Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1association Menu_2event_lesson Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
図会議ファシリテーターの寄り合い
H_taisho
図会議ファシリテーター同士の横のつながりと、図会議法の活用術を、深めたい方
H_kitai
ファシリテーター同士で気づきを共創できる。また、現場で実践する際のヒントや注意点を得ることができる。
45765_スクリーンショット 2019-03-24 8
45765_スクリーンショット 2019-05-30 21

第1回(6月27日)のテーマ
①自己紹介
②図会議マスター、または、多部田から最新状況の報告
③図会議ファシリテーション体験談の紹介(未実施の方は自己紹介だけでOKです)

*遅刻早退OK、
*マイクカメラOFFでお子様と聞くだけ参加OK


<予定>
*四半期開催にします
6月27日(木)21:30〜23:00(最大90分)
09月19日(木)21:30〜23:00
12月19日(木)21:30〜23:00
03月19日(木)21:30〜23:00


<会費>
年間4回分で5251円
*全部参加しても、1回のみ参加でも同一料金
*図会議マスター養成講座受講生は支払い不要です


<図会議ファシリテーターサミットの目的>
1、図会議ファシリテーター同士の横のつながりを共創
2、成功事例の共有
3、悩みの共有とFeedback

本イベントは、図会議ファシリテーターのガイドライン、
図会議でご縁をつなぐオンラインミーティングの位置付けとなります。

※2020年度以降も、図会議ファシリテーター資格の更新を希望される方は、
年1回はオンラインミーティングにご参加をお願い致します。



【参加資格】
1、図会議ファシリテーター資格保持者
2、図会議マスター養成講座受講者
3、日本図解協会事務局、企画部、マーケティング部、秘書部各位

<参加方法>
下段の日程から日時を選択頂き、お申し込みをお願いいたします。


以上、よろしくお願い申し上げます。

45765_img_2756
45765_スクリーンショット 2019-03-31 21
場所 ZOOMオンラインミーティング

ホームページ
参加費
図会議ファシリテーターサミット 参加費
(5251 円)
支払方法 ペイパル|Mastercard,VISA,American Express,JCB

クレジットカード払い(↑ペイパル経由でカード決済)
銀行振込(お申し込み完了メールで振込先をご報告)

定員
 18  名
お問い合わせ先代表理事:多部田、事務局長:吉田
お問い合わせ先電話番号050−1002−1241
お問い合わせ先メールアドレスzukai@reservestock.jp
9月
Sentaku_1
〆切まであと25日  
12月
Sentaku_1
〆切まであと116日  
3月
Sentaku_1
〆切まであと207日  
参加の方も、今回はできない方もメッセージしてシェアをお願いします
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Expert
代表理事

一般社団法人日本図解協会

Mission
【競争から共創】の時代へコミュニケーションを図解し、図解でご縁をつなぐ。すなわち、図で解りあえる
Senmon

図会議法による多数決禁止の合意形成 インターナルブランディングによる組織開発 思考整理 構造化抽象化具体化 図で解りあえる技法

一般社団法人日本図解協会 代表理事
早稲田大学エクステンションセンター 図解学講師
産業能率大学 夜活 図解学講師
図解改善士 1979年千葉県生まれ。
元日産自動車(株)ルノー日産共同購買本部
リージョナル・サプライヤー・パフォーマンス・マネージャー。

早稲田大学商学部でマーケティングを研究した後、
製造現場の改善に興味を持ち、2002年、古河電気工業(株)に生産管理として入社。
翌年、入社2年目で同社タイ工場の改善を任され、6ヶ月で改善業務を完了させる。

2007年、日産自動車(株)に転職。
ルノー三菱日産の3社・世界13ヶ国から年間1000億円以上の原材料を調達。
ゴーンCEOが開発を命じたV‐upプログラムで、2011年度課題達成優秀賞を受賞。

2010年から図解勉強会を開催。
2014年からは早稲田大学エクステンションセンターで講座を開講。

2018年、日産自動車(株)を退職。

コミュニティを一般社団法人化し、
2019年1月時点、全国22都市に1084名の図解応援団員が所属する。
2019年2月からは産業能率大学でも講座を開講。

【代表メッセージ】
私が本当にやりたいことは、
他人と競争ではなく、仲間と共創の時代を、
図解で創出することです。

あるがままの本音を、図で視覚化する
図で共通言語を創り
図で解り合う、つまり、図解

なぜなら、
言葉が通じない
慣習・文化が違う
価値観が違う

だから、
職場内でも、
コミュニティ内でも、
家庭内でも、

お互い解り合えず、
競り..

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2019 Fukai association of Japan. All Rights Reserved.
Powered by reservestock