngu5yjewzmexm
*3問中、1つでも不正解がある場合は、あなたは「合意形成が不得意なタイプ」とご理解ください。

なぜ、合意できないのか?


1、商談中「笑顔で前向きに検討します」と伝えられ、後日メールで「御断り」を頂いた

2、部下にチャレンジングな仕事を任せたら「はい。わかりました」と引き受けてくれたが、
  後日部長から「お前が仕事を押し付けたパワハラだと本人が言っている」とFeedbackされた

3、役員へ報告中に「俺が聞きたいことを説明してくれる!!」と怒鳴られた。
  役員の関心事を報告しているつもりだったのに・・・


私は、一般社団法人日本図解協会の代表理事に就任する前、

日産自動車株式会社ルノー日産共同購買本部にて、
リージョナルサプライヤーパフォーマンスマネージャーとして、

ルノー日産両ブランドの車に使う鉄板の買い付けを世界13カ国から行っておりました。

日本製鉄、JEFスチールといった日本の鉄鋼会社様や、
アルセロールミッタル、POSCOといった海外の鉄鋼会社様とも、
買い付け時に価格の交渉を行いました。


その買い付け額は、年間1000億円前後となり、
日産自動車の役員、鉄鋼会社の役員様を交えて、
激しいやり取りの末、買い付け価格を妥結する仕事を11年間経験。

そこで学んだことは、
「合意形成が得意なタイプ」と「合意形成が不得意なタイプ」には、
それぞれ共通事項があるということです。


日本、韓国、中国のアジアのみならず、アメリカ、フランスなど欧米の方でも共通、
万国共通で、「合意形成が得意なタイプ」と「合意形成が不得意なタイプ」に分かれます。

したがって、私は、「合意形成が不得意なタイプ」を相手にする際は図解を使い、
世界13カ国の方々と、短期間に合意形成する方法を会得することができました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<本ページの役割>

上記の経験を踏まえて、
「合意形成が得意なタイプ」と「合意形成が不得意なタイプ」を、

簡単にご自身で診断できる設問を設けましたので、ご活用ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 
 
 
 
 

追伸、
*3問中、1つでも不正解がある場合は、
あなたは「合意形成が不得意なタイプ」とご理解ください。

もし、「合意形成が不得意なタイプ」と診断された場合は、
以下日経新聞の記事をご参考頂き、図解を活用するようにして見てください









Facebookにログインすると名前とメールアドレスが自動入力されます
1、自分の意見を相手に理解してもらい、協力をお願いしたい場合、以下1〜3のうちどの図解コミュニケーションが最も有効でしょうか?
ロジックツリー図で、自分の意見を論理的に筋道立てて説明できるように、整理する
2、→図で順序だててプロセス(段取り)を説明する
3、先ず、相手の関心を伺ってから、自分の意見と相手の関心の共通点と違いを2つ○図で明確にしてから、協力をお願いする
2、協力をお願いしたが、相手は逆に気分を害して怒り出したました、あなたならどう対応されますか?以下1〜3より、合意形成に最も有効だと思われるあり方・やり方を選んでください。
怒られて悲しいことを素直に伝えて、なぜ、怒ったのかを丁寧に傾聴してから、自分が相手に協力をお願いしたい背景を自信を持って説明する。
「申し訳ありません」と先ず謝って、その場を取り繕い、相手が冷静になるまで耐える。
「申し訳ありません」と先ず謝ってから、それでも相手に協力をお願いしたい理由を、論理的にわかりやすく明確に相手に説明する。
3、協力をお願いしたいのに、相手は一向に聞く耳を持たず、相手が言いたいことばかり語り続けます。以下1〜3のうち、どの対応方法が最も合意形成に有効でしょうか?
傾聴が大切なので、とにかく聞き役に徹して、最後の5分でお願いする。
相手の話してくれたことを2つ○図形にまとめてから、自分が協力をお願いしたいことを伝える。
区切りの良いところで相手の話を遮って、上手く自分の話題に切り替える
お名前
姓) Must
名) Must
メールアドレス Must
ご紹介者
3問に答えればわかる「合意形成が得意なタイプ?」        OR「不得意なタイプ?」診断テスト の感想をお寄せください。
 
 
 
 
Profile
Expert
代表理事

一般社団法人日本図解協会

Mission
【競争から共創】の時代へコミュニケーションを図解し、図解でご縁をつなぐ。すなわち、図で解りあえる
Senmon

図会議法による多数決禁止の合意形成 インターナルブランディングによる組織開発 思考整理 構造化抽象化具体化 図で解りあえる技法

一般社団法人日本図解協会 代表理事
早稲田大学エクステンションセンター 図解学講師
産業能率大学 夜活 図解学講師
図解改善士 多部田憲彦(たべた・のりひこ)一般社団法人日本図解協会代表理事

1979年千葉県銚子市生まれ。早稲田大学商学部を卒業後、2002年に古河電気工業株式会社に入社。翌年、同社タイ工場の改善を任され、「図解」で会話を繰り返し6ヶ月で改善業務を完了させる。2007年に日産自動車株式会社へ転職し、ルノー日産共同購買本部リージョナル・サプライヤー・パフォーマンス・マネージャーとして海外のメンバーと協働する機会に恵まれる。

一方、個人として図解を広める活動を開始。2010年から図解勉強会を主宰、2013年に『図解de仕事術』(明日香出版社)を刊行、翌年からは早稲田大学エクステンションセンター中野校で社会人向け講座の担当などを経て、2018年日産自動車を退職後、現職に。

また地元銚子市で観光大使を務め、図解で銚子の魅力を可視化する試みを進めている。2020年4月からは産業能率大学経営学部にて「図解で思考力を鍛える」の兼任教員として出講予定。


ーーーーーーーーーーー
日本図解協会の取り組み
ーーーーーーーーーーー

①活動状況

ウェブサイトをご覧ください
↓ ↓ ↓
URL:https://www.zukai.or.jp

【ウェブサイト概要】
・図解とは何か?
・日本図解協会とは?
・協会の活動
・図解検定
・お客様の声


②沿革

8年間の歩みを以下のページにまとめております
↓ ↓ ↓
https://www.zukai.or.jp/news/article_00028..

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2019 Fukai association of Japan. All Rights Reserved.
Powered by reservestock