Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact_no Menu_5voice
 
 
ゆで汁アレンジランチ会
【梅と梅酢とゆで汁と】
H_taisho
梅干し会に行きたかった!梅干しなんて、おむすびしか使えない!梅酢っていまいちわからない!そんなに梅干し好きじゃない!という方、ぜひ遊びにきてくださいね。
H_kitai
梅干しって、案外使える!梅酢ってこんなに美味しいの!梅と梅酢とゆで汁で、毎日のご飯作りが楽しくなりますよ♪
46809_img_2722

ゆで汁ランチ会
~梅と梅酢とゆで汁と~

 

6月に開催しました
「ゆで汁マイスターと梅干し漬けよう会」

日程が合わなかった!
ご飯、食べに行きたかった!
来年まで…待てない!!

 

そんな嬉しいお声をいただきまして
皆さんに、お腹いっぱい食べていただこう!!

そんな企画でございます。

 

梅干し、おむすびにしか使わない…
梅干しって、子どもも夫も食べないのよね…
梅酢って、持ってはいるけどどうしたものか…
そもそも、梅酢ってなんぞや??

そんなお母さん、ぜひ食べに来てください!

 

梅干し、そして梅酢は日本人の叡智。
昔から、保存食として薬として
大変重宝されてきた
日本人のソウルフード。


あれがイイ!だの、コレがいい!だの
賛否両論ある食の世界の中で
唯一って言っていいんじゃないかなぁ
「アルカリ性食品」って、叩かれることないんですよね。

 

日常的に、ついつい食べてしまう
甘いお砂糖。
調理しやすいお肉たち。
これらは、体内を酸性に傾けてしまう…食品。


今を生きるわたし達は、
どうしても酸性に傾きやすい食事の傾向にある中で
無理なく中庸(真ん中のバランス)に保ってくれるのが
アルカリ性食品を摂取すること。

 

その代表格の梅干しを
もっともっと毎日のご飯に浸透させてほしくて…

いや、難しいこと抜きにね
梅と梅酢とゆで汁を使いこなせるようになると
めっちゃ晩ご飯のバリエーションが
広がるようになるんですよ!!

 

酸っぱいだけじゃない!
「梅と梅酢」×ゆで汁アレンジ

まずは、食べに来てください。

お腹いっぱい楽しんで
今日の晩ご飯は、これにしよ♪って
ほくそ笑んでいただけたら、幸いです!

 

 

 

menu

・持ち寄りパーティーにぴったり
ひんやり美味しいお肉のおかず
・10分で出来上がり!鰯の梅ゆで
・おかわりが止まらない酸辣湯!
・夏のお昼ご飯にオススメサラダ!

 

場所 ラブストーリーkitchen 新宿御苑・徒歩5分or新宿三丁目駅・徒歩10分程度の会場です。※詳細はお申込後にご案内いたします

拡大地図
参加費

一般:
4,320円(税込)
ゆで汁アレンジ動画講座ご購入者様:
3,780(税込)
ゆで汁アレンジクラブメンバー
3,240(税込)

※お子様の食事をご希望の場合は、未就学児:500円、就学児:800円にてお受けいたします。

※ゆで汁アレンジ動画講座とは、「ゆで汁アレンジ厳選72レシピ」 「ご飯にまつわる33の本当の話」を指します。

支払方法

事前に銀行振り込みにてお願い致します。
お申込み後に、詳細ご案内をいたします。
そのメールが到着後、5営業日以内にご入金をお願い致します。

※食材準備のため、ご入金後のキャンセルに関してはご返金いたしかねます。

定員
 8  名
お問い合わせ先ゆで汁マイスター 濱田まさこ
参加の方も、今回はできない方もメッセージしてシェアをお願いします
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional
ゆで汁マイスター

濱田まさこ

Mission
毎日のご飯作り… 忙しいから、めんどくさいのも当然です! ご飯を作るのがめんどくさいお母さん、ゆで汁を上手く活用すると、料理のハードルはグッと下がりますよ。 ゆで汁アレンジでお母さんとお子さんの笑顔いっぱいな食卓が広がりますように。
Senmon

ゆで汁マイスター 時短ごはん カンタン 料理が苦手 栄養満点 

国際発酵食医膳協会 認定伝統発酵醸師

冷凍生活アドバイザー
二人の娘と主人の4人暮らし。
娘を二人とも、0歳5ヶ月と0歳3ヶ月から
保育園に預けて仕事復帰をした、
ワーキングマザーでした。

料理遍歴は、長女を妊娠してから。
それまでは、ご飯なんて作ったこともなく、
それこそ実家で、上げ膳据え膳。

結婚しても仕事は忙しく、
帰宅は主人より遅い日々。


そんな生活から一変。

赤ちゃんのために、
素敵なご飯を作ってあげよう!
離乳食だって、完璧に!

そんな雑誌に載っているような、
キラキラした育児
おだやかな時間の流れる、
丁寧な暮らしに憧れまくっていたものの…


出血多量の出産を経て、
待ち構えていた現実の育児は、散々で。。
仕事の疲れと、夜泣きの睡眠不足…
髪を振り乱し、泣きながら台所に立つ毎日。

娘のカラダを思って
必死にご飯を作っているのに、
月に1度は保育園からの呼び出し。
熱を出されては、わたしの大事な有給は…
どんどんと消えていく。

何のために、ご飯を作っているのだろうと、
ご飯作りの放棄時代があったり、
これじゃだめだ!!と偏った食の思考に陥ってみたり…

試行錯誤の時間を過ごしてきました。

そんな日常の中で、
ふと出会ったのが「牛蒡のゆで汁」。

その甘さに驚き、
思わずお味噌汁にしてみたら… 

これが美味しい♪
  

B_facebook
B_homepage
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock