Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5conclusion
 
 
18_nmi1zdfjmjjindqxn

「適切なサポート力を身につけ、
わが子の夏休みを応援するための
講座」ZOOM

このような方にオススメ
夏休みの使い方、読書感想文や作文、自由研究などの課題の取り組み方のノウハウを知り、わが子を正しくサポートすることによって、自身も笑顔で過ごしたいママ、パパ等。
期待できる効果
わが子の充実した夏休みのためのサポートの仕方が分かり、休みの後半にイライラせずにすむようになります。さらに、身につけたノウハウは、その後も長く使え、わが子をサポートすることが出来ます。
47495_11291171

自由研究が15000円以上で、読書感想文や作文は、原稿用紙1枚が5000円~!

 

これは、昨年の「夏休みの宿題代行サービス」の相場だそうです。

 

算数・国語のドリルやプリントから絵日記や自由研究・読書感想文や作文まで、お金で片付けてもらうこのサービス。

 

学校よりも塾の勉強を優先させたい親子や、やり残したたくさんの宿題を前にボーゼンと途方に暮れている親子の需要が少なくないとか。

 

代行サービスに頼んじゃったほうが、らく~! 

 

ちょっと待って下さい!

 

長期間学校を離れる子どもたちの学力の維持、

じっくり取り組ませたい課題への挑戦など

宿題には、意図があります。

 

それを誰かにやってもらうことによる

懸念すべきデメリット、それは・・・。

 

子ども本人が「人をだます」経験をしてしまうこと。

 

誰かが代わりに宿題をやったことがばれないように。

子どもの筆跡に近づけ、わざと誤答も少しは入れる。

そんな先生を「だます」工夫が施されている宿題を、ドキドキしながら提出する。

 

「自分がやったものでない宿題」だ、ということは、

子ども自身が確実に意識しています

 

先生が気づかずに受け取ったら・・・。

心臓バクバクの子どもは、その時だけは「やったあ。」「うまくいったあ。」と思うかも知れません。

 

でも、先生をだました子ども自身の心はだませないのです。

ずうっと、深ーく


子どもと深く関わっている担任の先生は、

子どもの書く文字の特徴はもちろんのこと、考え方や間違える傾向までよく知っています。

 

ですから、提出されたものをみれば、それがその子の手によらない ものであることは、見抜いてしまうでしょう。

 


では、夏休みの宿題にはどう向き合ったらいいのでしょう?

 

計画的な取り組みと適切なサポート(ヘルプじゃありませんよ)。

やはりこれにつきるのです。

 


「え~、でもどうしたらいいか、よくわからないんです。サポート
っていっても。」

 

「どんな風に計画すると、夏休みを上手に使えるんでしょうか?」

 

 

昨年まで、リアルで開催していた

「適切なサポート力を身につけ、わが子の夏休みを応援するための講座」

ZOOMで、緊急に開催致します。

 

昨年、講座に参加して下さったママに感想をいただいたので、ご紹介しますね。

 

(Y.Sさん)

風路先生、ご無沙汰しております。

昨年は、お世話になりました。

私自身、夏休みの宿題がつらかった思い出があり、娘には上手に休みを過ごして欲しいと思っていました。

 

そんな時、先生のブログと配布されている資料に出会いました。

そして詳しくお話を聴いてみたくてセミナーに参加しました。

 

なるほど、そんな風に分けて取り組んで行くとスムーズにいくのか。

 

自由研究の支援のコツって、そこなのか。

(おかげさまで、喜んで取り組んだ上に、コンクールで賞状をもらってきました。)

 
読書感想文や作文に取り組ませるとき、

ちょっとしたサポートで、見違えるようにいきいきとした作品になるのにはびっくり。


今年は、娘も6年生になりました。

去年の経験もあるので、私のサポートもあまり必要でないようです。

 

下の子が3年生です。

生活科から理科になったので、去年のお話を思い出しながら、応援してあげたいと思っています。

 

なにが一番よかったかって、私自身がメンタル的にすごく楽になれたということです。
今年も。

サポートの仕方を知ってますからね

 

 

ありがとうございます。Y.Sさん。

お役に立てたようで、うれしいです。


☑ 子育てのことで相談できる人がほしい

 

☑ 夏休みを上手に過ごさせたい

 

☑ 子どもの勉強の支援の仕方を知りたい

 

☑ 理科などの自由研究のサポートの仕方を知りたい

 

☑ 読書感想文や作文を書かせるときのサポートの仕方を知りたい

 

☑ 一人で子どもに向き合ってがんばっているのでつらい 

 

☑ 子どもをせかしたり怒ったりばかりしている

 

☑ 夏休みの最後に大騒ぎしたくない


そんなママ・パパどうぞおいで下さい。
 

 

【内 容】

●「適切なサポート力を身につけ、わが子の夏休みを応援するための講座」(ZOOM)


●開催日時

 どちらかをお選び下さい。

 ・7月31日(水)21:30~

 
 ・8月 1日(木)21:30~

 

※ すでに夏休みがスタートしています。

 すぐに活用していただきたい内容です。

 集中して参加できるよう、両日ともお子さんが休んだあとの夜の開催にいたしました。

 

●募集期間
  
 ・7月25日(木)~7月29日(月)23:00まで


●参加費
 
 15,000円 (PayPal)

   

 

 

 

47495_11319365
場所 ZOOM(オンライン)

参加費
「適切なサポート力を身につけ、 わが子の夏休みを応援するための 講座」ZOOM 参加費
(15000 円)

15,000円

定員
 20  名
現在受付はしていません。
 
 
 
 
Profile
Professional_s
教育アドバイザー

風路京輝  

Mission
子供を持つ親の支援、願いの実現支援、英語学習の支援
Senmon
教育  カウンセリング  引き寄せ  英語  自由研究  読書感想文

38年にわたり、主に小学校の教師として勤務。この間、指導や教育相談に関わった親子の数は、のべ1500組以上。 
小学校の他に、高校・中学英語、中学数学、幼稚園の教員免許を有し、小学校に英語が導入されてからは、児童英語教育の専門家としても実績がある。風路教育研究所主宰。教育アドバイザー。         
色彩心理カウンセラー
米国公認パッションテスト(同 kids&teens)ファシリテーター・ナショナルディレクター/ イングリッシュ・ビジネス・コーチ/  中医学耳つぼストーンセラピスト
ーーーーーーーーーーーーーー
東京生まれ。福島県在住。国立大学法人 福島大学教育学部卒。

○ 著書「わが子が『お友達』関係で悩まない本」(フォレスト出版)
○「AERA with KIDS」17秋号(朝日新聞出版)取材記事「9歳、10歳ベスト対応60」 

2011年から「今の小学校について、また、小学校で行われている勉強についての本当のところを知りたい」という親の疑問や不安に答えるブログ「先生が教える小学校と勉強 小学生子育てプロママ養成講座」をスタート。(その直後、東日本大震災が起こり、震災、原発事故後、カウンセリング等で、被災した子どもたちの支援にあたる)
現在はママ・パパ子育てアカデミーを主宰、「親の駆け込み寺」として悩める親の支援にあたり、絶大な信頼を得ている。

2015年より、米国の著者であり、「ザ シークレット」(引き寄せの法則)のコネクターとして有名な講演家ジャネット・アットウッドに師事し、彼女の開発したパッションテストの、米国公認パッションテスト(同 kids&teens)ファシリテーター&ナショナルディレクターとしても、「願望実現ツール、パッションテスト」のワークショップやグループ、個人セッションなどを開催し、好評を得ている。

また、「少しでも、英語が使えるようになりたい。」という人々の願いを受けて、イングリッシュ・ビジネス・コーチとしても、その指導にあたっている。

  kazemichi3
B_facebook
B_ameba
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock