Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
Okada01
田中勝悟さんは、リザーブストックを使っています。
リザーブストックは田中勝悟様よりご招待いただくことで無料でご利用いただけます。(有料版有り) ご利用希望の方はmail@hapitt.com宛てに利用希望の旨ご連絡ください。
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
不登校グループワーク「クオリティ」
H_taisho
不登校の子どもを持つ、お父さん・お母さん
H_kitai
お子さんについての関わり方や理解の方法が見えてきます。
48493_img_20190630_103731
48493_19-07-01-05-06-00-517_deco-768x576

選択理論心理学を学んで

不登校の解決のヒントを見つけませんか?



不登校グループワーク「クオリティ」にようこそ。 

「クオリティ」では選択理論心理学を通して、不登校の解決のヒントを見つけていきます。

 

選択理論心理学とは、アメリカの精神科医 ウィリアム・グラッサーが提唱した脳生理学をベースとした心理学です。

↑ウィリアム・グラッサー博士です。



選択理論心理学は脳生理学をベースとして作られているため、私たちが困ったときにどのような行動をとればいいのかがわかるようになります。

選択理論心理学では、「私たちはその時最善と思った行動を選択する」と言っています。

不登校や引きこもりは、私たちは最善と思って選択された行動の一つです。

では、なぜそういった行動が選択されるのでしょうか?

ここに不登校の解決を導くためのヒントが隠されています。


私たちは頭の中に抱いている理想の世界(これを「上質世界」と呼びます)を得るために行動を選択します。


得られると脳は快を感じ、得られなければ不快を感じます。


不登校というのは、単に学校に行くのが嫌だから起こるものではありません。


子どもが「得たい」と思っているものと、学校で「得られているもの」が違っているために、子どもの脳が不快感を感じ、その結果、学校に行けなくなった現象です。


選択理論では脳生理学をベースとしているため、相手の理解がとても単純明快です。


そして、選択理論をお母さん、お父さんが実践すれば、確実に子どもの様子が見えてきて、より良い関わり方ができるようになってきます。



不登校グループワーク「クオリティ」では月1回6か月コースで、お父さん・お母さんが選択理論を通して、子どもの理解の仕方・関わり方を学んでいくワークです。


2回目以降からの参加もOKです。


以下は2019年10月~2020年3月までの日程です。

1回目(10月12日)  子どもの行動は選択されたもの
2回目(11月9日)  私たちの行動はどうやって選択されているか
3回目(12月14日)  私たちの行動の仕組みと可能性
4回目(1月未定)  選ばない方が良いこと、選んだ方が良いこと
5回目(2月未定)  自立した大人になるための「責任」について
6回目(3月未定)  選択理論心理学の活かし方


時間は10:00~12:00です。

少人数制のため、最大10人までを限度にしています。

それ以上になると、十分な学習効果は得られません。

また、持ち物は筆記用具と参加費のみでOKです。

参加したからと言って、こちらから書籍や資料の購入を求めることはありません。
(書籍やセミナーの紹介はさせていただくことがありますが、絶対に購入する必要はありませんのでご安心ください)


参加費は一人2000円
(夫婦の場合はお二人で3000円です)

しかも、グループワーク期間中はメールでのフォローアップ体制がついているという特典付きです。

おそらくこのお値段での開催は今回限りだと思います。

どうぞ、お気軽にご参加ください。

カウンセリングルームはぴっと
室長:田中勝悟

場所 大阪市福島区民センター 304号室
大阪市福島区吉野3-17-23
ホームページ
拡大地図
参加費

1人2000円

(夫婦の場合は2人で3000円)

支払方法

現地にてお支払いいただきます。

定員
 10  名
10月
Sentaku_1
〆切まであと20日  
11月
Sentaku_1
〆切まであと48日  
12月
Sentaku_1
〆切まであと83日  
参加の方も、今回はできない方もメッセージしてシェアをお願いします
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
不登校・引きこもり専門カウンセラー

田中勝悟

Mission
不登校・引きこもりで苦しむ家族を一人でも減らしていきたい。
Senmon

不登校、引きこもり支援、カウンセリング

臨床心理士
選択理論心理士 はじめまして。

田中勝悟です。

カウンセリングルームはぴっとを運営しています。

今までカウンセラーとして多くのカウンセリングを行ってきました。

ケース数としては数千回はしていると思います。

カウンセリングでは特に不登校や引きこもりの子どもと関わらせていただくことが多かったです。

その中で徐々に彼らの力になりたいと思うようになりました。

その時に丁度、不登校の娘さんを持つ湊さんから親の会くろーばーの設立の相談を受けました。

そして、そこで顧問心理士として不登校や引きこもりのお子さんを持つお父さん、お母さんと関わらせていただきました。

そうした経験を経て、2019年4月に不登校・引きこもり専門のカウンセリングルーム「はぴっと」を開設しました。

現在は、カウンセリングの傍ら、神戸や大阪を中心として、セミナーや選択理論心理学の研究会を行っています。

特に選択理論心理学は一般の方も学ぶことで、自分をコントロールしたり、周りの人との関係が良くなる効果が期待でき、不登校・引きこもりの改善にも大きな効果が期待できます。

興味がある方はぜひお越しください。

皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2019 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock