Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5conclusion
 
 

登録販売者適正プチ診断

(注)このサービスは無料です。
 登録販売者適正プチ診断を利用された方には無料メルマガに自動登録させていただきます。
 ご必要のない場合は、メルマガを受け取った際に指示に従って解除をお願いします。
 また個人情報の取り扱いには最善を尽くしております。
 第三者が情報を閲覧することはありませんのでご安心下さい。
 
 
 
 
 
8つの質問に回答することで、
登録販売者としての適性をプチ診断することができます☆彡
 
 
登録販売者適正プチ診断
 
 
 
 
 この仕事に自分は向いているのか?
 
 登録販売者には、どんなセンスやスキルが必要なのか?
 
 登録販売者として、今の自分にできていること、できていないこと。
 
 
 
 
 
 
 
2015年から、実務経験がなくてもどなたでも受験できるようになり、
登録販売者の仕事はどういうものかを知らないまま、
受験して合格する人が多くなりました。
 
実際に勤務するようになってから、
資格の概要を知る・・。
 
そんな人も多いと思います。
 
受験対策の講座は多いですが、
合格後のスキルアップをサポートしてくれる場所はほとんどなく、
 
手探りで学習しているのが現状だと思います。
 
 
自分には何が足りないのか?
 
何を勉強したらいいのか?
 
そもそも、この仕事に向いているのか?
 
 
こんなモヤモヤを抱えている方に、
何かのお役に立てれば嬉しいです。
 
 
新人の頃は分からないことだらけで、
仕事の楽しさなんて感じられない・・。
 
実際に私もそんな新人時代を送っていました。
 
充分にお客様の相談に応えられるようになるまで、
6年ほどかかりましたので、
 
新人の頃の3、4年ほどは、
仕事が本当に楽しくなく、自分は向いていないと思っていました。
 
しかし、根気よく勉強をしていくうちに、
徐々に相談にも応えられるようになり、
お客様に「ありがとう」と言ってもらう機会が増え、
 
気がついたら仕事が楽しくなっていました。
 
ですから、
今は仕事が楽しくないと思っていても、
それが「仕事に向いていない」と決めつけないでほしいのです。
 
この仕事は、一人前になるまでの道のりが、ものすごく長いです。
 
 
焦らず、気長に。
 
でも毎日の学習は怠らずに。
 
 
健康やお薬の分野が好きな人は、
自然にそれができると思いますので、
 
ご自身の目的、目標、夢に向かって、
突き進んでいってくださいね!
 
微力ではありますが、応援しています!
 
 
 
新人登録販売者スクール
 
 
 
(注)au、docomo、Softbankのアドレスではなく、なるべくGmailやYahooメールなどのアドレスでご登録ください。

パソコンからのメールを受け取らない設定にしている場合には、回答メールを受信できないことがあります。

 

au、docomo、Softbankのキャリアの方は、

Yahoo.co.jpからのメールを受信できるよう設定してから、ご登録くださいませ。

お手数ですが、どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

Facebookにログインすると名前とメールアドレスが自動入力されます
資格を取るまで、薬を飲むことに対して、どんなイメージを持っていましたか?
①薬は嫌いだから、普段から滅多に飲まないようにしている。
②市販薬は効果が弱いし安全だから、いつも気軽に使用している。
③体調不良の時には飲むけれど、薬に頼りすぎるのは良くないと思っている。
登録販売者の資格を取る前、薬や健康に関心はありましたか?
①薬に全く関心はなかったけど、会社に命令されて仕方なく受験した。
②薬や健康に関心はあったけど、登録販売者のことはあまり知らないまま受験した。
③薬や健康の分野に関心があり、この仕事に興味があって資格を取得した。
「〇〇(商品名)はどこにある?」と聞かれた時に、棚まで迷わずにご案内できますか?
①その商品を取り扱っているかどうかも、よくわからない。
②商品名は知っているけれど、商品の棚の位置まではわからない。
③商品の場所まですぐにご案内できる。
会社の推売品をお客様にお勧めする時に、葛藤のようなものを感じますか?
①葛藤は特に感じない。推売品を売るのも大事なことだと思う。
②葛藤はあるが、推売しないと店長に怒られるので、仕方なく声掛けしている。
③症状に合っていれば勧めるが、合っていなければ勧めない。お客様の安全第一だと思う。
「A商品とB商品の違いは何?」と聞かれた時に、サッと答えることができますか?
①商品の違いを聞かれても、正直よく分からない。聞かれても困ることが多い。
②外箱の表示を見ながら、効能や成分、用法用量の違いは説明できる。
③成分構成を見て、商品の特徴や適した症状などを情報提供できる。
お客様の訴える症状から、病態を推測することができますか?
①症状を言われても病態がよく分からず、薬を売ってもいいのか不安になることがある。
②症状から商品を選ぶことはできるが、症状が複数あると混乱して分からなくなる。
③症状をお伺いして、その原因や病気の可能性を少しイメージできるようになった。
お薬を提案する際に、養生用や家庭でのケアの方法等をお伝えするのが得意ですか?
①薬を売るだけで精一杯で、養生法まではお伝えできていない。
②簡単な養生法ならお伝えできるが、専門的な説明は苦手。
③薬の効果を発揮させるためにも養生法は大事なので、出来るだけお伝えするようにしている。
登録販売者として、どんな働き方をしていきたいですか?
①薬の販売にこだわらず、ほかの部門での仕事も経験してみたい。
②ドラッグストア等で、これからも市販薬の販売に携わっていきたい。
③将来的には、社内の教育担当や指導者、漢方相談員として活躍したい。
お名前
姓) Must
名) Must
お名前(かな)
せい) Must
めい) Must
メールアドレス Must
お住まいの地域 Must
ご紹介者
回答をメールでお届けいたします。
登録販売者適正プチ診断の感想をお寄せください。
 
 
 
 
Profile_flower
Expert_s
代表理事

仲宗根 恵

Mission
登録販売者の育成と家庭における医薬品の正しい知識の普及に全力を尽くします
Senmon

医薬品登録販売者(旧薬種商) 登録販売者、OTC(一般用医薬品)

●医薬品登録販売者(旧薬種商)

【著作】
・現場で使える新人登録販売者便利帖(2016年)
・現場で使える新人登録販売者便利帖 症状から選ぶOTC医薬品(2017年)
・現場で使える新人登録販売者便利帖 成分と特徴で選ぶOTC医薬品(2019年)


平成元年に薬種商試験に合格し、その後は町の小さな薬局から大手ドラッグストアまで、さまざまな店舗で医薬品販売業に携わってきました。薬屋の家に生まれ、実務経験を含めると医薬品販売に携わった期間は約27年になります。

登録販売者制度スタート直後、合格後に挫折してしまう多くの登録販売者を現場で目の当たりにし、新人さんのスキルアップのサポートをしたいと思うようになり、2011年末に勤めていたドラッグストアを退社。

2012年1月に起業。新人登録販売者向けのマンツーマン講座、メルマガ配信、全国各地でのスキルアップ講座開催やスクールの開講など、登録販売者講師として活動中です。

これまでに、全国各地で約220回の講座を開催。

登録販売者向けの書籍3作の出版や一般の方向けのお薬の本やWebサイトの監修なども行ないながら、新人育成のほか、現在は指導者の育成にも力を入れています。

  nakasonemegumi1
B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2019 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock