43122_mwfiogfjztqxota5m

エニアグラム勉強会

エニアグラム勉強会

このような方におすすめ

◎エニアグラムのことをもっと知りたい ◎自己理解を深めたい ◎他者理解に役立てたい

期待できる効果

◎自分のタイプと他のタイプのことがわかるようになる ◎自分と他者のものごとの考え方、捉え方、反応の仕方の違いがわかる

エニアグラム勉強会

エニアグラムの勉強会を開催します!

エニアグラムの概要を毎回テーマに沿って学んでいきます。

座学だけではなく、絵を描くアートセラピーのワークも取り入れることで

自分のエニアグラムタイプの理解のみならず、各エニアグラムのタイプの学びを深めていく時間になります。


■テーマ(予定)

第1回(5/14土):「自分を知るエニアグラム」

第2回(6/25土):「働き方で知るエニアグラム」

第3回(7/17日):「子供時代とエニアグラム(仮)」

第4回(7/24日):「関係性とエニアグラム(仮)」


■タイムスケジュール例(あくまで目安です)

13:15 開場
13:30-14:00 チェックイン・自己紹介
14:00-14:20 絵のワークの説明、絵を描く
14:20-14:30 休憩
14:30-16:00 絵のシェア・対話
16:00-16:45 レクチャーを交えた対話
16:45-17:00 チェックアウト
17:00- 片付け、移動、(希望者のみ)ひご家でコーヒータイム


あなたのご参加をお待ちしています♪

開催要項

参加費
参加費
5,000円
場所

東京都東久留米市

お申し込みの方に詳細をお伝えします。

支払方法

Stripe_pay_solutions

ペイパル|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

銀行振り込み

定員 6 名
お問い合わせ先 魔法の杖
お問い合わせ先メールアドレス cheko@reservestock.jp

ご希望の日時を選択してください

7月

17(日) 13:30 ~ 17:00
子供時代とエニアグラム(仮)
【残 2 席】
24(日) 13:30 ~ 17:00
関係性とエニアグラム(仮)
【残 1 席】

お客様の声

782086_zdizmmrimdnky?1656158481

ゆうちゃん 様

エニアグラム勉強会

これはおススメ★★★

782086_zdizmmrimdnky_2?1656158481
ちえちゃん❣️たっちゃん❣️ご一緒出来た参加者の皆様❣️

今日は素敵な時間を過ごす事ができました❣️
ありがとうございます😊

私は『夫婦』で参加させて頂きました😁

働き方とエニアグラムというテーマで、夫と普段は話さないような事をシェアもできたし、エニア探求を通して夫の『愛』を沢山感じる事ができた1日でした😘

これからも、ちえちゃん&たっちゃん夫婦のようにエニア探求をしながら、自己理解とお互いへの理解を深めていきます❣️

あと、13歳の娘との参加も検討中です😆
Icon_m

班長 様

エニアグラム勉強会

出会いに感謝!!

今日は、長い時間ありがとうございました。色々と学びが多く実りある1日となりました。お二人の人柄にも惹かれ楽しい時間を過ごすことが出来ました。本当に、他の方の考えやフィードバックなどが聞けて良かったです。これからも自分を見つけるために探求していこうと思います。また機会があれば参加したいと思いますので、その時は宜しくお願い致します。
Icon_f

みなこ 様

エニアグラム勉強会

これはおススメ★★★

遅くなってしまいましたが・・・・
先日の勉強会の振り返りを・・・
とても楽しい時間でした。

住宅街の中にある雑木林に入ると、空気が変わるのがわかる。
雨の後の草木のにおい。うれしくなってくる。
雨上がりの雑木林を抜けてたどり着いた町内のコミュニティー会館。
ちょっと古めの建物の入り口を入ると、おじいさんがふたり、古びたソファーに深く腰掛けて新聞を読んでいる。

会場の部屋を探してキョロキョロする私を、見かけない人だという目で見ながら、
「どこへ来たの? 魔法の杖? そこに名前書いてね」と案内してくれる。
そう、予約の名前は『魔法の杖』なのだ。
小さな魔女のたくらみに思わずニマニマしてしまう。

薄暗い階段を上がり、目的の和室へ。薄暗いたたきに上がり、ふすまを開けると
「みなちゃ~ん!!待ってたよぉ~」と、小さな魔女の声が弾ける。
この笑顔に会いたくて来たのだ。

今日は、ちえちゃんとたっちゃんが主催するエニアグラムの勉強会

勉強会はすでに始まっていて、私は「遅れてごめんなさい・・・」と小さく謝る。
「大丈夫よ~」と小さな魔女の優しい声、穏やかな優しい視線を送ってくれる魔女を守るくまさん。
魔女の小部屋は、安心に満ちていてとても居心地がいい。

各自、自己紹介とともに近況などを話していく。
話しは、家族や友人、職場の人間関係へと広がり、そこで起きている出来事や行動に表れている各タイプの特徴を解説してくれる。

その解説はとても分かりやすく、言葉とともに体感で感じ取るものが大きい。
魔女とくまさんが体感のタイプ9だから、伝えることも体感を表現してくれることが多いのだ。
それは、言葉にできない微妙なニュアンスだったりするのだが、参加している誰もがそのニュアンスを感じ、味わっている。
この感性と感覚に満ちた場を提供できるのが、小さな魔女と優しいくまさんの力なのだ。

