Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1menu Menu_2event_lesson Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
34970_mtuwzdjmy2nmn2iyn

横浜バロック室内合奏団定期演奏会

このような方にオススメ
クラッシック・バロック音楽がお好きな方
期待できる効果
バロックやクラシックの音楽の弦楽合奏の名曲を生演奏で楽しめます
70178__224
横浜バロック室内合奏団2021年度定期演奏会のご案内
西洋音楽が明治に初めて入ってきた最初の地、横浜

横浜を愛しこの地で30年間活動している

演奏団体 横浜バロック室内合奏団
 


元神奈川フィルハーモニーコンサートマスター

小笠原伸子を中心に

気鋭の演奏家たちが集まって

バロック音楽の名曲の数々を

お届けしています
 


年4回の定期演奏会では

弦楽合奏を中心に

ピアノや管楽器も加わり

色彩豊かな音楽を

横浜の地で聴いていただいております
 


2000年からは

横浜みなとみらいホールで活動を続けてきましたが

改装工事のため

今年度は

港南区民文化センター「ひまわりの郷」にて

楽しい演奏会を企画しております
 
 

バロック音楽を中心にしたプログラム
躍動感あふれるバロック音楽を聴いて楽しんで頂けると嬉しいです
  • 「バロック」とは

    もともと「ゆがんだデコボコ真珠」のことを言います


  • 当時の人にとって

    刺激的で、

    表現の変化にとんだ1600年ごろの文化芸術を

    後の歴史家が「バロック」

    と呼びました



  • 『デコボコ真珠」の例えの様に

    バロック音楽は

    表現が大胆で

    (例えばフォルテの大きな音と

    ピアノの小さな音の変化を

    大げさにつけるなど)

躍動感もあり

歌心も豊か

即興もあり

自由な表現の豊かに許されている音楽です


バッハやヴィヴァルディに代表される

300年以上前の音楽が

今でも生き生きと

私達にたくさんのメッセージを

伝えてくれます



2021年度定期演奏会のご案内

第99回定期演奏会2021年10月15日(金) マチネ14時 ソワレ19時

モーツァルトの魅力 

早川昭三 バロック風「日本の四季」より秋

モーツァルト アイネクライネナハトムジク

       ヴァイオリンとヴィオラの為の協奏交響曲

      ヴァイオリン 小笠原伸子  ヴィオラ 百武由紀

第100回定期演奏会2021年12月10日(金) マチネ14時 ソワレ19時

バロックのクリスマス

Fl高野成之 Vn小笠原伸子 有馬希和子

早川昭三 バロック風「日本の四季」より冬 

バッハ      主よ人の望みの喜びよ

コレッリ     クリスマス協奏曲

サンマルティーニ クリスマス協奏曲

バッハ      ブランデンブルク協奏曲第4番

 

会場 港南文化センター ひまわりの郷

開演 14:00 19:00 2回公演

開場 13:30 18:30

全席指定 一般 前売り4000円 当日4500円 学生2000円 
               4回券 会員15000円 賛助会員20000円

主催/横浜バロック室内合奏団 協力/港南文化センター ひまわりの郷

後援/横浜市 (公財)横浜市芸術文化振興財団、横浜商工会議所、神奈川新聞社、

朝日新聞社横浜総局、毎日新聞社横浜支局、tvk(テレビ神奈川),

FMヨコハマ、一般社団法人東京室内管弦楽団 

協賛/家事代行サービスのコピエ(株)株式会社サウンドウエーブ 有馬医院

  株式会社ファミリーサービス 株式会社リッチライフ 

次回10月15日は

テーマは「モーツァルトの魅力」

いつも聞く人を幸せにしてくれる

モーツァルトの弦楽器作品の代表作

「アイネクライネナハトムジク」

を9人の弦楽合奏で演奏いたします


そしてモーツァルトの作品をもう1曲

ヴァイオリンとヴィオラの為の協奏交響曲(弦楽合奏版)

独奏は


ヴァイオリン小笠原伸子

 

ヴィオラ 百武由紀

ヴィオラも得意だったモーツァルトの

珍しい編成でのワクワクする名曲を

弦の響きでお楽しみいただきたいと思います

 

そして今年は季節ごとに分けて

早川正昭さんの

バロック風「日本の四季」を楽しんで頂いておりますが

10月は「秋」

虫の声 等

皆さん、よくご存じの歌がバロック風になって

聞えてきます。


 

ひまわりの郷のホールは

床が良く響く木で広々としていますので

とてもいい響きです

 

12月10日クリスマスもも楽しいプログラムをご用意しております

お客様の声
5月7日の定期演奏会の感想
ヴィヴァルディの春、早川さんの日本の四季から春、とても楽しかったです。
アンコールのG線上のアリアも感動しました
(70代男性)
5月7日定期演奏会の感想
ひまわりの郷のホールで初めて聞きました。
とても響きも良く、チェンバロの音も良く聞えました。
バッハのブランデンブルク協奏曲も素晴らしかったです。
(60代女性)
7月2日の定期演奏会の感想
充実したプログラムでたっぷり楽しめました。
ドヴォルザークも素敵でした。
ショパンのピアノ協奏曲はピアノ独奏が素晴らしく、また、弦合奏室内楽版の伴奏も初めて聞きましたが、オーケストラとはまた違う趣でとても良かったです
(70代男性)
7月2日定期演奏会の感想
早川さんのバロック風「日本の四季」は親しみやすく、とても楽しめました。
他の2曲も素敵でした(60代女性)







場所 港南区民文化センター「ひまわりの郷」
神奈川県港南区上大岡西1-16-1
ホームページ
参加費
横浜バロック室内合奏団定期演奏会 参加費
4,000円
支払方法
ペイパル|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

Paypalのみ

定員
 150  名
お問い合わせ先村中伸子
お問い合わせ先電話番号045-263-4127
お問い合わせ先メールアドレスyokohama.barock@gmail.com
ご希望の日時を選択してください
10月
12月
 
 
 
 
Profile
Professional

横浜バロック室内合奏団

ヴァイオリニスト、横浜バロック室内合奏団代表

小笠原伸子

Mission
大好きな音楽を通じて皆様と幸せを分かち合う事
Senmon
コンサート ヴァイオリン演奏 レッスン

ヴァイオリニスト
横浜バロック室内合奏団代表 コンサートマスター歴30年
横浜バロック関内サロン主宰
東京室内管弦楽団コンサートマスター6年在任
横浜弦楽四重奏団第1ヴァイオリン奏者40年在任
4スタンス理論マスター級トレーナー5年目 音楽を通して多くの人と出会い、共に生きる喜びを分かち合い、元気に喜びをもって生きていくことを目標に、演奏活動しています。
1991年横浜バロック室内合奏団を立ち上げ、日々の生活の中で音楽に親しんで頂く身近な演奏会をたくさん開いています。
地域の文化活動に貢献し、合奏団2003年創立14年目にして「ヨコハマ遊大賞」2009年に「横浜文化賞文化・芸術奨励賞」を受賞しました。
活動の拠点「横浜バロック関内サロン」では毎週水曜日にサロンコンサートを開催し、2021年1月には通算681回を迎えました。
横浜の文化の発信者として、皆様と共に音楽を楽しんでいきたいと思っております。

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock