Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
35831_ythinte4ywy0ntvmm
このような方にオススメ
・千代里に話を聴いてほしい方
・転機に福を呼びたい方
・もっと自分を知り、好きになりたい方
・自分の魅力を言語化したい方
・追い詰められた気持ちになっている方
期待できる効果
・悩みの答えが自然にみつかる
・どこに進めばいいかわかるようになる
・自分のホンネや願いに気づく
・ふさぎこんだ気持ちが明るく軽くなる
・自分の魅力を再確認したり、気づいていなかった素晴らしさに気づいたりする
71885_fullsizeoutput_3ad0

千代里がお話を伺う

『チヨリング』


わずかな期間でいろんな方が

この呼び方を使ってくださるようになり、

最初は恥ずかしがっていた私も、

こうしてメニューの名前にするまでになりました。



チヨリングって一体何?

どんな感じなの?

と疑問は尽きないと思いますが、

「チヨリング」命名者からの推薦文を

最初に載せさせていただきます。

 

以下、命名者 杉山栄作さんからの推薦文

====================

カウンセリング?
コーチング?
いやチヨリングだ!

スーパーマンのパクリでふざけているわけではありません。

これは一体なんだなんだ?

と思わせるところは同じようなインパクトがあるわけでして(笑)。

私がチヨリングをお薦めする理由を

率直に伝えてみたいと思いますが、

あくまでも個人の感想ですのでご容赦ください。

彼女とのこれまでの関わりの中で、

驚いたこと、感心したことなどを

ちよりんの「謎」として書いてみます。


謎1:

話しているようで聞いている。

もしかすると話す分量はちよりんの方が

多くなるかもしれません。

でもきっと聞いてもらえているという感覚が

得られるはずだとも思うのです。

ちよりんが自分の意見や話したいことをただ話すのではなく、

目の前のクライアントを心から認め、

励ますために話してきます。

ちよりんが話しているのに聞いてもらえていると感じる

不思議なセッションとなるでしょう。


謎2:

直感と確信を織り交ぜて話す。

直感を伝えてくる時は

ちよりんが話しているというより

誰かが乗り移っている感じ(怖い)。

それを伝えながらちよりん自身も

そのメッセージに確信を持って言葉に体重が乗ってくる(重い)。

* 本当は、

「いたこ、シャーマンのように

すべてお見通しで、

ズバズバ言い当てられる」

と書きたかった(笑)


謎3:

チヨリングは、セッションの後で効く。

もしかするとセッション中は

優しく寄り添うような傾聴をする場面は

少ないのではないか思うのです。

ちよりんの寄り添いは鍼灸治療の

「置き鍼」

の効果ように後でやってくるのです。

確信からのメッセージは、

言われたその場ではすぐに理解できなくても

きっとジワジワとクライアントに

気づきと変化を起こさせることでしょう。


謎4:

シリアスな話題も愛をもって笑い飛ばす。

これは本当に笑って状況を軽くみるということではなく、

ちよりんの深い愛と豊かな経験の大きな器が

「大丈夫、大丈夫、大したことない」

と思わずクライアントが笑ってしまうような

シーンがあるような気がします。


などど勝手なことを書きましたが、

たぶん半分は当たってると思うんですよね。

嘘だと思うなら是非試しにチヨリングを

お受けになってみてください。

きっとあなたも励まされ勇気づけられ、

そして謎が深まると思います。

推薦者のひとりとして 

ちよりんファンの杉山栄作でした。

 

*杉山栄作さんってどんな方?
と思われた方は、こちらのH.Pをご覧くださいませ

https://lifeplanner.net/eisaku/

==================

「チヨリング」は、

背中をさするような気持ちで

お話を伺い、お気持ちに寄り添います。

 

あれ?

命名者、杉山栄作さんの推薦文には、

「優しく寄り添うような傾聴をする場面は

少ないのでは」

とありますね〜。笑

女性からは断然、

「ちよりんに寄り添ってもらって癒された」

という声をいただくので、

もしかすると男性にはちょっと辛口なのかもしれません。


特に、経営者の方の

女性同士の揉め事へのアドバイスでは、

女性の気落ちを理解していただくために

踏み込んだアドバイスもしているので、

うめき声が漏れることがあります。笑


「直感と確信を織り交ぜて話す」

とも書いていただいていますが、

言われてみて初めて、

「そうなのかも」と感じました。


本当は、

「いたこ、シャーマンのように

すべてお見通しで、

ズバズバ言い当てられる」

と書きたかった(笑)と言ってくださったので

それも推薦文に追記しました!




私は、いわゆる

「視える人」

ではないのですが、

「どうしてそんなに私の気持ちがよくわかるの?」

「私の性格を親よりわかってる」

ということは、日常的に言ってもらってきました。



田舎で生まれ育って、

濃い人間関係を幼い頃から

見てきたことと、

多くの方とのご縁をいただいたことが

そう言ってもらえる土台を作ったのだと思います。


今まで本当にいろんな方とご縁をいただきました。



人には、大きく分けて

いくつかのタイプや傾向があると思っています。

ところが、

人ってその枠にきっちりおさまることなんて

ないんですよね。


「このタイプの方は、

普通はここでこういう行動をとるはずなのに

どうして違うことをしたんだろう」

と疑問に感じたときが、

お相手の心の整理をしたり、

突破口を見つけるときの

大きなヒントになります。


大枠のタイプにおさまらない部分がその方の個性だったり、

魅力だったりもして、

それをトリュフを見つける豚のように

探し回るのが私の楽しみ、

醍醐味でもあります。


こういうところが、

直感と確信を織り交ぜて話す

または、いたこ、シャーマンということに

なっているのかなと思います。笑


ちなみに、香り豊かなトリュフは

・人工栽培方法が確立していない

・生産地が限られている

・採取に手間がかかる

そうです。

 

 

ご相談者の方が

アドバイスを必要とされている場合には

千代里なりの解釈や観点から、

最適と思われる提案をしていますが、

勘違いが原因でない限り、

悩まれている時でも

答えはすでにみなさんがお持ちだということを

いつも感じています。

 

私は、寄り添ったり、質問したり、

その方の思いを汲み取って言語化することで、

相談してくださった方のなかから

自動的に答えが湧き上がってくることの

お手伝いをすることが役割なんだと感じています。


お話を伺った末に、

自ら

「どうしたらいいかわかった!!」

とおっしゃる弾んだ声をきくとき、

本当に嬉しい気持ちになります。


気楽になる、ホッとする、ホンネに気づく

それらのお膳立てをして、

ご本人の魅力や

表には出ていない願いを

すくい上げて言葉にしているだけですが

コーチングやカウンセリングに長年通われている方にも

とても喜んでいただいています。


 

 

こんな方におすすめです。

「ただただ話を聞いてほしい」

「優しく話を聞いてほしい」

「厳しい意見も言ってほしい」

「千代里なりのアドバイスがほしい」

「自分の魅力を言葉にしてほしい」

「自分のホンネに気づきたい」

「周りの人が何を考えているのか知りたい」

 

ここからは、

今まで書いたことと

同じことをなぞるかもしれませんが

千代里がどんなふうに話を聞いているのか

もう少し詳しく説明していきます。

 

私が芸者になる前から

いろんな方によくいただいた言葉は、

「慰め方がしみる」

ということ。

学生時代から、

ものすごくたくさんの数の相談を受けてきました。

自分が悲しかったときに人に話をして

余計に辛くなった経験や、

心底救われた体験が、

人のお話を伺うときの肥やしになっていると感じています。


自慢になってしまいますが、

「ちよりちゃんに相談して本当に良かった」

と、身内以外には10割の確率で

いつも言ってもらっています

(身内の話には未だ寄り添えない未熟者です)。

 

これは、芸者になってから

お花代NO.1になったのにも

一役買っているように思います。

 

また、その後

エッセイストになり

講演家になってからも

「読んで落ち込んだり、

聴いて悲しくなる話じゃなく」

励まされるような話がしたい」

という気持ちが、発信の原動力になっています。

 

 

「人の魅力を言葉で表現するのが上手い」

とか、

「自分で答えが見つけられるような質問を自然にする」

ということも、

ずっとお褒めの言葉をいただいていることです。

 

「褒め方が気持ちいい」

と言われることもよくありましたが、

私としては褒めているわけではなくて、

「その方がお持ちの素晴らしいところを、

できるだけそのまま言葉で表したい!」

という衝動に動かされている感じでした。

 

また、

「千代里さんは、

いろんな立場の人の気持ちが

よくわかっているけど、

どうしてですか?」

と言っていただくことがありますが

それは多分、

極と極をたくさん体験させて

いただいたからだと思っています。

 

・田舎に生まれて

 濃い人間関係をたくさん見た

・そののち、東京の真ん中で暮らした

・関西の普通の家に生まれた

・世界中の、いわゆるセレブと言われる方の

 おもてなしをした

・花柳界という女性の集まりの中で仕事をした

・お客様はほとんどが男性

 

と言った感じで、

田舎ー都会

関西ー関東

小市民ーセレブ

女ー男

など、

立場や地域、属性などで

ものの見方が違うということを感じ、

その橋渡しをすることで、

悲しみや諍いが減って欲しいと

願っています。

 

 

もし、私の言葉に触れてくださった方が

気楽になったり、

自分の本音や魅力に気づいたりしてくだされば

こんなに嬉しいことはありません。

 

 

今まで受けてくださった例

 

・誰にも弱みを見せられない経営者

「ホッと一息つきたい。話を聞いてほしい」

「実は家庭がもめている。解決したい」

「従業員の女性がもめるので、いいアドバイスが欲しい」

 

・ママ(クラブの、という意味じゃなく。笑)

「ママ友の中にうまく馴染めない」

「仕事をしていて時間がなく、子供に申し訳ない。」

 

・恋愛

「前の彼が忘れられない」

「彼に大事にしてもらえない」

「いつでも強がってしまう」

「彼が頼りない人ばかり」

 

・仕事

「今の仕事が天職だとは思えないけど

やめられない」

「どんな仕事が向いているのかわからない」

 

転機に福を呼びたいという方

千代里に話をして、リラックスしたい方

自分のホンネや魅力を知る手伝いを

千代里にさせてあげてもいいよという方は



お待ちしています。

チヨリング(60分) 

一般の方向けにチヨリングをはじめるにあたり、

通常22,000円を

9月いっぱいまで

11,000円にしています。




Icon_f
YK 様
とにかく楽しかったー
ちよりん
今日は「ちよりんぐ」していただきありがとうございました。ざっくりとした私の要望にも関わらず客観的に様々な可能性を見いだし、ポジティブな性格分析にプラスして、雑談や門外不出のぶっちゃけ話迄盛り沢山。雑談の中からキーワードを拾って更に分析のてんこ盛り。これぞ傾聴の極み!ゆるゆる柔らかなイメージでも岩のように固まっている悩みの相談でも何でもござれですね。「ちよりんぐ」とにかく楽しかったです。あ..
場所 オンライン

参加費
チヨリング 参加費
11,000円

ストライプにて決済をお願いいたします。

支払方法
Stripe_pay_solutions
ペイパル|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行
定員
 1  名
お問い合わせ先千代里
お問い合わせ先メールアドレスinfo@chiyorin.com

現在開催予定はありません

 
 
 
 
Profile
Professional
エッセイスト

千代里

Mission
ホンネと気楽で福を呼ぶ
Senmon
転機 福を呼ぶ 気楽 ホンネ  

・同志社女子大学卒業後、新橋芸者としてお披露目して翌年にお花代NO.1になる。
・講演業界大手の株式会社システムブレーンで「経営者向け人気講師ランキング」
 2018年、2019年、連続1位

著書に
『捨てれば入る福ふくそうじ』
『福ふく恋の兵法』など。
東京メトロ設置の
メトロポリターナで
『お多福美人講座』連載6年目


元新橋芸者。

お披露目の翌年には
お花代一番の芸者になるが、
多忙な生活の中で体調を崩し
「笑う門には福きたる」
「人を呪わば穴二つ」
などのことわざにも、
深い真理が込められていることに
改めて気づく。

伝統として伝えられてきた
「そうじ」
「心の持ち方」
「衣食住の知恵」
などの先人からの贈り物を
改めて学び直す。

病気を克服したあと芸者を引退し、
花柳界や自らの体験から学んだ
福を呼ぶ方法や
コミュニケーションについて、
著書やエッセイ、講演で発信中。

講演ではおもに
男女のコミュニケーション
職場でのコミュニケーション
自分とのコミュニケーション
などのテーマが人気で
2018年、2019年には
講演会社最大手のシステムブレーンで
経営者向け人気講師1位になる。

エッセイでは、
「今」
「ここで」
「誰もが」
「特別なものを使わずに」
望む人生を生きる方法について発信。

特に、自分自身が
『捨てる』
ことで人生を切り拓いてきた経験から
エッセイ『捨てれば入る福ふくそうじ』
を執筆。

そうじ、片づけを通して
自分を知り、
自分のホンネに気づき
自分らしく
自分を慈しんで生きる
『福ふくそうじセラピー』
を個人の方に向けて発信している。

また、弱みを見せられない
全国の経営者の方からの
相談を
「ただ聴く」
「寄り添う」
「アドバイスをする」
「質問をする」
「ホンネを引き出す」
「気持ちを言葉にする」
「魅力を言葉にする」
など、
その時々の状況に合わせて伺う
独自のスタイルが
「チヨリング」
と呼ばれだす。
誰にも弱みを見せられない方の気持ちに
そっと寄り添い、背中をなでるような気持ちで
セッションを行なっている。


滋賀県大津市生まれ。
中学生男子の母。

B_facebook
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 06
Powered by reservestock