Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 

【無料占い】名前から知るあなたの魂の願い

こんにちは。
外園佳代(ほかぞのかよ)です。

「みんなの地球ライフを楽しくしたい!」
という願いのもと、
各種イベントや講座の企画・主催を
しています。

 

 

この地球に生きるわたしたちは
だれもがみな
何かの願いを持って
行動しています。


でも、
表層で意識している願いだけでなく
より深い、
魂のレベルでの願いを
知りたいと思いませんか?


「そんなのわかるの?」
というあなた、
実は、それを知るヒントは
ご自分の名前の「母音」に
あります。


なぜなら、母音は
人間の本質を表す音だから。


自分の魂が
どんな願いを持っているのか
生まれたときの名前から
占ってみましょう。


※「名前から知るあなたの魂の願い」の
ご利用は無料です。
質問に答えていただくと、
回答をメールでお送りします。

*回答者の方は、
外園佳代の無料メルマガに
登録させていただきます。

必要ない場合は
メルマガからいつでも解除できます。

 

また個人情報の取り扱いには
最善を尽くしております。
第三者が
情報を閲覧することは
ありませんので
ご安心下さい。



<あなたの魂の願いの計算方法>

(1)生まれたときの氏名
アルファベットで書きます。

生まれ持った
自分の使命を調べるために、
生まれたときの名前を使います。

(結婚などで苗字が変わっても、
使命が変わるわけではなく、
新たな使命が加わったと考えます)

 <例>

 山田太郎

 YAMADA TARO

 

*アルファベットでの名前の書き方に
まよったときは
こちらのサイトをご利用ください

ヘボン式変換君

 

 

(2)次に、
母音だけをとりだして
次のルールにしたがって
数字に変えます。

A→1
I→9
U→3
E→5
O→


<例>
YAMADA  TARO
  1  1  1      1  6


(3)これらの数字をすべて足します。

1+1+1+1+
6 = 10

(4)二桁の数を分解して
一桁になるまで足します。
ただし、
11、22、33になった場合は
それ以上足しません。

1 + 0 = 1

(5)この数字は、
あなたの魂が求めるものを表す
「ソウルナンバー」です。
この数字から
あなたの魂の願いを占います。


出てきた数字を
下の回答欄から選んで
チェックしてください。

 
携帯アドレスですと、送信エラーになる場合があります。
できるだけPCメールでの登録をおすすめします。



Facebookにログインすると名前とメールアドレスが自動入力されます
答えの数は下のうちのどれですか? なければ下の段から選んでください。
この中にはありません
答えの数は下のうちのどれですか? なければ下の段から選んでください。
この中にはありません
答えの数は下のうちのどれですか? なければ上の段から選んでください。
この中にはありません
11
22
33
お名前
姓) Must
名) Must
メールアドレス Must
携帯アドレスの方は、事前にkokorokaruku@gmail.comからのメールが受け取れる設定をしてください
ご紹介者
回答をメールでお届けいたします。
【無料占い】名前から知るあなたの魂の願いの感想をお寄せください。
 
 
 
 
Profile
Professional_s
翻訳家・文筆家

外園佳代

Senmon

日英翻訳 HP英訳 化学系翻訳

岐阜県美濃加茂市生まれ、京都大学農学部卒業、神奈川県足柄市在住。
製紙会社、フィルム製造会社の研究所に勤め、結婚を機にフリーの理系翻訳家として独立。化学・薬学の特許翻訳を中心に2000件以上の翻訳を手がけてきた。
現在は知的障がい・発達障がいを持つ青年を対象とした福祉型大学「ゆたかカレッジ」の小田原市への招致に取り組む。
自身も発達障害児を持つ親であり、障がいをもつ人が大学教育を受ける場が少なく、就職先の選択肢も限られていることに問題意識を感じていたところ、ゆたかカレッジの存在を知り活動を始めた。
翻訳業と並行して多数のセミナーや講演会を招致、運営してきた経験を生かし、情報発信、ゆたかカレッジ代表長谷川正人氏の講演会の招致、福祉・医療関係者との勉強会、先進的な障がい者雇用に取り組む企業のリサーチなどを精力的に行っている。
活動の源にあるのは「ひとりひとりの特色を活かしあう社会を作りたい」という想い。
障がいの有無に関係なく才能を伸ばし、自分に向いている仕事につける機会の創出に貢献したいと考え、目下の目標であるゆたかカレッジの招致に全力投入している。
趣味は舞台鑑賞、寸劇。イベントで披露する自作の寸劇は友人たちの間で大人気。二男一女の母。

  kayohokazono
B_facebook
B_ameba
Copyright (c) 2010-2019 Kayo Hokazono. All Rights Reserved.
Powered by reservestock