たくさんのおやつもあり、すっかり心が緩んでしまった私は、おやつを食べながら足を伸ばし、課題に取り組む。
「自由だなぁぁ~」と言われ、それが心地よかったりする。
1年前の私なら、こんな勝手な行動をすることも出来なかったし、今だって場所を選んでしまう。

後半の時間で、絵を描くワークがあった。
お題は「あなたが花だとしたら、どんな花で、どんな場所で咲いていますか?」

お題を聞いた瞬間に、一つのイメージが広がった。
今の私にとって、最も心地よい場所のひとつだ。

パステル、クレヨン、色鉛筆・・・いろいろ用意された画材から迷わずパステルを選ぶ。
グラデーションを描きたかったのだ。
絵を描くことを学んだことはないのに、描きたいものが明確なことが笑ってしまう。

迷わず、グリーンに手を伸ばす。
白の画用紙に、すぅーっと柔らかい曲線を引き、指で伸ばしていく。
楽しい!
微妙に違うグリーンを選び、また線を引き、指で伸ばす。
グラデーションが出来て、ふたつの色が重なり、新しいグラデーションが出来ていく。
楽しい!!
自分のイメージが少しずつ表れていく楽しさ。
コレ、みんな夢中になる!!
子どもって、絵を描くのが好きなこと多いのがわかるような気がする。

今回参加しているのは、私を含めて5名。
エニアの「思考」「ハート」「本能」のタイプごとに順番に、自分の絵を紹介していく。
ひとりひとり、みんな個性的。
1枚も似たものがない。

小さな魔女とくまさんは、どこから描き始めたか、描いた順番や大きさ、彩り、
様々な切り口から、その人が大切にしているものや関係、そこから感じるタイプらしい一面を解説してくれる。
なるほど~~と驚くことばかり。

絵から感じたことをシェアしていくと、
本能タイプは花である自分の状態、
ハートタイプは自分がどんな風に在りたいか、
思考タイプは自分がどんな場所にいたいのか
が描かれていたことにびっくり!

と同時に、エニアグラムは単なる性格分析などではなく、その人の生まれ持った気質、
そこから生まれてくる個性を表していることが伝わってくる。

小さい魔女とくまさんは、本人さえも気が付いていない、大切にしている想いも汲みあげていく。
涙が出てしまいそうになる温かな言葉が溢れている。
自分の心の中の景色を描く時間を創り、温かい言葉や想いを伝えてくれる。
心があったかくなり、安心や愛に満たされた気持ちになる。
これはきっと魔法なのだ。

3つの大きなタイプの成り立ちの説明がものすごくわかりやすい。

・本能タイプ(8・9・1):朝起きて、マンモス狩って、夜寝る
 ↓
・ハートタイプ(2・3・4):今日の作戦がよかったよ~、○○の弓の腕がよかった~
  →嫉妬、妬み、諍いが生まれてくる
 ↓
・思考タイプ(5・6・7):嫉妬や妬み、諍いが起こらないためにルールを考える

なるほど~~と納得の解説!
人間の発展ともに人の気質も発達発展していったのだろう。


誰かの夫のタイプが、参加している別の誰かのタイプという組み合わせが複数あるのも
魔女の魔法が起こしたミラクルなのか。

「あ~、だから、夫はいつもこう言うのね!!!」
「だから、あの社員はああいう行動をするのね!!」
夫や仲間たちの行動の謎が解けていく彼女たちの顔は笑顔だ。
ここにも愛は満ちているのだ。

盛りだくさんの情報をコンパクトにまとめられた資料がすばらしい。
学びの講座で見慣れた資料がさらにブラッシュアップされている。

中でも、「私ってこんな人」「私をこう扱ってね」というのが面白い!
参加者が自分のタイプを読みながら、
ある!ある!
そうなのよ!これをわかってくれたらいいのに!
そうなの!!そうだったんだ!!
と賑やかな笑い声が上がる。

エニアグアムは単なる性格分析や行動分析のツールなのではなく、
お互いを理解し合い、お互いが心地よい関係を築いていく助けになるものなのだ。

休憩時間のこと。
ロビーで新聞を読んでいたおじいさんたちは、階段を下りてきた私に明るく声をかけてくれた。
「魔女の杖って何をやるんだい?マジックとか??
オレもマジック出来んだよ!」

私はなんだか嬉しくなってきた。
だって、小さな魔女が名付けた「魔法の杖」という名前が
たまたまそこにいたおじいさんたちをも楽しい気持ちにしているのだ。

私の答えは
「ヒミツ~!! だって魔法だから!」
おじいさんたちは大笑いした。

講座は大いに盛り上がり、話は尽きない。
そのまま、魔女とくまさんのおウチへ

魔女のおウチはとにかく居心地がいい。
自然素材のもので統一され、魔女とくまさんの好きなものに溢れている。
“気がいい家”というのは、こんな家のことをいうのだろう。

くまさんがおいしいコーヒーを入れてくれる。
それぞれが椅子やソファー、階段と、落ち着く場所でくつろぎながら話は弾む。

魔女とくまさんが、学びの講座では知らなかったことや、捉え方、
エニアグアムへの熱い想いを語ってくれる。
このふたりにかかると、エニアグラムを使うことで、魔法のように新しい自分の一面に気づくことが出来るのかもしれない。

ちえちゃん、たっちゃん
愛に溢れた豊かな時間をありがとう。

講座が続いていくことを楽しみにしています。
出来るだけ毎回参加した~い!!