Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
18_mgy1zwu5mmm5mgmzz

誰でも楽しくスラスラ書ける読書感想文ワークショップ

このような方にオススメ
楽しく短い時間で読書感想文をかきあげたいと思う親子
期待できる効果
お子さんは自分から主体的に書けるようになり、親はサポート上手になれます。
71495_2019-2
71495_2019-1

たくさんある夏休みの宿題。

 

特に最後まで残りやすいのは、読書感想文!

 

毎年、苦労していませんか?


あなたのお子さんも、楽しみながら、あっさり読書感想文が書けるようになりますよ。^^

 

 こんにちは♪長安知子です。

 

夏休みの読書感想文。

 

・課題図書を読むのも大変だったり、読んだ感想が全く出なかったり。

・やっと出ても、「すごかった」「楽しかった」だけ。

・つい、あ~したら?こうしたら?と言ってしまい、子どもの感想文じゃなくて、親の感想文になっている…

 

そんなことありませんか?

 

 

「いったいどんな声かけをしたらいいんだろう?」

 

ママのそのお悩みが、たった2時間で解決するワークショップがあります!!

 

 

読書感想文を得意にするには、まず「本を好きになってもらう」こと。

 

本を読む前と読んだ後にいくつかの質問をするだけで!

 

本が好きになって、感想文も得意だ!と感じられるようになりますよ♪♪

 

 

 

「本が読みたい!」

「この本、おもしろいね!」
「感想文を書くって楽しいね!」

 


子どもたちのこんな声が聞こえてきたら嬉しいですね!

 

 

ワークショップに参加するメリットは4つ!

 

 

1)時間をかけずに宿題がおわります

 

 

時間をかけないためのキーポイントが読書です。

 

分厚い本でも10分程度で読めるワザが身についちゃうんですよ~!!

 

本を読みながら、感想を書くためのキーワードも書きだすから!

 

読んだ後に「感想を考える」という時間を使わなくて済みます。

 

 

2)子ども自身で感想文が書けるようになります


 

子どもの感想を引き出す最大のポイントは子どもの気持ちに寄り添うこと。

 

ワークショップが終わったときには、子どもが主体的に書くきっかけがつかめていますよ。^^

 

ママも一緒に参加されるときはサポートするときのコツもお話しますね。

 

 

どんな風に声かけするのかな。

 

どんな心構えで問いかけたらいいのかな。

 

ワークショップでしっかり聞いてお家で実践してみてください。

 

 

3)本が読みたくなるような感想がまとまります

 

 

本を読む前と読んだ後にしつもんに答えてみる。

 

答えをワークシートに書いたら、伝え合う。

 

たった、それだけ。

 

 

他の人が書いた答え=他の人が感じたこと。

 

それを聞くこととで、自分の考えがまとまったり、新しい発見につながったり。

 

違う本を読んでも、不思議とヒントが沢山ふってくるんですよね。

 

そして、お互いに相手が紹介した本を読んでみたくなっちゃうんです!!

 

 

4)感想文のまとめ方のコツがわかります


 

9つの質問に答えた後に、文章にまとめます。

 

パズルのピースをはめていく感じで作文を組み立てるから!!

 

「あの質問の答えがこんな風になるの??」

 

驚きと喜びの声が毎回上がるんです。^^

 

 

簡単にまとまった文を書けるって本当にうれしいですよね♪

 

 

楽しくスラスラと読書感想文が書けるようになるワークショップの流れ

 

 

ワークショップの前半は、本の読み方を学んだり、質問に答えあったり。

 

親子でコミュニケーションをとる楽しい時間になること間違いなしです♪

 

 

【前半の内容】
   ①「書きたい!」「読みたい!」やる気がのびる3つのポイント


②本の内容がばっちり頭に入る♪「しつもんワーク」


③たった5分で本が読むにはどうするの?


④どんどん内容が頭に入ってくる5分間読書(2回)。


⑤感じたことがのびのびと書ける♪「しつもんワーク」

 

 

休憩後の、後半は、ワークシートを使って感想文の下書きです。

 

読書感想文へのモチベーションがアップするワークもあり、どや顔になるお子さまも。^^

 

 

【後半の内容】

 

⑥こんなに簡単!思わず本が読みたくなる感想文になっちゃう♪


⑦読書感想文が宝物になる「しつもんワーク」

 

 

参加された方へ特別プレゼント♡

 

特典① 動画「やる気を引き出すマインドセット 1:イライラせずに見守れる3つのポイント」をプレゼント

 

動画セミナー「読書嫌い・作文嫌いな子も楽しくスラスラと読書感想文が書けるようになる方法」

約20本の中の1つをプレゼント!

 

ワークショップ参加前にご覧いただくとより効果的にお子様をサポートできるようになりますよ

 

特典② お家でのサポートがしやすくなる♪毎年使える♪「読書感想文・声かけすごろくロードマップ」をプレゼント

 

 

「つたない言葉の低学年からどうやって感想を引き出すの??」

 

「『楽しかったです』だけで終わらない感想文にするには?」

 

「文字数がたりな~い!!どうやって感想を膨らましたらいい?」

 

 

今まで受けた質問をベースに、お家でのサポートのコツをお伝えする「すごろくロードマップ」をプレゼント!

 

時間内にお伝えしきれないことが沢山つまっています。

 

 

特典③ 仕上げの相談サポート(親子参加の場合)

 

 

ご参加日から3週間、分からないことや困ったことなどご自由にご質問いただけます。

 

メールまたはラインでお答えいたします。

 

実際にお子さまも含め一緒にやり取りをさせていただいた上でないと、適切なサポートは難しいため、こちらの特典は親子でご参加の場合のプレゼントとさせていただきますね。

 

 

 

お子様からはこんなご感想をいただいています。

 


何より楽しかったのが、読書感想文にまとめる作業でした!


作文てむずしくないんだなって思いました。

 


たった10分くらいしか本を読んでいないのに、感想文ができてしまうなんてすごい!!


他の本でもやってみたい!

 


読書感想文は難しそうって思っていたけど、意外に楽しく書けました。

「何を書いてもいい」って言われて、最初びっくりしたけど、気になったことをなんでも書きだしてみたら「それいいね!」って言ってもらえてうれしかったです。

 

 

はじめからちゃんと文章になってなくても、気になった言葉だけをメモみたいに書いたら自分でも思ったよりたくさんの言葉が出てきました!

 

 

お母さんも別の本を読んで書いたことを教えてくれたから、なんかうれしいと思いました。

またやりたいです。

 

 

 

ママからはこんなご感想をいただいています。

 

 

いつもは一番後回しにしていた読書感想文。

 

本も読まないし、う~んう~ん唸るだけで、ちっともエンピツが進まない状態でした。

 

結局、こうやって書けばって、無理矢理書かせて、ほとんど私が書いているみたいになっていました。

 

でも、この講座を受けてからは、毎年、真っ先に取り組むのが読書感想文になったんです!

 

「書くのが楽しかった!」という記憶が残っているみたいです。

 

「今日は下書きだけするからお母さん、しつもんして!

 

明日はちょっと膨らましてから清書するね。」

 

と自分で段取りまで決めて取り組んでくれるんです。

 

夏休みの最大の悩みだった読書感想文をこんなにあっさりと済ませてくれるなんて本当にありがたいです。

 

 

 

ワークシートがあったので、昨年より楽に子どもと感想文が書けました。

エンピツがとまってた息子も先生の一言で、急に書きだしてビックリしました。

 

「感想文」はこう書くもの、と思っていたものと違う視点があって、それが子どもにはとても良かったんだなって思います。

帰ってから主人にワークシートの質問を見せたら、「これはすごい!!これなら、子どもの言葉を引き出しやすいね。」って。

 

主人が子どもにもう一度質問を読み上げて、子どもとわいわい話しながら、感想文を仕上げていました。

 

結局その日のうちに、感想文書き終わりました!

 

 

感想文の宿題が大っ嫌いで、本を読むのも苦手でしたが、これなら楽しく書けますね!

今までなかなかやらなくて、あれこれ口出ししていましたが、私がなんだかんだ言わなくても子どもは一人で書けるんだなって思いました。

最後にまさか、書けた感想文を「発表したい」って手をあげるなんて、びっくりしました。

 

よほど書けたことがうれしかったんだなと思います。

 

ありがとうございます。

 

 

子どもの興味があることへの寄り添い方が分かりました。

「え~!?こんなことに関心を持つのはダメじゃないんだ。それで感想文になるんだ。」って感心しました。

内容の捉え方がそれぞれ違うって面白いですね。

今までは子どもに「ああしなさい、こうしなさい!」ていって、険悪なムードで宿題をしていました。

 

なんだかもったいない時間を過ごしていたんだなーって思います。

 

読書感想文が、こんなにも子どもと楽しく関わりあえる素敵な時間になるなんて知りませんでした!
 

 

 

この講座に参加して以来、書くことに自信がついたみたいです。

学校の宿題の日記や作文も本当に楽しそうに書いています。

 

初めの頃はつながりも変で何が言いたいのかよくわからなかった文も、先生がおっしゃった通り、書く回数が増えるにつれて、少しずつ上手になりました。

昨年は県が募集している文集に選ばれて作文が載ったのもとてもうれしかったです。

 

子どもに語い力がないわけではなくて、引き出し方が分からなかったんだなって気がつきました。

 

 

私が思うよりもあっさりと感想文を書き終えていてホッとしました。

 

言葉を引き出しながらも新しい語いを増やすコツも教えていただけたことが本当に良かったです。

 

作文を書くときだけではなくて、普段の声かけから言葉を増やしていけるので、子どもの表現力が伸びているなって実感しています。

 

 

夏休みの読書感想文の宿題が嫌な想い出ではなく、かけがえのない親子の時間になるって本当にうれしいですよね♡

 

自分の素直な気持ちを言葉にすることで、人間関係もスムーズになります。

 

あなたと、あなたのお子さんも、今年からは、自分も相手も心地よくなる伝え方を身に付けちゃいましょう!!

 

場所 オンライン(Zoom)

参加費
参加費(大人1名子ども1名)
5,000円
参加費(大人1名子ども2名)
6,500円
参加費(大人1名子ども3名)
8,000円
参加費(大人1名のみ)
3,500円
支払方法
Stripe_pay_solutions
ペイパル|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

銀行振込の場合は、お申し込み後にお送りするメールにて振込先をご確認くださいませ。

お申し込み後、3営業日以内にお振込みをお願い致します。

 

 

定員
 3  組

現在開催予定はありません

 
 
 
 
Profile
ママと子どもの想いを引き出すメンタルコーチ

長安知子

Mission
絵本や読書、英語を通して、ママとお子さんの可能性を広げ、豊かなコミュニケーション時間のヒントをシェアしていきます♡
Senmon
コーチング 絵本 読書感想文 作文 英語

J-SHINE小学校英語指導者⁺(プラス)資格
中学校高等学校教諭一種免許(国語科)
the answer認定メンタルコーチ
すごろくノート術®認定マスター
魔法の質問認定マスター  
~・♡・~・♡・~

★小学校や保健センター、オンラインにて
3000名以上の小学生や乳幼児さんの親子に読み聞かせ♪

「こんな読み聞かせはじめて!」と喜ばれています♡


★読書感想文やしつもん読書会で251名の親子をサポート♪

「本が好きになった!」
「感想文が楽しくなった!」と笑顔が広がっています。


★元英語講師(某大手幼児教室や大手英語教材会社にて約10年勤務)

教室は進級や引っ越し以外空きがでず、すぐに満席になるほどの人気講師!


★読み聞かせや読書のとらえ方を変えただけで、こんな変化がたくさん生まれています♪

☑ 子育ての不安が激減した!

☑ 子どもを信頼して見守れるようになったので、親子でイライラしなくなった!

☑ 子どもが学校での話をたくさんしてくれるようになった!

☑ 私も子どもも活き活きと自分の意見を伝えられるようになった!

☑ 自分のことをたくさんほめられるようになって、子どものいいところが沢山見えてきた!


絵本や本を通した関わりで、自分を整え、無理のない、心地よい子育てができるようになります。


■ 活動内容 ■

・絵本の読み聞かせ
・親子のコミュニケーションを深める読書会
・読書感想文サポート講座


■メディア掲載■

山口新聞 リレーエッセー執筆

~・♡・~・♡・~

読み聞かせとは
絵本を通して、自分の好きと相手の好きを認め合ったり、分かち合ったりする時間♡

子どもたちの年齢があがってきたら♪
読み聞かせの対話から、読書感想文へ♡

学校の宿題で、敬遠されがちな読書感想文ですが…
本当は、読んだ本から感じたことをシェアする素敵な時間♡

読書感想文は…
親子のステキなコミュニケーションタイムです♪


さらに、英語の絵本から本を読む力を身につけたら♡
見える世界も、可能性もぐ~んと広がりますよね♪


本を通して、未知の世界を知る。
書いた人や登場人物とつながる。

本を通して、自分を知る。
動いた感情をキャッチする。

感想文を通して、自分を表現する。
相手を知って、理解する。


同じ本を読んでも感じ方はそれぞれ。

違いを認めて分かち合う。

そんな温かい時間を、あなたにもお届けできたらうれしいです♡


■プライベート■

♡好きな絵本は『からすのパンやさん』。

♡大好物はチョコバナナケーキ♪

B_facebook
B_ameba
特定商取引法に基づく表記
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2019 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock